山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てる


スポンサーリンク

シュロソウ科

ツクバネソウ

自然の中の花科名ーサ行

2018/10/7

ツクバネソウ(衝羽根草)とクルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)の比較

ツクバネソウ(衝羽根草)は、シュロソウ科・ツクバネソウ属で、本州(東北地方、関東地方北部、中部地方の日本海側)の亜高山帯~高山帯の湿った草地や明るい林床に生える多年草で日本固有種です。 葉の中央から花柄を伸ばし、直径5~10㎝の花を1個だけつけます。写真だけで見ていたキヌガサソウに出会った時は心が躍るようでした。 上のツクバネソウ(衝羽根草)は、2006年5月22日に尚仁沢遊歩道で撮影したものです。 スポンサーリンク ツクバネソウ(衝羽根草)の特徴 ツクバネソウ(衝羽根草) 2003年6月6日 撮影 那須 ...

キヌガサソウ

自然の中の花科名ーサ行

2018/10/7

キヌガサソウ(衣笠草)の特徴

キヌガサソウ(衣笠草)は、シュロソウ科・ツクバネソウ属で、本州(東北地方、関東地方北部、中部地方の日本海側)の亜高山帯~高山帯の湿った草地や明るい林床に生える多年草で日本固有種です。 葉の中央から花柄を伸ばし、直径5~10㎝の花を1個だけつけます。写真だけで見ていたキヌガサソウに出会った時は心が躍るようでした。 上のキヌガサソウ(衣笠草)は、2006年8月4日に月山で撮影したものです。 スポンサーリンク キヌガサソウ(衣笠草)の特徴 キヌガサソウ(衣笠草) 2006年8月4日 撮影 月山 キヌガサソウ(衣 ...

コバイケイソウ

自然の中の花科名ーサ行

2018/10/3

コバイケイソウ、ウラゲコバイケイ、バイケイソウ、ミヤマバイケイソウの比較

コバイケイソウ(小梅蕙草)は、シュロソウ科・シュロソウ属で、北海道、本州(中部地方以北、三重県)の亜高山帯、高山帯の開けた草地に生える多年草で日本固有種です。 高山帯でも大きな花を咲かせていることから良く目立ち夏山では目にする機会が多い花です。ウラゲコバイケイ(裏毛小梅蕙)は一見バイケイソウと区別がつきませんが、葉の裏面脈上に突起状の毛があるものをウラゲコバイケイと呼ばれます。谷川連邦や尾瀬の多雪地帯で多く見られるようです。 バイケイソウ(梅惠草)は、0.6~1.5mと大きく、ウメに似た2㎝くらいの花を多 ...

シュロソウ

自然の中の花科名ーサ行

2018/10/10

シュロソウ(棕櫚草)とタカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)の比較

シュロソウ(棕櫚草)は、シュロソウ科・シュロソウ属で、北海道、本州の山地の林内や湿った草原に生える多年草です。アオヤギソウは、緑色の花ですが、紫褐色の花が咲きます。 タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)はシュロソウの高山型の品種で、草丈が低く苞が花序より突出するものを区別するようですが、中間型もあり区別が難しいものもあるようです。 上のシュロソウ(棕櫚草)は、2004年7月18日に池の平湿原で撮影したものです。 スポンサーリンク シュロソウ(棕櫚草)の特徴 シュロソウ(棕櫚草) 2004年7月18日 撮影 池の ...

アオヤギソウ

自然の中の花科名ーサ行

2018/2/12

アオヤギソウ(青柳草)とタカネアオヤギソウ(高嶺青柳草)の比較

アオヤギソウ(青柳草)は、シュロソウ科・シュロソウ属で、北海道、本州(中部地方以北)の山地の林内や湿った草原に生える多年草です。和名は緑色花と柳に似た葉の様子からついたようです。以前はユリ科に分類されていました。 タカネアオヤギソウ(高嶺青柳草)はアオヤギソウの高山型の品種で、草丈が低く苞が花序より突出するものを区別するようですが、中間型もあり区別が難しいものもあるようです。 上のアオヤギソウ(青柳草)は、2004年7月18日に池の平湿原で撮影したものです。 スポンサーリンク アオヤギソウ(青柳草)の特徴 ...

シライトソウ

春の花・山野草の育て方

2019/7/9

シライトソウ(白糸草)の育て方|日光植物園のシライトソウ

シライトソウ(白糸草)は、本州(秋田県以南)、四国、九州に分布し、山地の林内や谷沿いにに生える、15~40cmの多年草です。 茎頂に長さ10~20cmの総状花序をだし、白花を多数つけます。自生地は見たことがありませんが、日光植物園には沢山のシライトソウが群生していてとても見事でした。 空中湿度が高く、様々な木が繁り、流れや池もあるので、自生地のような雰囲気ではないかと思うような場所になっていました。下に日光植物園のシライトソウを載せています。 上のシライトソウ(白糸草)は自宅で2003年5月14日に撮影し ...

オオバナノエンレイソウ

春の花・山野草の育て方

2018/12/20

オオバナノエンレイソウ(大花の延齢草)の育て方

オオバナノエンレイソウ(大花の延齢草)は、北海道ではいたる所にあり、海岸のカシワ林やイタヤ林、原野の明るい広葉樹林など生えているそうです。 たまたま入った野草店に売っていたのを見て購入しましたが、育てたことのない苗を購入して枯れてしまったことを心残りに思っています。 その後、シロバナエンレイソウの種をいただくことが出来て、10年後に花が咲いた時にはとても感動しました。 今は現在種から育てたシロバナエンレイソウを我が家の庭の適した場所に根付かせることを考えています。 上のオオオバナノエンレイソウ(大花の延齢 ...

ショウジョウバカマ

早春の花・山野草の育て方

2019/4/4

ショウジョウバカマ(猩々袴)の育て方

ショウジョウバカマ(猩々袴)の自生地はは、山地の谷沿いや林野の湿ったところなので、乾燥させないように育てなければなりません。しかし、自生地で写した写真のようにいずれも冷涼な場所に自生していることから、水はけのよい用土で根が熱くならないように暑さを避けて管理することが大切です。 明るい半日陰で、涼しいところがよく、日陰でも育ちますが花付きが悪くなるので気をつけなければなりません。 以上のことを気をつければさほど難しくなく、葉が用土の先端に触れているとそこから小苗ができて殖えるので殖やすことが楽にできる素敵な ...

ミヤマエンレイソウ

春の花・山野草の育て方

2018/11/19

ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)の育て方|仲間のエンレイソウ(延齢草)の特徴

ミヤマエンレイソウは宮城県に住んでいたころ、庭植にしていて、殖えないまでも毎年清楚な花を見せてくれる大好きな花でした。しかし、関東地方に連れてきましたが、なじむことが出来なかったようで枯れてしまいました。 その後偶然種をいただくことが出来ました。芽生えるまでに2年以上がかかり、芽生えてから花が咲くまでに8年、10年の歳月を待って花が咲いた時の嬉しさは格別でした。 待った年月も多かったですが、大好きな花が戻って来てくれた喜びはそれ以上でした。 今後は庭植で根付いてくれることを目標に育てていきたいと思っていま ...

Copyright© 山野草を育てる , 2019 All Rights Reserved.