山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名―マ行

アサザ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/13

アサザ(浅沙)

アサザ(浅沙)は、ミツガシワ科・アサザ属で本州、四国、九州の山地の池や沼などに生える多年生の水草です。 野草園で写したものですが、黄色の花が夢魔一面に咲いて見事でした。 浮葉植物であることから、波浪が高い湖沼には通常、生息することが少なく、池や水路の護岸工事や水質汚濁などにより、各地で個体群が消滅、縮小しているようです。 しかし、アサザ個体群の保全や復元により見ることのできるところが増えているようです。 上のアサザ(浅沙)は、2004年9月18日に花之江の郷で、撮影したものです。 スポンサーリンク アサザ ...

コブシ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/25

コブシ(辛夷)

コブシ(辛夷)は、モクレン科・モクレン属で、日本各地の山地の林内に生え、公園や庭などに植栽する落葉高木です。 日本の固有種で、岐阜県、愛知県、三重県のごく限られた地域の低地・低湿地にシデコブシがあり、その園芸品種は比較的樹高が低く収まり、庭木として利用されています。 上のコブシ(辛夷)は、2006年4月19日に尚仁沢遊歩道で撮影したものです。 スポンサーリンク コブシ(辛夷)の特徴 和名 コブシ(辛夷) 別名 ヤマアララギ、コブシハジカミ   学名 Magnolia kobus   科名・属名 モクレン科 ...

ミヤマイボタ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/19

ミヤマイボタ(深山水蝋)、オウバイ(黄梅)の特徴

ミヤマイボタ(深山水蝋)は、モクセイ科・イボタノキ属で、北海道、本州、四国、九州、サハリンの山地に自生し、標高の高い所に生えたものは樹高が低く盆栽状の樹形になり、短枝がよく発達します。 仲間のイボタノキはよく似ていますが、葉先が尖っているものがミヤマイボタ、葉先が丸いのがイボタノキです。 オウバイ(黄梅)は、モクセイ科・ソケイ属で中国の観賞用に庭や鉢に栽植される落葉小低木です。茎はよく分枝し四角形でややつる状となって垂れ下がるので、その特性を利用して庭木や鉢植えで育てることが多く、剪定で自由な形に育てられ ...

モウセンゴケ

自然の中の花科名―マ行

2018/3/9

モウセンゴケ(毛氈苔)

モウセンゴケ(毛氈苔)は、モウセンゴケ科・モウセンゴケ属で、北海道、本州、四国、九州の山地~亜高山にかけての日当たりの良い湿地に生える多年草です。 葉はロゼット状で根生し、長さ2~8㎝の柄があり、倒卵状円形で長さ5~10㎜、多数の紅紫色の長い腺毛が生え、その先から粘液を出して昆虫を捕らえる食虫植物ですが、白い小さな花はとても可憐です。 上のモウセンゴケ(毛氈苔)は、2006年8月4日に月山で撮影したものです。 スポンサーリンク モウセンゴケ(毛氈苔)の特徴と育て方 モウセンゴケ(毛氈苔) 2008年7月5 ...

サンカヨウ

自然の中の花科名―マ行

2018/4/18

サンカヨウ(山荷葉)

サンカヨウ(山荷葉)は、メギ科・サンカヨウ属で、北海道、本州(中部地方以北)の山地~亜高山の林内に生える多年草です。 広腎円形で幅20~35cmと大きな葉と、茎頂に直径約2cmの水分を含むと透明になるという白色の6弁花が印象的な花で、辛い山登りの途中でで出会った時は疲れも忘れさせてくれる花です。 朝露を吸って花びらが透明になるということですが、残念ながら透明になった花には出会ったことがありません。 上のサンカヨウ(山荷葉)は、2005年7月14日に大雪山系黒岳で撮影したものです。 スポンサーリンク サンカ ...

ミツガシワ(三槲)

自然の中の花科名―マ行

2018/3/8

ミツガシワ(三槲)

ミツガシワ(三槲)は、ミツガシワ科・ミツガシワ属で、の北海道、本州、九州の山地の湿地、沼に生える多年草ですが、亜寒帯や高山に多いようです。 ミツガシワ科のイワイチョウ属のイワイチョウ(岩銀杏)も1種1属ですが、花の形、葉の形などから区別はしやすい花です。 また、ミツガシワ科のイワイチョウと同じように花には柱頭が長く雄しべの短い長花柱花と雄しべが短く柱頭の長い短花柱花があり、個体によってちがっています。こういったシステムを異型花柱性と呼び自家受粉を避けるためと考えられていますが、他の植物にもあるようです。 ...

