山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てる


スポンサーリンク

イネ科

パンパスグラス

自然の中の花科名ーア行

2019/1/21

パンパスグラスの育て方|よく似ているススキ(芒)の特徴

パンパスグラスは、南アメリカとニュージーランド、ニューギニア原産のイネ科・シロガネヨシ属のススキに似た多年草で、花穂は活花やドライフラワーに使われます。 暑さに強いのですが、耐寒温度が、-3℃くらいなので、冬季にマルチングやビニールなどで保護すれば育てることが可能です。 花穂は活花やドライフラワーに使われますので、大量に使う方は植えておくと便利かもしれません。 下に、よく似ている秋の七草のひとつのススキを載せています。 上のパンパスグラスは、2007年9月29日にわんぱく公園で撮影したものです。 スポンサ ...

クマザサ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/25

斑入りチゴザサ(斑入り稚児笹)の育て方|ササ属のクマザサ(隈笹)の花

斑入りチゴザサ(斑入り稚児笹) 2017年6月13日 撮影 栽培品 斑入りチゴザサ(斑入り稚児笹)は、イネ科・チゴササ属で日本全土の畦や川辺に生える雑草のチゴザサの斑入り種です。 暑さにも寒さにも強く、地下茎で横に伸びて繁殖力旺盛ですが、その性質を利用して小さな草物盆栽にしています。 笹や竹類が好きで、庭に植えたことが何度かありますが、蔓延って苦労したことから、今は鉢植えや草物盆栽などで栽培しています。 下に、草津 芳ヶ平湿原で写したクマザサの花を載せています。 スポンサーリンク 斑入りチゴザサ(斑入り稚 ...

ワイルドオーツ

自然の中の花科名ーア行

2018/10/7

ワイルドオーツ、コバンソウ(小判草)、キンエノコロ(金狗尾草)|魅力的なイネ科の雑草

ワイルドオーツは、イネ科・チャスマンティウム属の米国東部~メキシコ東部の多年草で、丈夫で育てやすいので、和洋どちらの庭の素材として使えます。 コバンソウ(小判草)は、地中海沿岸地方原産のイネ科・コバンソウ属の1年草で、明治初年に渡来し鑑賞用にも栽培資されましたが、現在は各地に野生化している帰化植物ですが、ドライフラワー用に栽培もされています。 キンエノコロ(金狗尾草)は、イネ科・エノコログサ属で全国に自生している雑草です。 何れもイネ科の雑草ですが、風流がある植物で、寄せ植えや草物盆栽に使ってみたい植物で ...

フウチソウ

秋の花・山野草の育て方

2018/12/19

フウチソウ(風知草)の育て方|黄金フウチソウとキンウラハグサ

フウチソウ(風知草)は、日本の特産種で、本州中部の太平洋側のみの山地の崖などに自生するイネ科の多年草です。 園芸では斑入りなどの葉変わりが好んで栽培されています。 上の写真のように草物盆栽やコケ玉などで鑑賞されることも多いようです。 上のフウチソウ(風知草)は、自宅で2013年9月14日に撮影した黄金フウチソウ(Hakonechloa macra ‘All Gold’)です。 スポンサーリンク フウチソウ(風知草)の特徴と育て方 キンウラハグサ(Hakonechloa macra ‘Aureola’) 2 ...

ベニチガヤ

秋の花・山野草の育て方

2018/11/27

ベニチガヤ(紅茅)の育て方|チヂミザサ属のチヂミザサの特徴

チガヤ(紅茅)は、日本全土の日当たりの良い原野や山地に群生し、晩春のころ白色の円柱状の花穂が美しく目立つ多年草だが、ベニチガヤはその園芸種です。 葉先や葉鞘が鮮明な赤紫色で美しいことから園芸愛好家に好まれる丈夫な植物で、寄せ植えなどに使われます。 私は草物盆栽にしていますが、上の写真は10年くらい前に作ったもので、植え替えていません。 上のベニチガヤ(紅茅)は、自宅で2015年10月23日に撮影したた草物盆栽です。 スポンサーリンク ベニチガヤ(紅茅)の特徴と育て方 ベニチガヤ(紅茅) 2002年10月2 ...

Copyright© 山野草を育てる , 2019 All Rights Reserved.