山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の育て方

更新日:

シロバナカモメヅル

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)はコバノカモメヅルの変種で葉には長さ1~2cmの柄があり、長さ6~12㎝の三角状狭卵形または三角状披針形です。

葉腋から伸びた花柄の先に、直径1~2㎝とやや大きく、淡黄白色で裂片は線形披針形の花を散状に付けます。

上のシロバナカモメヅル(白花鷗蔓)は、自宅で2017年8月31日に種から育てた初花を撮影したものです。

スポンサーリンク

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)の特徴と育て方

和名 シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)
学名 Cynanchum sublanceolatum var. macranthum,Vincetoxicum sublanceolatum var. macranthum
科名・属名 キョウチクトウ科 カモメヅル属
分布 北海道、本州の近畿地方以北
花期 7月~9月
特徴

山野に生える蔓性の多年草。

シロバナカモメヅルはコバノカモメヅルの変種で葉には長さ1~2cmの柄があり、、長さ6~12㎝の三角状狭卵形または三角状披針形。

葉腋から伸びた花柄の先に、散状に花をつけます。

花は直径1~2㎝とやや大きく、淡黄白色で裂片は線形披針形です。

育て方

我が家は種からの初花ですが、根が大きくなるようなので、順次鉢を大きくしていこうと思います。

林内に生育しているということから、通年木漏れ日が当たる程度の木陰に置き、水や肥料は生育期には大目にやり、花後はリン酸を含んだ肥料を与えます。

水は花後は表土が乾いたらたっぷり与えます。

植え替えは2から3年ごとで、用土は硬質鹿沼土に赤玉土、腐葉土を主に水はけを考えて軽石や桐生砂など家にあるものを混合をつかっています。

株からは増えにくいようなので、種から殖やすのが良いようです。

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)まとめ

シロバナカモメヅル(白花鷗蔓)は種をいただき、育てましたが、初めて知った植物でした。

クサナギオゴケツルガシワなどが近縁種であることがわかりました。

育て方は自生地を考えて、同じ仲間のクサナギオゴケと同じように、通年木漏れ日が当たる程度の木陰に置き、水はけよく植え、表土が乾いたら水をたっぷり与えています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.