山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てる


スポンサーリンク

キョウチクトウ科

シロバナカモメヅル

夏の花・山野草の育て方

2019/3/19

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の育て方

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)はコバノカモメヅルの変種で葉には長さ1~2cmの柄があり、長さ6~12㎝の三角状狭卵形または三角状披針形です。 葉腋から伸びた花柄の先に、直径1~2㎝とやや大きく、淡黄白色で裂片は線形披針形の花を散状に付けます。 上のシロバナカモメヅル(白花鷗蔓)は、自宅で2017年8月31日に種から育てた初花を撮影したものです。 スポンサーリンク シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の特徴と育て方 和名 シロバナカモメヅル(白花鷗蔓) 学名 Cynanchum sublanceolatum va ...

テイカカズラ

自然野中の花科名ーカ行

2018/3/1

テイカカズラ(定家葛)とツルニチニチソウ(蔓日々草)ーキョウチクトウ科

テイカカズラ(定家葛)は、本州、四国、九州、朝鮮半島に自生するキョウチクトウ科・テイカカズラ属のツル性木本で、茎から気根を出し、樹幹や岸壁をよじ登り、枝は淡褐色、褐色の毛が密生します。 ツルニチニチソウ(蔓日々草)は、ヨーロッパ原産のキョウチクトウ科・ニチニチソウ属で茎はつるとなり、多少木質で細長く横にはしり、花のつく茎は短く直立するが花後にのびる多年草です。 属は違いますが、花の形や蔓性という性質がいているキョウチクトウ科の植物です。 上のテイカカズラ(定家葛)は、2004年10月11日に宇都宮総合運動 ...

イケマ

自然野中の花科名ーカ行

2019/3/19

カモメヅル属のイケマ、ツルガシワ|ガガイモ属のガガイモ

イケマは、キョウチクトウ科・カモメヅル属で、北海道、本州、四国、九州の山地に生える蔓性の多年草で、山道の草むらなどで見かけることがあります。ガガイモ科は現在はキョウチクトウ科に分類されています。 ツルガシワは同じ仲間のキョウチクトウ科・カモメヅル属ですが、本州の中国地方、四国、九州の自生になっているので、関東地方在住のため、日光植物園で見ることが出来写真に写しました。 ガガイモ(蘿藦)は、キョウチクトウ科・ガガイモ属で、日当たりのよいやや乾いた原野に生える蔓性の多年草ということですが、造成地の調整池の土手 ...

アスクレピアス

自然野中の花科名ーカ行

2018/10/12

アスクレピアス(トウワタ)の種類と特徴

アスクレピアス(トウワタ)は、オレンジと黄色のツートンカラーのクラサヴィカ種(Asclepias curassavica)とオレンジや黄色の花のツベロサ種(Asclepias tuberosa)があります。 クラサヴィカ種は寒さに弱く一年草扱いされますが、ツベロサ種は寒さに強く関東以西では冬越しができます。クラサヴィカ種は寒さに弱く1年草扱いですが、四季咲き性が強いことから、栽培されることが多くなっているようです。 植物園では冬も花が見られますが、公園などでも初夏から秋までを彩っています。 上のアスクレピ ...

ヤナギバチョウジソウ

春の花・山野草の育て方

2018/12/6

ヤナギバチョウジソウ(柳葉丁字草)の育て方

ヤナギバチョウジソウ(柳葉丁字草)は、アメリカの東部から中南部原産でキョウチクトウ科 チョウジソウ属の植物です。日本に自生するチョウジソウによく似た花が咲きますが葉が少しほそいようで、大株になれば違いははっきり分かりますが、小苗のうちは区別が難しいかもしれません。 育てる場所にもよるのでしょうが、かなり大きく丈夫な植物のようです。 苗を購入するときは紛らわしいので、よく確かめて購入した方が良いと思いました。 我が家はチョウジソウは少し乾燥気味なところで、ヤナギバチョウジソウは湿気のある場所だたことが、この ...

チョウジソウ

春の花・山野草の育て方

2018/12/31

チョウジソウ(丁字草)の育て方

チョウジソウ(丁字草)は本州、九州の川のそばなどのやや湿った草地に生える高さ40~80cmの多年草ですが、乱獲か河川工事などの環境変化が大きいためかは分かりませんが絶滅危惧種になっているようです。 私は種から育てましたが、殖やすことが、容易な植物なので、出回っていることから入手は比較的容易なようです。 海外原産のヤナギバチョウジソウ (A. tabernaemontana) やホソバチョウジソウ (A. angustifolia)などがありかなり大型になるので、好みのものを育てた方が良いようです 。 下に ...

ツルモウリンカ

夏の花・山野草の育て方

2018/11/20

ツルモウリンカの育て方

ヒメイヨカズラという幼苗をいただき、最初の花が咲いた時には、ヒメイヨカズラだと疑いもしませんでした。しかし蔓性のようでどこまでも蔓をのばすので、支柱を立てなければなりませんでしたが、その支柱をぐるぐる巻きにして伸びていく様に、よく似ているというツルモウリンカではないかと思い始めました。 上のツルモウリンカは2015年6月18日に撮影したものです。 ツルモウリンカの特徴と育て方 ツルモウリンカ 2016年10月20日 撮影 栽培品 和名 ツルモウリンカ 学名 Tylophora tanakae 科名・属名 ...

クサナギオゴケ

春の花・山野草の育て方

2019/3/19

クサナギオゴケ(草薙尾苔)の育て方

クサナギオゴケ(草薙尾苔)は種からいろいろな山野草を育てている方から小さな実生苗をいただきました。その時は聞いたことのない花の名前でしたが、早速調べて置き場所などを考えて花の咲くのを待ちました。 褐紫色から淡紫色で直径6から9㎜の可憐で渋い花が咲くということでしたが、我が家は褐紫色の可憐な花が咲きました。自生地では高さ0.3から1mということですが、我が家は鉢植えのため、30㎝くらいで私が好きな渋い可憐な花が咲きます。 上のクサナギオゴケ(草薙尾苔)は、自宅で2016年5月25日に撮影したものです。 スポ ...

Copyright© 山野草を育てる , 2019 All Rights Reserved.