山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭造り

5月の山野草の庭の花とロックガーデンの高山植物

投稿日:2015年5月6日 更新日:

イワカラクサ

ロックガーデンの一部、イワカラクサ 2017年5月7日 撮影

5月の山野草の庭は、イングリッシュガーデンのような華やかさはありませんが、季節の山野草、高山植物が入れ替わりながら咲いてくれる素敵な季節です。

4月のサクラソウなどが終わった後は我が家のロックガーデンは、小さな高山植物があちこちで入れ替わりながら咲いてくれますが、この時期は山野草展があって庭の花を写す時間がなく山野草展が終わったころには盛りを過ぎた花が多くなってしまうので、数年をかけて5月らしいロックガーデンの様子が出せたらと思っています。

5月の連休は花が一番多い時期なのですが、思うように写真も写せないのは心残りですが、山野草の育て方の勉強ができる時期でもあります。

そんな合間を縫って写したロックガーデンの紹介ですが、年々ロックガーデンに咲いてくる花が増ええているのをうれしく思います。

スポンサーリンク

5月の山野草の庭の花とロックガーデンの高山植物

5月のロックガーデン花たち

イワカラクサはロックガーデンの好きなところに芽生え、植えてある山野草の間に花を咲かせてくれますが、その年によって綺麗にに咲く場所が変わってしまうので同じような写真を写すことが出来ません。毎年見ても一期一会の花です。

ヒメルリカンザシ

ヒメルリカンザシ 2017年5月7日 撮影

ヒメルリカンザシは、地中海沿岸からヨーロッパの高山帯の草地に生え、高さ3~10cmの匍匐性の常緑小低木で、リックがーでに最適な花です。日光を好むようで半日陰になるような場所では花付が良くありません。

オヤマナデシコ

オヤマナデシコ 2015年5月5日 撮影


ヨーロッパアルプスの標高1000~2500mの草地に自生するというオヤマナデシコですが、意外と元気で数年植え替えもしないでもロックガーデンに毎年咲いてくれるようになりました。

小さなロックガーデン

オヤマナデシコ、セキチク、 2015年5月2日 撮影

玄関前のミニロックガーデンに咲いたオヤマナデシコ、セキチク、ヒメエゾネギがきれいに咲いてくれました。

ナデシコ

Dianthus 2017年5月16日撮影

オヤマナデシコの種を播いた苗の中に混じっていた花で、詳しいことは分かりませんがとっても勝負で、可憐な花です。

ミニロックガーデンを作った時に植えたものが、1年を過ぎて大株になって咲きました。

150505_0918

アンドロサケ サルメントーサ 2015年5月5日 撮影

アンドロサケ サルメントーサは主に北半球の山岳地帯に自生する植物で「ツルハナガタ」の名前で流通しているよく知られた花です。

高山植物ですが育てやすい花で、かなり殖えてくれますのでロックガーデンに植えたら元気に育ってくれますが、2年に1度くらいの植え替えは必要なようです。

150505_0921

キバナヒメイカリソウ 2015年5月5日 撮影

150505_0929

キバナヒメイカリソウ 2015年5月5日 撮影

キバナヒメイカリソウは、南アルプスの限られた一部に稀産するという。黄花系小型種の谷川岳や至仏山のクモイイカリソウの花が葉の茂みの中に咲くのに比べ、此花は葉群から抜け出して咲く荒川岳ヒメキバナイカリソウという珍しい花のようです。

10年ほど前に苗を購入しましたが、1度花が咲いただけで苗だけが現にに育っていたので、数度株分けをして3年ほど前にロックガーデンい植えたところ、今年は数本の小さな花が咲いてくれてうれしい春になりました。


