山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

アクシバ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/5

アクシバ(灰汁柴)の育て方

アクシバ(灰汁柴)はスノキの仲間です。北海道、本州、四国、九州の山地の林内、山すその木陰で、主に日本海側に多く自生するようです。 わが家はスノキ同様、根洗い盆栽で育てていますが、春の可憐な花、秋の赤い実がとても素敵ですがが、形を作るのが難しい木です。 アクシバもスノキ同様自生地を見たことがないので、どのような形で生育しているかは、ネットで写真を見ただけです。 どちらの根洗い盆栽もまだ生育途中なのでどんな形になるか楽しみにしています。 上のアクシバ(灰汁柴)は、自宅で2018年6月12日に撮影した花です。 ...

ユスラウメ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2019/3/30

ユスラウメ(梅桃)の育て方

ユスラウメ(梅桃)は、バラ科・サクラ属で、中国、朝鮮半島、モンゴルに自生し桜の花が咲くころ、梅に似た5弁の白から桃色の花を咲かせる花木です。 樹高も2~3mくらいで育てやすく、園芸品種のようなものはないようで素朴な花と実を楽しむことが出来、庭などに植えられることも多いようです。 日当たりを好み寒さにも強いのですが、多湿には弱いので乾燥気味に育てます。 上のユスラウメ(梅桃)は、自宅で2018年6月12日に撮影した栽培品です。 スポンサーリンク ユスラウメ(梅桃)の特徴と育て方 和名 ユスラウメ(梅桃) 別 ...

カロライナジャスミン

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/7

カロライナジャスミンの育て方

アメリカの南東部カロライナ付近から中米グアテマラにかけての原産で、ラッパ形の黄色い花を多数つけ、美しい(わずかに香りもある)ので、よく栽培されます。 ジャスミンとはまったく異なる有毒植物なので口に入れないように注意します。あんどん仕立てにして鉢花として市販されていますが、フェンスなどに絡ませても楽しめます。 日当たりの良い場所を好みますが、とても育てやすいつる性植物です。 上のカロライナジャスミンは、自宅で2018年4月23日に写した、さし芽苗からの花です。 スポンサーリンク カロライナジャスミンの特徴と ...

セイヨウイワナンテン

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/7

セイヨウイワナンテン(西洋岩南天)の育て方

セイヨウイワナンテン(西洋岩南天)は、アメリカイワナンテンとも言われるように北アメリカ原産の同属の低木です。 日本に自生しているイワナンテン(岩南天)は、関東から紀州にかけての太平洋側の山地に分布し、ほとんど太陽光線の届かない空中湿度の高い岩壁などに見られる、ツツジ科 イワナンテン属の常緑小低木ですが西洋イワナンテンは庭に植えられていて、かなり育て方が違います。 上西洋イワナンテンは、2018年4月24日に写した、斑入りドクダミと一緒に植えた草物盆栽です。 スポンサーリンク セイヨウイワナンテン(西洋岩南 ...

ナニワイバラ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/13

ナニワイバラ(浪花茨)の育て方

ナニワイバラ(浪花茨)は中国南部、台湾に分布し、1700年頃日本に渡来し、四国、九州では野生化しているとても丈夫な蔓性で常緑のバラです。 花は直径5~8cmの白色の5弁花を枝先に1個ずつ開き、花には芳香があります。 日当たりに水はけよく植えれば枝をのばしてたくさんの花を咲かせてくれる丈夫な常緑のバラでアーチ作りにしているところを見ましたがとても見事です。 上のナニワイバラ(浪花茨)は自宅で2017年5月8日撮影した花です。 ナニワイバラ(浪花茨)の特徴と育て方 和名 ナニワイバラ(浪花茨) 別名 ロサ・ラ ...

オオバスノキ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/12

スノキ(酢の木)の育て方

スノキ(酢の木)はオオバスノキ(大葉酢の木)の変種です。本州(関東地方~中部地方南部)に分布し、山地の林縁や林内に生え、特に箱根地方に多い落葉低木で、よく分枝し、高さ1~2mになります。 わが家は根洗い盆栽で育てていますが、春の可憐な花、秋の紅葉がとてもきれいなので大切に育てていますが、形を作るのが難しい木です。 考えようによっては高さ1m内外で、あまり伸びないので、手入れが楽かもしれません。 上のスノキ(酢の木)は、自宅で2017年5月7日に撮影した花です。 スポンサーリンク スノキ(酢の木)の特徴 ス ...

