山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)とオオバキスミレ(大葉黄菫)の特徴

更新日:

ジンヨウキスミレ

ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)とオオバキスミレ(大葉黄菫)は黄色のスミレで、オオバキスミレの仲間のようです。

ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)は大雪山系と札幌附近に限られる種だということですが、大雪山では高山帯の湿った草地の登山道で出会うことが出来ました。

オオバキスミレは、日本海側の山野に生えるようですが、尾瀬の鳩待峠の湿った落葉樹の下で出会うことが出来ました。

関東地方の山野草の保護地帯で出会ったものは、植えられたものかどうかわかりませんし、群馬フラワーパークで写したものは栽培品です。

キスミレは種をいただいて育てたことがあり、高山帯のキバナノコマノツメ、エゾタカネスミレは自生地の写真と特徴を載せています。

 

上のジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)は、2005年7月14日に大雪山系黒岳で撮影した花です。

スポンサーリンク

ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)の特徴

ジンヨウキスミレ

ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

         
和名 ジンヨウキスミレ(腎葉黄菫)
学名 Viola alliariaefolia
科名・属名 スミレ科 スミレ属
分布 北海道(大雪山、ニセイカウシュッペ山、無意根山)。日本固有
花期 7月中旬~8月中旬
特徴

高山帯の湿った草地に生える多年草。高さ8~20cm。

根生葉は0~1個、茎葉 は3個、下の葉は離れ上の葉2個は接近して対生状。葉は腎臓形、大きな丸い鋸歯があります。

花は黄色で1~2個。側弁は下向きで毛があり、花柱の先は無毛。

唇弁は内側に紫褐色の脈が目立ち、基部に短い袋状の距があります。

オオバキスミレ(大葉黄菫)の特徴

オオバキスミレ

オオバキスミレ(大葉黄菫) 2005年4月15日 撮影 星野自然村

オオバキスミレ

オオバキスミレ(大葉黄菫) 2006年6月14日 撮影 尾瀬 鳩待峠

         
和名 オオバキスミレ(大葉黄菫)
学名 Viola brevistipulata
科名・属名 スミレ科 スミレ属
分布 北海道、本州(近畿地方以北)
花期 4~7月
特徴

日本海側の山野に生える多年草。

茎は高さ15~30cm、上部に3~4個の葉をつける。根生葉は長柄があり、心形で長さ5~8cm。

花は黄色で直径約1.5cm、側弁は有毛。

自生地は日本海側の多雪地帯ということですが、私は雪のあまり降らない星野自然村の落葉樹林の中で写しているものは、オオバキスミレだとしたら、植えられたものかも知らません。

この付近はカタクリ、セツブンソウの保護地域になっています。

オオバキスミレ

オオバキスミレ(大葉黄菫) 2006年6月14日 撮影 尾瀬 鳩待峠

オオバキスミレ

オオバキスミレ(大葉黄菫) 2005年4月15日 撮影 星野自然村

オオバキスミレ

オオバキスミレ(大葉黄菫) 2007年4月22日 撮影 群馬フラワーパーク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.