150505_0941

チシマタンポポ(千島蒲公英) 2015年5月5日 撮影

チシマタンポポ(千島蒲公英)キク科・ヤナギタンポポ属はヨーロッパ、アルプス山脈の標高2000~3000mの高山の岩場、砂礫に自生する多年草で、かなり丈夫で、あらゆるところにランナーを伸ばして増えますが、草丈が20センチくらいなのでロックガーデンの彩として欠かせないものになっています。

クリンソウ

クリンソウ 2017年5月1日 撮影

クリンソウはなじみの多い植物ですが、植え場所を選ぶので、育たないと思っている方もいるかと思いますが、湿地にのある程度日の当たるところを好む尺物であることを知れば、育てることが出来ます。

わが家のロックガーデンはかなり乾燥するので、普通のところに植えたのでは育ちませんが、この場所は池の代わりにメダカを飼うために蓮鉢を埋めてあります。メダカを止めて砂利などを入れて、上に用土を入れ湿地帯のようにしたので、サギソウ、トキソウなどは鉢を埋めていますが、その間にクリンソウを植えたところかなり元気に育っています。

160506_3679

ユウバリクモマグサ 2016年5月6日 撮影


ユウバリクモマグサ(夕張雲間草)は北海道(夕張岳)高山帯の蛇紋岩地に生え、シコタンソウとエゾノクモマグサの性質をあわせもつ雑種と考えられるようです。

高山植物の中では育てやすく、早い時期からロックガーデン上にしていました。

2016年は花付が良くロックガーデンでも見事衣割いてくれました。


150505_0956

屋久島シャクナゲ他 2015年5月5日撮影


150507_1028

屋久島シャクナゲ 2015年5月9日撮影


種から育てた屋久島シャクナゲで40年近く過ぎ、毎年きれいな花を見せてくれていますがかなり老木になってきたようで、枝枯れが起きています。

シャクナゲの寿命はあまり長くはないようですので、いつまで花が見られるかと思っています。


ガクウラジロヨウラク

ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞) 2015年5月5日撮影

小苗から育てたガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)も屋久島シャクナゲ同様、枯れ枝が出はじめています。

屋久島シャクナゲとほとんど同じくらいの年月をすごしてきた愛着のある花木たちです。

150509_1022

オノエマンテマ 2015年5月9日 撮影


オノエマンテマはシッキム地方からネパール、四川省にかけてのヒマラヤが原産の高山植物ですが、育てやすいことからかなり出回っています。

カーペットカスミソウの別名を持つように上手に育てるとカーペット上に花が咲いて見事ですが、我が家は植え替えを怠ったためにまばらに咲いています。


150509_1017

Dianthus 2015年5月9日 撮影


この花は購入した鉢に入っていたもので詳しいことがわからないままに育てているものです。


ペンステモン ヒルスタス

ペンステモン ヒルスタス 学名: Penstemon hirsutus  2014年5月20日 撮影

ペンステモン・ヒルスタスは北アメリカ原産の草丈20cm常緑の多年草で20年近く絶えないで咲いてくれますが、困るほど殖えないのが狭いロックガーデンではうれしい花です。

真夏も強い日差しの場所で元気にしていてくれ早い花が終わった5月の庭に地味な花を見せています。


160525_3806

ダイアンサス・ハエマトカリックス・ピンディコラ 2016年5月2日 撮影


極矮性種のダイアンサス・ハエマトカリックス・ピンディコラはかなり丈夫で、長いこと植え替えもしないのに夏の炎天下にも枯れることが無く、毎年きれいな花を見せてくれます。

高山性なので、関東地方のロックガーデンでは無理かと思って鉢植えにしていましたが、横に這う性質なのでロックガーデン向きだと思って下ろしたが正解だったようです。


ギンロバイ

ハクロバイ(ギンロバイ) 2016年5月2日 撮影

ハクロバイ(ギンロバイ)は本州(赤沢山、南アルプス、大台ヶ原)、四国(剣山)埼玉県赤沢山、南ア、剣山、石立山、大台ヶ 原山などの高山帯に自生しているとわかった時に、とても似ているキンロバイが北海道、本州中部以北の高山に生えると知った時と同じように驚きました。

