スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)

ニッコウキスゲ

ゼンテイカ(禅庭花)はニッコウキスゲ(日光黄菅)と呼ばれることが多く、北海道、本州。南千島に自生し、ゼンテイカ、エゾゼンテイカ、アサマカンゾウなどど呼ばれています。

北海道に自生するものを、エゾゼンテイカと呼ぶこともあるようですが、此処では一緒にしています。

わが家は庭植にする場所も、鉢に植えて植え替える手間も大変なので草物盆栽で育てています。

植物学者によって、エゾカンゾウの変種、ヒメカンゾウの変種との見方があるようです。

本州でニッコウキスゲ(日光黄菅)を見るにはある程度高い山に登る必要がありますが、北海道を花の時期に車で走るとあらゆるところに群生を見ることが出来てとてもきれいでした。

ユウスゲ(夕菅)、ヤブカンゾウ(藪萱草)、ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)は以前はユリ科でしたが、現在はツルボラン科に分類されています。

 

上のニッコウキスゲ(日光黄菅)は、2007年7月20日に霧が峰高原で撮影した花です。

スポンサーリンク

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)の特徴

エゾゼンティカ

エゾゼンテイカ 2006年7月3日 撮影 礼文島

エゾゼンティカ

エゾゼンテイカ 2005年7月13日 撮影 富良野

         
和名ニッコウキスゲ(日光黄菅)
別名ゼンテイカ、エゾゼンテイカ、アサマカンゾウ
学名Hemerocallis dumortieri var. esculenta, Hemerocallis middendorffii var. esculenta
科名・属名ツルボラン科 ワスレグサ属
分布北海道、本州。南千島
花期7~8月
特徴

低山帯~高山帯の草地や湿原にに生える多年草。

花は橙黄色、1日性、直径5cm内外。花序はカタツムリ形集散花序で、3~4(~8)花をつけます。

高さ60~80cm。

葉は両面とも無毛、主脈は明瞭、ふちはざらつく。

本州東北部から北海道、南チシマのものは花柄が短いかほとんどなく、花被片が厚質なのでエゾゼンテイカとする考え方もあるようだが、ここには一緒に載せています。

花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、地名を付けてニッコウキスゲと呼ばれだし、全国に広まったが、日光地方の固有種というわけではなく、ゼンテイカは日本各地に普通に分布しています。

日光の霧降高原、尾瀬ヶ原、霧ヶ峰などの群落が有名です。

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) 2003年7月5日 撮影 田代山

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ) 小国沼

エゾゼンテイカ

エゾゼンテイカ 2006年7月3日 撮影 礼文島

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーサ行
-