山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てる


スポンサーリンク

リンドウ科

ハナイカリ

自然の中の花科名ーラ行

2018/10/14

ハナイカリ(花錨)

ハナイカリ(花錨)は、リンドウ科・ハナイカリ属で日本全土の山地の日当たりの良い草地に生える2年草です。 葉腋からのびた花柄の先に、やや緑色を帯びた淡黄色の船の錨のような形の花をつけます。 花の形が変わっていて、魅力的なことから、すぐに覚えることのできる花です。 上のハナイカリ(花錨)は、2007年9月1日に光徳沼で、撮影したものです。 スポンサーリンク ハナイカリ(花錨)の特徴 ハナイカリ(花錨) 2006年8月25日 撮影 麦草峠 ハナイカリ(花錨) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園 和名 ...

トウヤクリンドウ

自然の中の花科名ーラ行

2018/10/12

トウヤクリンドウ(当薬竜胆)

トウヤクリンドウ(当薬竜胆)は、リンドウ科・リンドウ属で北海道(羊蹄山、大雪山系)、本州(月山、尾瀬、関東地方北部、中部地方)の高山帯の砂礫地や乾いた草地に生える多年草です。 トウヤクリンドウと初めて出会ったのは数十年前で、白馬山荘に泊まった時に頂上までの瓦れ場にぽつぽつと咲いていたのが、トウヤクリンドウだけだったような気がします。 この花のようなこの縞模様は覚えていなかったので黒の縞模様だったのかもしれません。古い記憶の中で覚えていたトウヤクリドウに出会った時はとても嬉しい思いでした。 上のトウヤクリン ...

ミヤマリンドウ

自然の中の花科名ーラ行

2018/10/14

ミヤマリンドウ(深山竜胆)

ミヤマリンドウ(深山竜胆)は、リンドウ科・リンドウ属で北海道(暑寒別岳、夕張山地、大雪山系、日高山地)、本州(東北地方~中部地方)の高山帯の湿った草地に生える日本固有の多年草です。 タテヤマリンドウとよく似ていますが、タテヤマリンドウは肉眼でも分かるような明瞭な点や線状の斑が入りますが、ミヤマリンドウの斑はほとんど目立ちません。 またタテヤマリンドウの葉は茎を抱くようにつけて開きませんが、ミヤマリンドウの葉は平開します。月山にはかなり多くのミヤマリンドウが咲いています。 上のミヤマリンドウ(深山竜胆)は、 ...

タテヤマリンドウ

自然の中の花科名ーラ行

2018/10/10

タテヤマリンドウ(立山竜胆)とシロバナタテヤマリンドウ(白花立山竜胆)

タテヤマリンドウ(立山竜胆)は、リンドウ科・リンドウ属で北海道(石狩地方)、本州(中部地方以北の日本海側、三重県)の亜高山帯~高山帯の湿地に生える1~越年草で日本固有種です。 ハルリンドウの高山型変種ということなので、区別に苦労しそうです。 タテヤマリンドウの白花品をシロバナタテヤマリンドウ(白花立山竜胆)といいます。 上のタテヤマリンドウ(立山竜胆)は、2005年8月4日に八方尾根で、撮影したものです。 スポンサーリンク タテヤマリンドウ(立山竜胆)の特徴 タテヤマリンドウ(立山竜胆) 2004年8月5 ...

ハッポウタカネセンブリ

自然の中の花科名ーラ行

2018/10/14

ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)

ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)は、リンドウ科・センブリ属でタカネセンブリの変種で、八方尾根の特産種です。 初めて八方尾根に行った時に、リフトの下に見えていた可憐な花を気になっていましたが、これがハッポウタカネセンブリでした。 高山植物の宝庫の八方尾根で、最初に見たのがハッポウタカネセンブリでした。 星をちりばめるように咲いていたハッポウタカネセンブリは大好きな花になりました。 上のハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)は、2005年8月4日に八方尾根で、撮影したものです。 スポンサーリンク ハッポ ...

ツルリンドウ

夏の花・山野草の育て方

2019/1/9

ツルリンドウ(蔓竜胆)の育て方

ツルリンドウ(蔓竜胆)は、北海道、本州、四国、九州の山野に自生する蔓性の多年草で、花も、実も鑑賞価値があります。 日あたりを好みますが、自生地は夜間温度が下がりますし、住宅地のような暑さではないので、工夫して栽培する必要があるようです。 上のツルリンドウ(蔓竜胆)は、自宅で2005年7月17日に撮影した2003年11月9日播種の苗からの花です。 スポンサーリンク ツルリンドウ(蔓竜胆)の特徴と育て方 ツルリンドウ(蔓竜胆) 2006年6月28日 撮影 栽培品 和名 ツルリンドウ(蔓竜胆)   学名 Tri ...

小町リンドウ

夏の花・山野草の育て方

2019/1/9

ケンタウリウム(小町リンドウ)の育て方

ケンタウリウム(小町リンドウ)は、南ヨーロッパ原産のリンドウ科 シマセンブリ属のピンクの可憐な花が長く咲いてくれるのが嬉しい植物です。 丈夫な花ですが、高温多湿と冬の寒さに少しよわいので、それらを知った上で育てることが出来れば長く栽培出来ます。 あまり手をかけていないので、こんもりと咲くまではいきませんが、種を播いて10年以上生き残って花を咲かせています。 上のケンタウリウム(小町リンドウ)は、自宅で2006年8月31日に撮影した2005年10月播種の初花です。 スポンサーリンク ケンタウリウム(小町リン ...

