山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てる


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

ノヒメユリ

夏の花・山野草の育て方

2019/9/14

ノヒメユリ(野姫百合)の育て方

ノヒメユリ(野姫百合)は、日本では、四国、九州、沖縄、海外では朝鮮、中国、アムールの山地草原にまれに生える多年草です。 種から育てて、4年くらいだと思いますが、今年、初花が咲き、あまりの可憐な花に感動しました。 まだ、自生地の花は見たことがありませんが、四国、九州、沖縄の山地草原に生える多年草ということなので、クルマユリやコオニユリとは違った育て方をしたほうが良いのではないかと思っています。 上のノヒメユリ(野姫百合)は、自宅で2019年8月9日に撮影した種からの初花です。 スポンサーリンク ノヒメユリ( ...

センニンソウ

夏の花・山野草の育て方

2019/9/13

センニンソウ(仙人草)の育て方

センニンソウは、キンポウゲ科 センニンソウ属で、日本全土の道ばたや林縁など、日当たりのよいところに生える蔓性の半低木です。 花は直径2㎝~3cmで、上向きに咲きます。白い花のように見えるのは萼弁で4個あり、十字形に開きます。 茎や葉に皮膚にかぶれを起こす有毒物質を含むが、漢方では根を威霊仙(いれいせん)と呼び、利尿、鎮痛などに用います。 スポンサーリンク センニンソウ(仙人草)の特徴 和名 センニンソウ(仙人草) 学名 Clematis terniflora 科名・属名 キンポウゲ科  センニンソウ属 分 ...

夏の花・山野草の育て方

2018/11/5

カキラン(柿蘭)の育て方

カキラン(柿蘭)は、日本全土と朝鮮半島、中国の山野の日当たりのよい湿地、沢沿いなどの湿り気のある場所に自生する多年草です。 花期は6~8月で、黄褐色の花を茎の先に10個ほど総状につけ、下方から開花していきます。花の唇弁にある紅紫色の模様が目立ちます。 わが家は東洋ランの栽培は水をやりすぎるために枯らすことが多かったのですが、カキランは湿地性のランのため栽培法が合うようで購入したばかりですが、元気に育っています。 上のカキラン(柿蘭)は、自宅で2018年6月9日に撮影した花です。 スポンサーリンク カキラン ...

夏の花・山野草の育て方

2018/11/5

カラフトエンビセンノウ(樺太燕尾仙翁)の育て方

カラフトエンビセンノウ(樺太燕尾仙翁)は、北海道(日高)、本州(長野県、埼玉県)にまれに見ることが出来る、エンビセンノウの近縁種で、樺太原産といわれていますが詳しいことが分かっていないという意見もあります。 花弁の先端がエンビセンノウに比べて丸みを帯びて、少し大きな花です。 古典植物として栽培されているマツモトセンノウと同じ仲間ですが、エンビセンノウやカラフトエンビセンノウは原種のために同じようにそだてても、うまく育たないことがあります。 寒冷地であれば別ですが、関東地方の住宅地で育てるには湿度や夏の高温 ...

夏の花・山野草の育て方

2019/6/9

アスチルベ(Astilbe)の育て方

アスチルベ(Astilbe)は、東アジア(日本、朝鮮半島、中国)、北アメリカなどに自生するチダケサシの仲間などを、主にヨーロッパで育成、栽培しています。 日本の。 日本の山に自生するチダケサシ、ハナチダケサシも仲間で、花がよく似ていますが、草丈20~80㎝と鉢植えや庭植にできるようないろいろな品種があります。 花色も豊富なので、好みのものを求めると楽しいと思います。 上のアスチルベ(Astilbe)は、自宅で2018年6月12日に撮影した栽培品です。 スポンサーリンク アスチルベ(Astilbe)の特徴と ...

夏の花・山野草の育て方

2018/11/5

タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)の育て方

タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)は、朝鮮半島原産です。タンナとは済州島の古名であり、タンナと名の付く山野草は小型のものが多く山野草愛好家に好まれています。 屋久島の名前が付く山野草とよく似ているものもあり、同じように好まれます。 日本の山に自生するヤマブキショウマの仲間のバラ科で、チダケサシ、ハナチダケサシのユキノシタ科とは違うようです。 上のタンナチダケサシ(乳茸刺)は、自宅で2018年6月12日に撮影した栽培品です。 スポンサーリンク タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)の特徴と育て方 和名 タンナチダケサシ ...

