スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

シュロソウ(棕櫚草)とタカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)の比較

シュロソウ

シュロソウ(棕櫚草)は、シュロソウ科・シュロソウ属で、北海道、本州の山地の林内や湿った草原に生える多年草です。アオヤギソウは、緑色の花ですが、紫褐色の花が咲きます。

タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)はシュロソウの高山型の品種で、草丈が低く苞が花序より突出するものを区別するようですが、中間型もあり区別が難しいものもあるようです。

上のシュロソウ(棕櫚草)は、2004年7月18日に池の平湿原で撮影したものです。

スポンサーリンク

シュロソウ(棕櫚草)の特徴

シュロソウ

シュロソウ(棕櫚草) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原
アオヤギソウとシュロソウの中間のような色合いをしている

シュロソウ

シュロソウ(棕櫚草) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原

         
和名シュロソウ(棕櫚草)
別名オオシュロソウ
学名Veratrum maackii var. reymondianum, Veratrum maackii var. japonicum
科名・属名シュロソウ科 シュロソウ属
分布北海道、本州
花期6月~8月
特徴

山地の林内や湿った草原に生える多年草。茎は高さ0.5~1m。

葉は茎の下部に集まり長楕円形で長さ20~30cm、基部は鞘になって茎を抱く。

茎頂の円錐花序に、直径約1cmの花を多数つけ、雄花と両性花がつきます。

茎の基部にシュロ毛状の枯れ葉の繊維が残ります。

シュロソウの変異は多く、中間型も見られます。

タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)の特徴

タカネシュロソウ

シュロソウ(棕櫚草) 2005年8月4日 撮影 八方尾根


         
和名タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)
別名ムラサキタカネアオヤギソウ
学名Veratrum maackii var. japonicum f. atropurpureum
科名・属名シュロソウ科 シュロソウ属
分布本州(関東、中部)
花期7月~8月
特徴

シュロソウの高山型で、亜高山~高山のやや乾いた草地や礫地に生え、高さ20~40cmになります。

茎頂の円錐花序に、直径約1cmの花を多数つけ、雄花と両性花がつきます。

葉は線状披針形。花茎の上部に紫黒色の6弁花をややまばらにつけます。

茎の基部にシュロ毛状の枯れ葉の繊維が残ります。

シュロソウの種内変異の一つで、紫褐色の花が咲きます。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーサ行
-