リンドウ

秋の花・山野草の育て方

2018/12/28

リンドウ(竜胆)の育て方|仲間のオヤマリンドウ、エゾリンドウ、園芸品種のリンドウの詳細

リンドウ(竜胆)は、本州、四国、九州の山野に生える高さ30~100cmの多年草です。 ササリンドウと別名があり、立ち上がらずに長い茎をのばして葉腋にたくさんの花をつけます。 下に野山で写したリンドウの写真と、仲間のオヤマリンドウ、エゾリンドウの写真と特徴、園芸品種の写真を載せています。 上のリンドウ(竜胆)は、自宅で2013年10月24日に撮影した花です。 スポンサーリンク リンドウ(竜胆)の特徴と育て方 リンドウ(竜胆) 2011年11月15日 撮影 栽培品 和名 リンドウ(竜胆) 別名 ササリンドウ ...

ムラサキセンブリ(紫千振)

秋の花・山野草の育て方

2019/1/21

ムラサキセンブリ(紫千振)の育て方

ムラサキセンブリ(紫千振)は、本州(関東地方以西)、四国、九州の海岸からススキ草原などに生えます。特に蛇紋岩地域によく生育するということです。 わが家のムラサキセンブリは、和歌山県の春ちゃんに種をいただいて殖やしたものですが、1年草で、越年草や2年草になることはありません。 しかし、他の自生地の種は、越年草や2年草ということで驚いています。これは育てているから分かったことですが、我が家はどんなに小さな苗でもその年に花が咲くか、咲かなくても次の年まで生きていることはありません。 上のムラサキセンブリ(紫千振 ...

イヌセンブリ

秋の花・山野草の育て方

2019/1/9

イヌセンブリ(犬千振)の育て方とセンブリ(千振)

イヌセンブリ(犬千振)は、本州、四国、九州の湿地に生え、茎は高さ5~30㎝になる、越年生の一年草です。 苗をいただいて、花を咲けせることが出来ましたが、種の採取が出来ずに1度花が咲いただけの栽培になってしまいました。 イヌセンブリは、ムラサキセンブリともセンブリとも自生地が異なるようで、コツをつかむことが出来ませんでした。 ムラサキセンブリ10年以上庭に群生をつくっているのですが・・・。 下にセンブリを載せていますが、数度種を播いて育てることに挑戦しましたが、育てることが出来まえんでした。 上のイヌセンブ ...

アケボノソウ(曙草)

秋の花・山野草の育て方

2019/10/22

アケボノソウ(曙草)の育て方|日光植物園と鹿沢温泉のアケボノソウ

アケボノソウ(曙草)は、高さ60~90cmの山地の水辺に生える2年草です。 種からアケボノソウを育てましたが、思うように育ちませんでした。日光植物園と鹿沢温泉で偶然に出会ったアケボノソウの綺麗な花に感動していたので、懸命に育てましたが自生地のような花は咲かせることが出来ませんでした。 やっと咲いてくれたという感じの花に、アケボノソウは自生地や湿原の涼しいところで見る花だと思うようになっています。 上のアケボノソウ(曙草)は、自宅で2005年9月27日に撮影した2003年1月に播種した苗からの花です。 スポ ...

ハルリンドウ

早春の花・山野草の育て方

2018/12/28

ハルリンドウ(春竜胆)の育て方とフデリンドウ(筆竜胆)の比較

ハルリンドウ(春竜胆)は、本州、四国、九州に自生する2年草で、日当たりの良い草地に生えます。いつも感動して見ていた花の苗をいただけることになりました。 花は咲きましたが、種が出来なかったので育て続けることは出来ませんでした。育て方にはコツと環境が大切ですが私にはどちらもなかったようです。 ハルリンドウ(春竜胆)は那須の沼ッ原湿原で一面に地の星のように咲いているのを見たことがあり、とても感激したことがあって育てたいと思ったのですが、やはり一面に咲くハルリンドウを見ることにした方が良い花だとわかりました。 ハ ...

春の花・山野草の育て方

2018/11/19

ゲンチアナ・アルペンブルー(Gentiana ‘Alpine Blue’)の育て方

ヨーロッパアルプス、ピレネーなどに広く分布するゲンチアナ・アコーリスを元に作られた園芸品種のGentiana ‘Alpine Blue’(ゲンチアナ・アルペンブルー)は園芸化されて、育てやすくなったためか、ロックガーデンで素敵なブルーの花を見せてくれます。 花屋さんから売れ残って、少々弱っている鉢植えをいただいてきたので、育ってくれるか危ぶんでいたのですが、根が詰まっていた株を植え替えて育てたらたくさん殖えました。 殖えた苗をロックガーデンの日当たりの良い場所に植えたところ高山植物とは思えない、きれいな花 ...

Copyright© 山野草を育てる , 2019 All Rights Reserved.