ミヤマキリシマ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2019/5/8

ミヤマキリシマ(深山霧島)「霧の宵」「九重」の育て方

ミヤマキリシマ(深山霧島)は、ツツジの一種で九州各地の高山に自生します。 1m程度の低木で、花期は5月下旬から6月中旬で、枝先に2~3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られます。 小さな庭でも栽培でき、春の庭を華やかに彩ってくれます。ただ、夏に蕾を食べる、ベニモンアオリンガの幼虫が蕾を食べてしまうので、薬剤散布をしないと翌年花が少なくなってしまいます。 高山植物ですが耐暑性も強く平地でも良く育ち、品種も豊富で、小盆栽、盆栽、和風庭園やロックガーデンにと好んで植えられています。 上のミヤマキリ ...

ブルーベリー

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/27

ブルーベリー(根洗い盆栽)の育て方

ブルーベリーは、日本各地の日当たりの良い山地に生える落葉低木で、花、実、紅葉を鑑賞するほか、果実は生食やジャムなどに加工して楽しむことが出来るので人気があります。 わが家は根洗い盆栽にして、春の花、夏の実を鑑賞して楽しんでいます。 形を整えるため、春の新葉のころに花芽を摘まないように柔らかな芽を摘んで樹形を作っています。 上のブルーベリーは、自宅で2012年5月7日に撮影した花です。 スポンサーリンク ブルーベリーの特徴と育て方 ブルーベリー 2018年4月21日 撮影 栽培品 ブルーベリー 2013年1 ...

ブナ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/12

ブナ盆栽の育て方

ブナは、ブナ科 ブナ属で寒い地方では低地に、暖かい地方では高地に生える落葉高木です。ブナ盆栽は幹と葉のバランスが美しいのが特徴です。 ブナ盆栽は、新葉が展開する5月の緑がさわやかで、秋から冬は枝に残った枯葉の姿も楽しむ事が出来ます。 夏の暑さは日陰で涼しく育てますが、夜露に当てるようにします。 上のブナは2017年5月1日に自宅で撮影したものです。 スポンサーリンク ブナ盆栽の育て方 ブナ 2015年4月22日 撮影 栽培品 和名 ブナ   学名 Fagus crenata   科名・属名 ブナ科 ブナ属 ...

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/14

フィカス・プミラ(Ficus pumila)の育て方

フィカス・プミラは、クワ科・フィカス属で、房総半島以南から東南アジアにかけての幅広い地域に分布する常緑性の低木で這うように広がります。 観葉植物として、一般に栽培されているものは斑入りの幼木ですが、野生の品種は緑色の葉で年数を経た古株は葉が大きくなり幼木とは別の植物かと思わせる姿になるようです。 性質は強健でさし木で簡単にふやすことができるのでミニ観葉植物として人気があります。可憐な斑入りの葉からは想像が出来ないくらい育てやすそうです 上のフィカス・プミラ(Ficus pumila)は、2017年10月3 ...

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2019/4/13

キンシナンテン(錦糸南天 清姫)の育て方

ナンテンは本州の関東より西、四国、九州など比較的あたたかい地域の山林に自生する常緑もしくは半常緑性の低木です。 栽培の歴史の古い樹木で江戸時代から明治にかけて100種以上の園芸品種がつくられた言われていて、上の小盆栽も園芸品種のキンシナンテン(清姫)です。 とても小さな苗を購入しましたが、かなり葉が茂って育つ丈夫な植物です。 上の錦糸南天(清姫)は2019年4月12日に撮影したものです。冬はもっと赤く紅葉しているのですが、春の色のようになってきました。下の画像が春から秋にかけての葉の色です。 スポンサーリ ...

ヤブコウジ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/14

ヤブコウジ(藪柑子)の育て方

ヤブコウジ(藪柑子)は、サクラソウ科・ヤブコウジ属で、日本各地の山地の林下に生え、また鑑賞用に植栽する常緑小低木です。 果実は径5~6㎜、秋に赤く熟して翌年春まで下垂し美しいことから、お正月の鉢物などに用いることがあります。わが家は草物盆栽にしていてお正月飾りに使います。 上のヤブコウジ(藪柑子)は、2018年10月30日に栽培品を撮影したものです。 スポンサーリンク ヤブコウジ(藪柑子)の特徴 ヤブコウジ(藪柑子) 2017年10月31日 撮影 和名 ヤブコウジ(藪柑子)   学名 Ardisia ja ...

