山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)の育て方

更新日:

リリウム・ランコンゲンセ

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)は、中国の雲南省北西部、チベット南東部の標高1800~3200mの高山帯の草地に生え、高さは50~150cmになります。

高山性のユリなので、涼しく育てる必要がありそうですが、この花は種を播いて始めて見た花のため、どのくらい我が家で咲き続けてくれるか未知数です。

上のリリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)は、自宅で2017年7月10日に撮影した播種の苗からの花です。

スポンサーリンク

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)の特徴と育て方

リリウム・ランコンゲンセ

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense) 2017年7月10日 撮影 栽培品

           
和名 リリウム・ランコンゲンセ
学名 Lilium lankongense
科名・属名 ユリ科 ユリ属
分布 中国の雲南省北西部、チベット南東部
花期 6月~7月
特徴

標高1800~3200mの高山帯の草地に生え、高さは50~150cmになります。

花はピンク色で濃い赤色の斑があり、非常に開いた総状花序につく長い柄の上について、下向きます。

咲き始めは淡い桃藤色で、咲き進むと色が濃くなります。

また花披片はよく反り返り、芳香があり、1茎に6~12個がつきます

育て方

高山のユリなので、地植えは、地中の温度が高くならないような場所で、風通しが良く、地面に直射日光の当たらない場所に植えます。

この花は、種からの初花なので、鉢植えでササユリ、コオニユリ、ヒメサユリなどと同じように育てています。

大き目の深鉢に(8号から10号くらいの鉢に球根は2~3球)ゴロ石を入れて軽石、桐生砂などに赤玉土、硬質鹿沼土の混合用土を微塵を除いてよく洗って使用しています。

しかし土壌は特に選ばないので、水はけと通気性が良く、また保水性もある土であればよいと思います。

植え付け時には、元肥としてマグァンプK などの緩行性肥料を根に触れないように入れて、球根の高さの2倍程度の深さに球根を植え付けます。

植え替えは2~3年に1度、10~11月頃の休眠期に行います。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回液肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

水は表面が乾いたらやり、真夏は夕方に、鉢と鉢のまわりにたっぷりやって、夜間温度を下げるようにします。それ以外の季節は朝にやります。乾きやすい時は朝もやります。

日当たりを好みますが、高温多湿には弱いので、夏はできるだけ風通しの良い場所で、朝日が当たり午後からは日陰になるような場所で管理します。

リリウム・ランコンゲンセ(Lilium lankongense)まとめ

高山性のユリなので、風通し良く夏の暑さを避けて栽培する必要があります。

ユリは連作を嫌うので、鉢植えは新しい用土で、庭植は場所を変えるか、用土を入れ換える必要があります。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.