山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花、春の山野草のブログ記事

春の山野草の育て方は「春の山野草の育て方」に書いてありますが、こちらは花との出会いや花にまつわることなどを書いているブログ記事です。

カテゴリ一覧

150316_0287-27-3

春の花・山野草記事

雪割草の交配したものをきちんと管理すれば咲く花が予想することができる

2015/03/17  

庭に色とりどりの雪割草の花が咲き誇ていますが、これらは種から育てたものです。
雪割草は交配によってかなり好みの花を咲かせることができるので、毎年かなりいい加減な交配をして初花が咲くのを楽しみにしています。

春の花・山野草記事

わが家の雪割草

2015/02/04  

我が家で咲く雪割草です。 株が弱ったり肥料不足だったりと同じ花でも、可なり違った咲き方をしますが、きれいに咲いてくれたときはとてもうれしいし、良くないときは来年こそという思いで育てています。 わが家の ...

キバナホタルブクロ

春の花・山野草記事

種から育てたキバナホタルブクロとカンパニュラ・コルヘンシス

2014/05/31  

カンパニュラの仲間のキバナホタルブクロとカンパニュラ コルヘンシスが今年も咲いてくれました。
ホタルブクロは増えて困るくらいですが、同じ仲間の高山性のカンパニュラはかなり難しいのですが、カンパニュラ コルヘンシスは毎年綺麗な花を見せてくれます。

スポンサーリンク



ヒメサユリ

春の花・山野草記事

種から育てたヒメサユリが今年も開花

2014/05/30  

種から育てて6年で初花が咲いたヒメサユリは前年の夏に花芽ができるとのことで毎年綺麗な花が咲きます。
ササユリは管理が悪いためか今年は花が咲きませんでした。
百合はいろいろありますが、育てやすいものと育てるのが大変なものがあります。

オオヤマオダマキ

春の花・山野草記事

オオヤマオダマキと交配種のダイセンオダマキ

2014/05/30  

ヤマオダマキの変種と言われるオオヤマオダマキはとても丈夫で、毀れ種から殖えて庭のあちこちに咲いて山の雰囲気を楽しませてくれます。
ダイセンオダマキも種から育てましたが、それほど増えるわけではありませんが、小型の花が素敵です。
オダマキとヤマオダマキの自然交配種のようです。

カナダオダマキ

春の花・山野草記事

カナダオダマキ‘リトルランタン’ の可憐な花

2014/05/17  

カナダオダマキ‘リトルランタン’ は交配をすることもなく、灯りのような可憐な花を毎年見せてくれます。
カナダオダマキ 'コルベット' は自然界で見つかった素敵な黄色のオダマキですが、」こちらも毀れ種で増えて綺麗な花を見せてくれます。

オダマキ

春の花・山野草記事

二色風鈴オダマキに距が生えてオダマキになってしまった

2014/05/15  

フウリノダマキの種を播いて数年は距のないフメウズの仲間の綺麗な花が咲いていたのですが、株分けで増やしていたと思った鉢の中はすべて距がありオダマキ属の花になっていました。
他の鉢に飛び込んだ花を育てていたものが、距のない花が咲いたのでこれはまだヒメウズ属の血が入っているようです。

Scutellaria orientalis subsp. pinnatifida

春の花・山野草記事

種からの初花の Scutellaria orientalis subsp. pinnatifida と今年も咲いたラヌンクルス パルナシフォリウス

2014/05/06  

種からの初花の Scutellaria orientalis subsp. pinnatifida はキバナタツナミソウと書いた種を播いたものですが、日本では栽培している方が少ないのか検索をしても見つかりませんでした。
ラヌンクルス パルナシフォリウス(Ranunculus parnassifolius)は日本で栽培している方から種をいただいたもので、数年素敵な花を見ることが出来ています。 

シコタンギキョウ

春の花・山野草記事

チシマギキョウとして育てていた花はシコタンギキョウかも

2014/05/04  

チシマギキョウとして、30数年間育てていた花がシコタンギキョウではないかと思いました。
ずっと疑問には思っていましたし、いただいた叔父からも、チシマギキョウではないかもしれないと言われていたので、本当の名前が分かったことで、花を見る目も変わったように思っています。

アンドロサケ ビローサ

春の花・山野草記事

可憐な高山植物アンドロサケ ビローサとイワカラクサ

2014/04/30  

春の花が咲きついでいますが、海外の可憐な高山植物のアンドロサケ ビローサとイワカラクサは長い歳月を我が家で咲きついで、とっても魅力的な花です。
高山植物は山では夏に見られる花ですが、栽培品は春に咲いて山のさわやかさを伝えてくれます。

バイカカラマツ(白)

春の花・山野草記事

バイカカラマツと出会ったころ

2014/04/29  

バイカカラマツを初めて見たときはその楚々とした姿に心を奪われました。
とても小さな株で、育て方もわかりませんでしたが、いつの間にか我が家の棚に並ぶようになっていまいした。
危惧したほど育て方が難しくはなく、株分けでも、種からでも殖えてくれます。

レウイシア・ネバデンシス

春の花・山野草記事

レウイシア・ネバデンシス(Lewisia nevadensis)が今年も開花

2014/04/28  

レウイシア・ネバデンシスが今年も素敵な花を見せてくれました。
自生地では6~7月に咲くと言いますが、わが家では4月~5月に開花します。
レウイシア属の野生種の花を育ててみたいと数種類の種を播きましたが、芽生えて花を見ることが出来たのは、レウイシア・ネバデンシスだけです。

初烏

春の花・山野草記事

サクラソウは江戸時代に育種され古典園芸植物として人気がある

2014/04/28  

サクラソウは日本に自生するサクラソウ属の代表的なものですが、自生地は減っているようです。
しかし、この花が好まれて、江戸時代に育種されて、数百に及ぶ品種が出来たようです。
私は会い高価ではありませんが、10種類くらいは庭や鉢で育てています。

Anemone xlesseri

春の花・山野草記事

2012年播種のAnemone x lesseri(アネモネ レッセリー)が開花

2014/04/23  

2012年播種のAnemone x lesseri(アネモネ レッセリー)が開花して素敵な花を見せてくれました。
私の好みのグリーンみをおびた白で、初花ですので、丈が低く咲いていますが、30センチから45センチくらいになるようです。
沢山殖えたら、庭植えにして楽しみたいと思っています。

ヤマエンゴサク

春の花・山野草記事

ヤマエンゴサクとジロボウエンゴサク

2014/04/17  

ジロボウエンゴサクが庭一面に殖えて咲きだし、その後ヤマエンゴサクが咲き始めました。
ジロボウエンゴサクは庭に下したところ、一面に殖えてしまったので今年はかなり整理しました。
他の山野草を侵食してしまうため、きれいな花ですが、抜かざるを得ませんでした。

スポンサーリンク



Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.