イワイチョウ

自然の中の花科名―マ行

2018/10/3

イワイチョウ(岩銀杏)

イワイチョウ(岩銀杏)は、ミツガシワ科・イワイチョウ属で、北海道、本州(東北地方、中部地方の日本海側)、南千島の亜高山帯~高山帯の雪田跡や湿地に生える1種1属多年草です。 亜高山帯~高山帯では出会う機会の多い植物で、花には柱頭が長く雄しべの短い長花柱花と雄しべが短く柱頭の長い短花柱花があるようですが、私が写した個体は長花柱花が多かったのですが、短花柱花も写すことが出来ました。 こういったシステムを異型花柱性と呼び自家受粉を避けるためと考えられていますが、他の植物にもあるようです。 上のイワイチョウ(岩銀杏 ...

クフェア・ミクロペタラ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/24

クフェア・ミクロペタラ

クフェア・ミクロペタラは、ミソハギ科・クフェア属でメキシコ原産の高さ1m程度でオレンジ色で先端部が黄色の筒状の花が秋に咲く多年草です。 寒さに弱いので、地植えにしても冬は掘りあげる必要がありますが、鉢植えで室内で冬の管理をすれば育てられます。 上のクフェア・ミクロペタラは2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影したものです。 スポンサーリンク クフェア・ミクロペタラの特徴と育て方 和名 クフェア・ミクロペタラ   学名 Cuphea micropetala   科名・属名 ミソハギ科 クフェア属   分 ...

サンシュユ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/26

サンシュユ(山茱萸)とヤマボウシ(山法師)

サンシュユ(山茱萸)は、ミズキ科・ミズキ属で朝鮮半島、中国が原産ですが、享保年間(1722年頃)に日本に薬木として渡来したが、花が綺麗なので観賞用として植栽される落葉小高木。高さ4mくらいになります。 仲間のヤマボウシ(山法師)は、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国の温帯の山野に普通に見られる落葉高木です。 上のサンシュユ(山茱萸)は2003年3月23日に三毳山東口で撮影したものです。 スポンサーリンク サンシュユ(山茱萸)の特徴 サンシュユ(山茱萸) 2005年4月5日 撮影 花之江の郷 和名 サンシュユ ...

ミズキ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/28

ミズキ(水木)とタカネミズキ(高嶺水木)の比較

ミズキ(水木)は、ミズキ科・ミズキ属で日本各地に広く分布する高さ10~20mの高木で、幹は直立して枝が車軸状に出て水平に広がるので、クルマミズキの別名があります。 仲間のタカネミズキ(高嶺水木)は、樹高が低くて幹の基部は曲がり、葉は広卵形ということですが、樹形以外での見分けは難しいようです。 上のミズキ(水木)は2005年6月18日に裏磐梯五色沼で撮影したものです。 スポンサーリンク ミズキ(水木)の特徴 ミズキ(水木) 2003年7月15日 撮影 田代山登り口 ミズキ(水木) 2007年8月5日 撮影  ...

ゴゼンタチバナ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/25

ゴゼンタチバナ(御前橘)の特徴

ゴゼンタチバナ(御前橘)は、ミズキ科・ミズキ属で本州(中部地方以北)、四国(瓶ガ森、石鎚山)。東南アジア、北アメリカの、亜高山帯~高山帯の林床に生える多年草です。 花は4枚の白い総苞に囲まれミズキ属のハナミズキやヤマボウシに似ています。また秋にハナミズキに似た直径 5~6mm で赤い核果が見られます。 上のゴゼンタチバナ(御前橘)は2007年7月20日に白駒池付近で撮影したものです。 スポンサーリンク ゴゼンタチバナ(御前橘)の特徴 ゴゼンタチバナ(御前橘) 2003年7月5日 撮影 田代山 ゴゼンタチバ ...

ミヤマシキミ

自然の中の花科名―マ行

2018/2/12

ミヤマシキミ(深山樒)とアケボノミヤマシキミ(曙深山樒)の比較

ミヤマシキミ(深山樒)は、ミカン科・ミヤマシキミ属で本州(関東地方以西)、四国、九州の、山地の林下に生える常緑低木で高さ60~120cm、枝は灰色です。 液果は径8~10㎜、秋から翌春にかけ紅色に熟し美しく、正月用のマンリョウの代用とするが有毒です。 品種のアケボノミヤマシキミ(曙深山樒)は、ミヤマシキミの赤花で、ガク片や花びらの裏側が赤く、表は白です。 上のミヤマシキミは2003年4月19日に高尾山で撮影したものです。 スポンサーリンク ミヤマシキミ(深山樒)の特徴 和名 ミヤマシキミ(深山樒)   学 ...

