山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

ネペタ・ネルボーサ ’ブルームーン’の育て方|仲間のミソガワソウ(味噌川草)の特徴

更新日:

ネペタ・ネルボーサ 'ブルームーン′(Nepeta nervosa' Blue Moon')は、種をいただいて播いたのですが流通量の少ないセージとのことです。

ネットを検索しましたが、日本で育てている方はほとんど見当たらず、私が種をいただいた方が種を播いたという情報くらいでした。

日本に自生する同じ仲間のミソガワソウ(味噌川草)を下に載せています。

上のネペタ・ネルボーサ ’ブルームーン’(Nepeta nervosa'Blue Moon')は、自宅で2005年7月7日に撮影した2004年10月播種の初花です。

スポンサーリンク

ネペタ・ネルボーサ 'ブルームーン’(Nepeta nervosa' Blue Moon')の特徴と育て方

           
和名 ネペタ・ネルボーサ 'ブルームーン’
学名 Nepeta nervosa' Blue Moon'
科名・属名 シソ科 イヌハッカ属
分布 園芸品種
花期 6~7月
特徴

耐寒性多年草。

大きなブルーの花穂を着ける均整の取れた矮性で株がよく茂る品種。

3~4月の播種で12~16週間で開花し花期も長い。

発芽まで7~21日、発芽適温18~29℃。

草丈20~40cm。

育て方

日当たりのよいところに地植えにしていました。

種をいただき、播種して花を見ることが出来たが、株が茂るまでにはいきませんでした。

耐寒性多年草で株も茂るということでしたが、株も茂らなかったし、次の年は植えたまま立ち枯れしてしまいました。

日本で育てている方がほとんど見つからなかったので、日本の気候には合わなかったのでしょうか。それとも育て方が悪かったのでしょうか。

ミソガワソウ(味噌川草)の特徴

ミソガワソウ(味噌川草)

ミソガワソウ(味噌川草) 2004年8月7日 撮影 栂池自然園

ミソガワソウ(味噌川草)

ミソガワソウ(味噌川草) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

         
和名 ミソガワソウ(味噌川草)
学名 Nepeta subsessilis
科名・属名 シソ科 イヌハッカ属
分布 北海道、本州、四国
花期 7~8月
特徴

亜高山帯 の草地や深山の河原などに生える多年草。

茎は高さ0.5~1mになり細毛があります。

葉は広卵形または広披針形で長さ6~14cm、幅2.5~8cm、鋭い鋸歯があります。

茎の上部に花穂をつくり紫色の唇弁花を開きます。花冠は長さ2.5~3cm、筒部が長く、花唇は3裂し、中央裂片に紫色の点があります。

和名は木曽川の支流、味噌川付近に多かったためではないかといわれています。

ネペタ・ネルボーサ ’ブルームーン’(Nepeta nervosa' Blue Moon')まとめ

ネペタ・ネルボーサ ’ブルームーン’は種をいただいて花を見ることが出来ましたが、現在も詳しいことが分からないままですが、多年草なのに次の年には立ち枯れの状態になってしまいました。

同じ属のミソガワソウ(味噌川草)は亜高山帯の栂池の湿地帯で出会ったものと、日光植物園で出会うことが出来たものです。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.