ダルマヒオウギ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/14

ダルマヒオウギ(達磨檜扇)の育て方

ダルマヒオウギ(達磨檜扇)は、ヒオウギの変種で、葉の幅が広く全体的に寸の詰まった草姿をしています。 ヒオウギはアヤメ科 ヒオウギ属で、日本、朝鮮半島、中国、台湾、インド北部に分布しているようですが、主に栽培されているのはヒオウギの変種であるダルマヒオウギのようです。 耐寒性や耐暑性も強く、日当たりと水はけのよいところであれば、あまり場所を選ばず、丈夫で栽培しやすい花です。 私が幼かったころにも家にヒオウギの花が咲いていたのを覚えているので、日本では好まれて栽培されていた花のようです。 上のダルマヒオウギ( ...

シロバナカモメヅル

夏の花・山野草の育て方

2019/3/19

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の育て方

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)はコバノカモメヅルの変種で葉には長さ1~2cmの柄があり、長さ6~12㎝の三角状狭卵形または三角状披針形です。 葉腋から伸びた花柄の先に、直径1~2㎝とやや大きく、淡黄白色で裂片は線形披針形の花を散状に付けます。 上のシロバナカモメヅル(白花鷗蔓)は、自宅で2017年8月31日に種から育てた初花を撮影したものです。 スポンサーリンク シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の特徴と育て方 和名 シロバナカモメヅル(白花鷗蔓) 学名 Cynanchum sublanceolatum va ...

オオミノツルコケモモ

夏の花・山野草の育て方

2019/6/28

クランベリー(オオミノツルコケモモ)の育て方

クランベリー(オオミノツルコケモモ)北アメリカ北部、東部が原産で、北アメリカではアメリカ州の先住民族が食用としたのが最初とされます。 クランベリーには、ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモがあり、日本に自生するツルコケモモは、北海道、本州の中部地方以北に分布し、寒地の高層湿原でミズゴケ類の中に自生しています。 日本に出回っているのは、オオミノツルコケモモが多く、果樹としても利用されています。 上のクランベリー(オオミノツルコケモモ)は、自宅で2017年10月18日に撮影したものです。 スポ ...

タカネマンテマ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/13

タカネマンテマの育て方

タカネマンテマは、本州(南アルプス)。周北極地方の、高山帯の砂礫地や岩場に生える多年草で、高さ5~25㎝になります。 マンテマの萼筒の特徴が目立った花で、初花だったため萼筒からわずかに出るという小さな花弁を見落としてしまいました。上の写真は開花前のような感じです。 種から育てた苗をいただいたのですが、こんなに小さな花弁とは知らず、奇妙な花だと思って写したのが上の花です。 上のタカネマンテマは、自宅で2017年6月13日に撮影した花です。 スポンサーリンク タカネマンテマの特徴と育て方 和名 タカネマンテマ ...

トキワシノブ(石化)

夏の花・山野草の育て方

2018/11/13

トキワシノブ(石化)の育て方

トキワシノブ(石化)は、シノブ科 シノブ属で、台湾シノブが原種と言われています。 外国のシノブとは思えないくらい身近な常緑の丈夫なシノブで、鉢植え、石付け、木付け、吊りもの、寄せ植えなどに使われ、山野草愛好家に広く普及しているようです。 また変化が多いようで、小型の物から根が石化したものなどがあるようです。 上のトキワシノブ(石化)は、2017年5月16日に自宅で撮影した栽培品です。 スポンサーリンク トキワシノブ(石化)の特徴と育て方 和名 トキワシノブ(石化)   学名 Davalla tyrmann ...

リリウム・ランコンゲンセ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/14

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)の育て方

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)は、中国の雲南省北西部、チベット南東部の標高1800~3200mの高山帯の草地に生え、高さは50~150cmになります。 高山性のユリなので、涼しく育てる必要がありそうですが、この花は種を播いて始めて見た花のため、どのくらい我が家で咲き続けてくれるか未知数です。 上のリリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)は、自宅で2017年7月10日に撮影した播種の苗からの花です。 スポンサーリンク リリウム・ランコンゲンセ(Lil ...

