山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)の育て方

更新日:

タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)は、朝鮮半島原産です。タンナとは済州島の古名であり、タンナと名の付く山野草は小型のものが多く山野草愛好家に好まれています。

屋久島の名前が付く山野草とよく似ているものもあり、同じように好まれます。

日本の山に自生するヤマブキショウマの仲間のバラ科で、チダケサシ、ハナチダケサシのユキノシタ科とは違うようです。

上のタンナチダケサシ(乳茸刺)は、自宅で2018年6月12日に撮影した栽培品です。

スポンサーリンク

タンナチダケサシ(丹那乳茸刺)の特徴と育て方

 
和名 タンナチダケサシ(乳茸刺)
学名 Aruncus aethusifolius
科名・属名 バラ科 ヤマブキショウマ属
分布 朝鮮半島済州島
花期 5月~7月
特徴

山地の渓谷沿いや岩場に自生する、高さ10~20cmの多年草です。ユキノシタ科のチダケサシとは違ってバラ科のヤマブキショウマの仲間のようです。

細かく深く切れ込んだ葉と白く穂状に咲く花がよく合っていて姿がよく、日本では園芸用に鉢植えなどで育てることが多く、生育旺盛な小型強健種です。

花序は細長い円錐状で側枝は短く、斜上します。花は普通白色ですが、栽培環境により花色は多少変化することがあります。

育て方

かなり小形の花なので、鉢植えや寄せ植えなどが良いと思います。

鉢植えはすぐ根がはるので、少なくとも2~3年に1度以上の植え替えは必要です。根が使ったと思ったら、早めに植え替えます。

わが家は草物盆栽に寄せて植えているので植え替えなしです。

春と秋は良く日に当て、夏は半日陰での管理が良く、水やりは乾いたらたっぷりやります。

チダケサシと同じように、病害虫には強いようですが、我が家はたくさんの野草を育てているので一緒に消毒しています。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.