レモン

自然の中の花科名―マ行

2018/2/24

レモン、ライム、グレープフルーツの特徴

レモンは、ミカン科・ミカン属でインド西北部から西アジアにかけての原産といわれる、高さ3~4mの常緑低木。枝に刺があります。果実は長さ6~10cm、市販のものは未熟のうちにとるため楕円形だが、完熟時にはほぼ球形ということです。 仲間のライムは、熱帯以外では生育が悪く、世界的に生産も少ないということです。 グレープフルーツは、ブンタンの突然変異といわれ、西インド諸島で生まれたようです。 上のレモンは、2005年1月10日にとちぎ花センターで撮影したものです。 スポンサーリンク レモンの特徴 和名 レモン   ...

自然の中の花科名―マ行

2018/2/26

マンサク、シナマンサク、ベニバナトキワマンサクの比較

マンサク(満作)は、マメ科・マンサク属で日本各地に生え、観賞用にも植栽される落葉小高木で花は葉より先に開き、前年の枝の先に単生、あるいは集まってつきます。 仲間のシナマンサク(支那満作)は、中国中部原産の落葉小高木で、マンサクと同じように庭木に利用されます。 名札が付いていたので、区別できましたが、何もなかったら区別が難しそうでした。違いはシナマンサクの方が花の時期が早いこと、花の時期に昨年の枯れ葉が多いことなどが区別点で、シナマンサクの葉の裏面は灰色の綿毛が密生しており、ビロード状であることなどで区別で ...

ルピナス

自然の中の花科名―マ行

2018/3/11

ルピナスの育て方

ルピナスは、マメ科・ルピナス属で地中海沿岸、南北アメリカ、南アフリカ原産の宿根ルピナスの大きな物では、花穂が60cmにもなる見事な花になるが、暑さに弱く、暖地の気候にはあまり合わないようです。 北海道などでは道路に群生している様子を見かけます。 上のルピナスは、2007年7月21日に松原湖付近で撮影したものです。 スポンサーリンク ルピナスの特徴と育て方 和名 ハーデンベルギア(コマチフジ) 別名 ノボリフジ(昇藤)   学名 Lupinus   科名・属名 マメ科 ルピナス属   分布 地中海沿岸、南北 ...

ハーデンベルギア

自然の中の花科名―マ行

2018/3/3

ハーデンベルギア(コマチフジ)とフジ(藤)

ハーデンベルギア(コマチフジ)は、マメ科・マメ属で本州、四国、九州の草地に生えるつる性の1年草で、よく見られる植物です。牧野富太郎によれば、同じハギ属のイヌハギ(犬萩)に対してつけられたもので、全体に黄褐色の毛が多いことによるという。 仲間のハーデンベルギア(コマチフジ)は、ニシキハギの栽培品とする考え方と、ニシキハギをミヤギノハギを同種の品種とする考え方があり、ミヤギノハギの変種としている場合もあります。 上のハーデンベルギア(コマチフジ)は、2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影したものです。 ス ...

ネコハギ

自然の中の花科名―マ行

2018/10/10

ネコハギ(猫萩)とシラハギ(白萩)

ネコハギ(猫萩)は、マメ科・マメ属、本州、四国、九州の草地に生えるつる性の1年草で、よく見られる植物です。牧野富太郎によれば、同じハギ属のイヌハギ(犬萩)に対してつけられたもので、全体に黄褐色の毛が多いことによるという。 仲間のシラハギ(白萩)は、ニシキハギの栽培品とする考え方と、ニシキハギをミヤギノハギを同種の品種とする考え方があり、ミヤギノハギの変種としている場合もあります。 上のネコハギ(猫萩)は、2005年9月13日に仙人ヶ岳で撮影したものです。 スポンサーリンク ネコハギ(猫萩)の特徴 和名 ネ ...

ヤブツルアズキ

自然の中の花科名―マ行

2017/7/22

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)は、マメ科・ササゲ属で本州、四国、九州の草地に生えるつる性の1年草で、よく見られる植物です。 アズキはヤブツルアズキを改良したものと言われ、日本、朝鮮南部、中国では古代から栽培されています。 上のヤブツルアズキ(藪蔓小豆)は、2005年9月13日に仙人ヶ岳で撮影したものです。 スポンサーリンク ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)の特徴 ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳 ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳 和名 ヤブツルアズキ( ...


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

スポンサーリンク


Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.