ノブドウ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/14

ノブドウ(野葡萄)の育て方|ヤマブドウ(山葡萄)、ヤブガラシ(藪枯らし)

ノブドウ(野葡萄)はブドウ科・ノブドウ属で、全国の山地に生えるつる性の落葉低木です。葉は互生。葉身は長さ8~11cm、幅5〜9cmのほぼ円形で、3~5裂しますが、葉の形は個体差がかなりあるようです。 私は盆栽用の苗をいただいたので、草物盆栽にしていますが、まばらにしか実をつけることがありません。 ヤマブドウ(山葡萄)は、ブドウ科・ブドウ属で、北海道、本州、四国、南千島、サハリンの山地に生えるつる性の落葉低木で、雌雄異株です。 ヤマブドウは日本固有のブドウで、最近はワインやジュースの原料として注目されていま ...

クサボケ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/2/24

クサボケ(草木瓜)の育て方

クサボケ(草木瓜)は、バラ科・ボケ属で、本州(関東以西)、四国、九州の山野に生える日当たりのよい山野に生える落葉低木です。 中国原産で、平安時代以前には渡来しボケとクサボケを交配して様々な品種ができています。 長寿梅はクサボケの矮性品種のようで、野生種のクサボケの交配種が作出されて好まれて栽培されているようです。 上のクサボケ(草木瓜)は、自宅で2017年7月13日に撮影した実生から育てたものです。 スポンサーリンク クサボケ(草木瓜)の特徴と育て方 和名 クサボケ(草木瓜) 別名 シドミ   学名 Ch ...

ツリバナ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/7

ツリバナ(吊花)の育て方

ツリバナ(吊花)は、ニシキギ科・ニシキギ属で日本各地の山地に生える落葉低木ないし小高木で全体に無毛、枝は緑紫色です。 葉腋から長さ4~7cmの細い柄がある集散花序を出し、径7~8㎜の花をつけますが、花や実が垂れ下がることによりツリバナという名が付いたようです。 上のツリバナ(吊花)は2018年4月7日に自宅で撮影したものです。 スポンサーリンク ツリバナ(吊花)の特徴と育て方 ツリバナ(吊花) 2018年4月7日 撮影 栽培品 和名 ツリバナ(吊花)   学名 Euonymus oxyphyllus   ...

ツルウメモドキ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/14

ツルウメモドキ(蔓梅擬)の育て方

ツルウメモドキ(蔓梅擬)は、ニシキギ科・ツルウメモドキ属で日本各地の山地に生えるつる性の落葉低木で全体に無毛です。 実は生け花や、ドライフラワーとして使う場合は大きく育てますし、盆栽として小さく育てることもできるので、適応範囲の広い植物です。 上のツルウメモドキ(蔓梅擬)は2017年10月23日に自宅でで撮影したものです。 スポンサーリンク ツルウメモドキ(蔓梅擬)の特徴 ツルウメモドキ(蔓梅擬) 2017年6月30日 撮影 栽培品 ツルウメモドキ(蔓梅擬) 2017年12月13日 撮影 栽培品 和名 ツ ...

コマユミ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/2/25

斑入りコマユミ(小真弓)の育て方

コマユミ(小真弓)は、ニシキギ科・ニシキギ属で日本各地の山野に生える落葉低木で、ニシキギに良く似ているが、枝にコルク質の翼を持たないことで区別できます。 上の斑入りコマユミという名前の物を購入しましたが、まだ実をつけていません。 下に裏磐梯五色沼付近と那須沼原近辺で写したコマユミの写真を載せています。 上のコマユミ(小真弓)は2015年10月23日に自宅でで撮影したものです。 スポンサーリンク コマユミ(小真弓)の特徴 和名 コマユミ(小真弓)   学名 Euonymus alatus var. alat ...

トチノキ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/13

トチノキ(栃ノ木)の育て方|セイヨウトチノキ

トチノキ(栃ノ木)は、ムクロジ科・トチノキ属で北海道西南部から九州の山地の谷間に自生する落葉性の高木で、水気を好み、谷間では、より低い標高から出現することもあり、サワグルミなどとともに姿を見せることが多く、高さ25m、太さも1mを越えるものが少なくない大木です。 ツバキを大きくしたような丸い果実はサポニンという毒を含んでいますが、人間はアクを抜いて栃餅などにして食べます。 耐寒性のあるトケイソウは育てたことがありますが、丈夫でよく蔓をのばし、きれいな花を毎年見ることが出来ました。 ベニバナトチノキ(紅花栃 ...


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

スポンサーリンク


Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.