山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

クサナギオゴケ(草薙尾苔)の育て方

更新日:

クサナギオゴケ(草薙尾苔)

クサナギオゴケ(草薙尾苔)は種からいろいろな山野草を育てている方から小さな実生苗をいただきました。その時は聞いたことのない花の名前でしたが、早速調べて置き場所などを考えて花の咲くのを待ちました。

褐紫色から淡紫色で直径6から9㎜の可憐で渋い花が咲くということでしたが、我が家は褐紫色の可憐な花が咲きました。自生地では高さ0.3から1mということですが、我が家は鉢植えのため、30㎝くらいで私が好きな渋い可憐な花が咲きます。

上のクサナギオゴケ(草薙尾苔)は、自宅で2016年5月25日に撮影したものです。

スポンサーリンク

クサナギオゴケ(草薙尾苔)の特徴と育て方

クサナギオゴケ(草薙尾苔)

クサナギオゴケ(草薙尾苔) 2015年5月22日 撮影 栽培品

和名 クサナギオゴケ(草薙尾苔)
学名 Cynanchum katoi
科名・属名 キョウチクトウ科 カモメヅル属
分布 本州(東海地方、近畿地方)、四国
花期 5月~6月
特徴

茎は直立し高さ0.3から1mになり、先はやや蔓状にのびます。

葉は柄があり、卵状長さ8から17㎝。円錐花序に褐紫色から淡紫色で直径6から9㎜の可憐で渋い花をつけます。

山地の林内に生える多年草で、花は日が差すと閉じる性質あり、花色は濃い褐紫色から白に近い緑色まで変化に富んでいます。

育て方

我が家は種からの初花ですが、根が大きくなるようですので、順次鉢を大きくしていこうと思います。

林内に生育しているということから、通年木漏れ日が当たる程度の木陰に置き、水や肥料は生育期には大目にやり、花後はリン酸を含んだ肥料を与えます。

水は花後は表土が乾いたら与えるようにする。

植え替えは2から3年ごとで、用土は硬質鹿沼土に赤玉土、腐葉土を主に水はけを考えて軽石や桐生砂など家にあるものを混合をつかっています。

株からは増えにくいようなので、種から殖やすのが良いようです。

いただいた実生苗から咲いたクサナギオゴケ(草薙尾苔)

クサナギオゴケ

クサナギオゴケ(草薙尾苔) 2017年6月9日 撮影 栽培品

クサナギオゴケ(草薙尾苔)は実生苗をいただいて初めて知った植物でした。

クサタチバナ、タチガシワ、ツルガシワなどが近縁種であることがわかりました。


ネット検索をすると、キョウチクトウ科で 絶滅危惧種Ⅱ類(環境省)であることがわかりました。

林内に生える山野草の多くが絶滅危惧種になっていることがとても気がかりです。

採取をしない様にということでは解決しない大きな問題として、山林の手入れがなされていないという問題があると思っています。

クサナギオゴケは育て始めたばかりなので、家でどのくらい育つのかは未知数ですが、私が種から育てた絶滅危惧種と言われている山草には育てにくいものもありますが、かなり丈夫で殖えるものが多くあります。

今、そのような大きな問題を解決しないと日本の山草が絶滅してしまうのではないかといつも危惧しています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.