山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

センニンソウ(仙人草)の育て方

センニンソウ

センニンソウは、キンポウゲ科 センニンソウ属で、日本全土の道ばたや林縁など、日当たりのよいところに生える蔓性の半低木です。

花は直径2㎝~3cmで、上向きに咲きます。白い花のように見えるのは萼弁で4個あり、十字形に開きます。

茎や葉に皮膚にかぶれを起こす有毒物質を含むが、漢方では根を威霊仙(いれいせん)と呼び、利尿、鎮痛などに用います。

スポンサーリンク

センニンソウ(仙人草)の特徴

 
和名 センニンソウ(仙人草)
学名 Clematis terniflora
科名・属名 キンポウゲ科  センニンソウ属
分布 日本全土
花期 8~9月
特徴

道ばたや林縁など、日当たりのよいところに生える蔓性の半低木。

茎はよく分枝して広がり、曲がりくねった葉柄でほかの木や草に絡みつきます。

葉は対生し、3~7個の小葉からなる羽状複葉。小葉は厚くてやや光沢があり、長さ3~7cmの卵形または卵円形で、先端は小さく突出します。

葉腋から円錐花序をだし、白い花を多数つける。花は直径2~3cmで、上向きに咲く。白い花のように見えるのは萼弁で4個あり、十字形に開く。

花が終わると花柱 がのび、白くて長い毛が密生する。このそう果の先の花柱 を仙人の髭にたとえたとか、白髪にたとえたとか言われます。

茎や葉に皮膚にかぶれを起こす有毒物質を含むが、漢方では根を威霊仙(いれいせん)と呼び、利尿、鎮痛などに用います。

育て方

基本的には日当たりが良いようで、夏は半日陰になるような場所に地植えにしているが、西日は避けたほうが良いようです。

丈夫な植物なので、それほど気を使わなくてもよいようですが、鉢植えは乾燥させないようにすることが大切です。

有機質に富み、なおかつ水もちのよい土が理想的なので、庭植であっても用土の工夫をすることが大切です。

鉢植えの場合は、夏場を除き、緩効性肥料を定期的に与えます。庭植えの場合は、冬に寒肥を株の周りに与えます。

センニンソウは、その年に伸びる枝に花芽が着きますので、剪定は休眠期に行います。

蔓性ですがかなり丈夫で伸び広がるので、選定をするか場所を確保したほうが良いようです。

我が家は種から育てました。鉢植えにしているのでそれほど育ちませんが、庭植にするとかなり育つようです。

挿し木で殖やせますが、枝ではなくつるを利用します。水やりに十分気をつけると2か月ぐらいで根が出てきます。

日光植物園のセンニンソウ(仙人草)

センニンソウ(仙人草)

センニンソウ(仙人草) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

created by Rinker
クレマチス
¥2,080 (2019/9/13 19:45:29時点 Amazon調べ-詳細)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.