山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

ミヤママタタビ(深山木天蓼)の特徴

更新日:

ミヤママタタビ

ミヤママタタビ(深山木天蓼)は、サルナシ科・マタタビ属の深山に生える落葉のつる植物で、葉は互生。こずえの葉は特に白色、花後に赤色を帯びます。

マタタビの木をまだ知らなかったころ、山道を車で歩くと新芽が白い葉をたくさん見かけ、何だろうと思っていましたがマタタビの気であることが分かり謎が解けたようでとても嬉しく思いました。

得に目立つ季節があったので、その時はマタタビの花が咲いていることを教えてくれていたようです。

場所によってはかなりたくさん見たので、かなり多く自生してたようです。

上のミヤママタタビ(深山木天蓼)は、2005年6月18日に、裏磐梯五色沼で写したものです。

スポンサーリンク

ミヤママタタビ(深山木天蓼)の特徴

ミヤママタタビ

ミヤママタタビ(深山木天蓼) 2005年6月18日 撮影 裏磐梯五色沼

ミヤママタタビ

ミヤママタタビ(深山木天蓼) 2005年5月31日 撮影 日光植物園

         
和名 ミヤママタタビ(深山木天蓼)
学名 Actinidia kolomikta
科名・属名 サルナシ科 マタタビ属
分布 北海道、本州(近畿地方以東)。南千島、サハリン、中国、アムールの亜寒帯
花期
特徴

深山に生える落葉のつる植物。

枝は髄のない部分があります。

若枝は良くのび細毛があります。

葉は互生。こずえの葉は特に白色、花後に赤色を帯びます。

雌雄異株。花は径1~1.5㎝の白色で芳香があり、雄花は集散花序、雌花は単性します。

マタタビに似るが葉の基部が心臓形のものが必ずまじります。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーサ行

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.