夏の花・山野草の育て方

2018/11/14

モロコシソウ(唐土草)の育て方

モロコシソウ(唐土草)は、本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄の山地の暖地の海近くの林内に生える多年草で、高さ30~80㎝になり、上部の葉腋から長い柄をを出してさく黄色の花が可憐です。 種から育てた小苗をいただき育てましたが、思ったより丈夫でその年に初花が見られました。 暖地の林内に咲く花なので、半日陰で育てています。太平洋岸では房総半島が分布の北限に当たるようなので寒い地方はそれなりの管理が必要かもしれません。 上のモロコシソウ(唐土草)は、自宅で2017年7月11日に撮影した頂いた苗からの初花で ...

イワオモダカ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/13

イワオモダカ、イワダレヒトツバ、ビロードシダの育て方|仲間のノキシノブの特徴

イワオモダカは、ウラボシ科・ヒトツバ属で、北海道~九州の山地の深山幽谷の岩や樹上に着生する常緑のシダです。 仲間のイワダレヒトツバは関東~九州の山地の岩上にまれに着生する小型のシダです。冬に軒下などで管理すれば、丈夫なシダで根がつまるのでこまめに植え替えます。 ビロードシダは栽培が難しいようですが、我が家は草物盆栽に石を入れてその上に植えていますがあまり殖えません。 上のイワオモダカは、2017年6月13日に自宅で撮影した栽培品です。 スポンサーリンク イワオモダカ(三笠山)の特徴と育て方 和名 イワオモ ...

キンミズヒキ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/24

斑入りキンミズヒキ(金水引)の育て方|ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

キンミズヒキ(金水引)は、バラ科・キンミズヒキ属で、全国の道ばたや草地に生える多年草で高さ30~80cm、全体に毛が多いのが特徴です。 細長い黄色の花序をタデ科のミズヒキにたとえたものです。斑入りキンミズヒキを栽培していますが、育てやすく、ほとんど零れ種から生えてくるのを育てている感じです 斑がきれいなので、草物盆栽に寄せて使っていますが、植え替えなしで元気に育ちます。 仲間のヒメキンミズヒキ(姫金水引)は、山地の谷沿いなどに生える高さ40~80cmの多年草で、キンミズヒキより全体に細めで、花も小さくまば ...

ユウゼンギク

夏の花・山野草の育て方

2019/1/4

ユウゼンギク(友禅菊)の育て方

ユウゼンギク(友禅菊)は、明治年間に渡来した多年草で、北米原産のものが品種改良されたキク科 アスター属の宿根草です。 草丈の低い鉢植えを購入して、最初は鉢で楽しみ、庭植にして楽しんでいましたが、狭い庭では植える場所を確保できなくなり栽培を止めました。 日当たりの良い場所に植えれば、毎年長く花を見られるので、植え場所が確保できる人にはお勧めの花です。 うどんこ病とアブラムシが心配なので、他の植物と一緒に消毒すると良いようです。 上のユウゼンギク(友禅菊)は、自宅で2005年9月20日に撮影した花です。 スポ ...

ユウスゲ

夏の花・山野草の育て方

2019/1/2

ユウスゲ(夕菅)の育て方|ヤブカンゾウ(藪萱草)

ユウスゲ(夕菅)は、本州、四国、九州の山地の草地に生える多年草で、夕方に花を開き朝には閉じてしまうので、花が咲いているのを見ることの少ない花です。 家で育てると夕方に咲く黄色の花色が幽玄でとっても素敵です。 わが家は庭植にする場所もなく、鉢に植えて植え替える手間も大変なので草物盆栽で育てています。 上三依水生植物園で、撮影したユウスゲ(夕菅)の写真を下に載せています。 仲間のヤブカンゾウ(藪萱草)の特徴と写真を載せています。 ユウスゲ(夕菅)、ヤブカンゾウ(藪萱草)、ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)は以前はユ ...

ユキノシタ

夏の花・山野草の育て方

2019/1/1

ユキノシタ(雪の下)の育て方

ユキノシタ(雪の下)は、山の湿った木陰や岩石に自生し、根もとから赤い匐枝を出しその先に新しい株を作るので群生することが多い植物です。 花も可憐ですが、葉の変化が多く、いろいろなものが出回っているので、葉を鑑賞することも多いようです。 草物盆栽の下草として、我が家は1年中葉を鑑賞しています。 上のユキノシタ(雪の下)は、自宅で2004年5月19日に撮影した花です。 スポンサーリンク ユキノシタ(雪の下)の特徴と育て方 ユキノシタ 斑入り(七変化) 2017年4月1日 栽培品 ユキノシタ(雪の下) 2006年 ...


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

スポンサーリンク


Copyright© 山野草を育てる , 2019 All Rights Reserved.