花色が白のハクロバイと黄色のキンロバイは自生地が異なるようですが、とても似ています。

テッセン

テッセン 2016年5月4日 撮影

これは播いた覚えがないのですが、他の種の中に紛れていたのかもしれません。

中国原産のテッセン(鉄線)と言われているようですが、下のカザグルマとの交配によって、美しいクレマチスの花が生み出されているようです。

テッセンの原種の同定は専門家でも難しいようで、ほとんどが交配種になっているようなので、上の花も交配種のクレマチスかもしれません。

カザグルマ

カザグルマ 2016年5月2日 撮影

カザグルマは日本の自生種のようですが、ほとんど見られなくなっていることから、交配種との区別が難しいようです。上の花はカザグルマという種を購入して播いたものですが、そのようなことから、カザグルマとは断定できないようです。

テッセンに比べて花が大きいことから、華やかな園芸品種の交配親として使われることが多いようです。

テッセンもカザグルマも旧枝咲きであることから、花後に剪定を行いそれ以降は、乱れた枝を切るくらいにした方が良いようです。

クレマチスモンタナ

クレマチス・モンタナ 2017年5月1日撮影

クレマチス・モンタナは、桃色の4弁花が基本種で、中輪で花付がとても良い旧枝咲きタイプで、様々な園芸品種が出ているようです。剪定をあまりしないでも豪華に花が咲き丈夫で年々花付が多くなり見事になります。

カラマツソウ

カラマツソウ 2016年5月18日撮影

カラマツソウは10数年前にボタンカラマツと書いてあたものを購入したのですが、亜高山帯などでよく見かけるカラマツソウと同じような花が咲きます。

木陰に植えたまま植え替えもしていないので、種などで更新しないと絶えてしまいそうなので、なんとかしなければと思っています。

アッツザクラ

アッツザクラ 学名: Rhodohypoxis baurii  2014年5月20日 撮影

アッツザクラ(ロードヒポキシス)はヒガンバナ科 ロードヒボキシス属 の植物で南アフリカのレント王国にある高山ドラケンスベルクが原産地です。

晩春のころに咲き始めて花期が長いので嬉しい小型の球根植物です。

少し寒さに弱いようですが、北関東の我が家のロックガーデンで毎年咲いてくれます。

園芸植物がたくさんあり、色も豊富で、八重咲きもありますが、わが家で一番元気なのはこの色です。

鉢植えですと毎年植え替えが必要ですが、考えて見たら庭は植え替えないままで、数年が過ぎていますが、毎年綺麗に咲いてくれます。

オオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ 学名: Sisyrinchium graminoides  2014年5月8日 撮影

オオニワゼキショウはアヤメ科 ニワゼキショウ属の高さ20~30cmの多年草で北アメリカ原産です。

我が家は植えたことはないのですが、購入したものに種が付いてきたようで、日当たりの良いところに毀れ種で増えています。

繁殖力が強いので、育っても良い所のほかは抜いていますが、花の少ないときに涼しそうに咲いてくれるのが嬉しい花です。

アケボノフウロ

アケボノフウロ 学名: Geranium sanguineum  2014年5月20日 撮影

アケボノフウロはコーカサスを中心に自生する原種をもとにした品種群を、サンギネウム(sanguineum)系と 呼んでいて、流通名はアケボノフウロとも 呼ばれています。

この系統の一番の特徴は、花姿の美しさで、こんもりとしたやわらかなドーム状の草姿に多花性で一面に花をつけます。

自生のGeraniumは花姿が纏まいにくいのに比べて、コンパクトで自然に美しい草姿になり、性質も強健で育て易いのでロックガーデンに嬉しい植物です。

ピンクパンダ(イチゴ)

ピンクパンダ(イチゴ) 学名: Fragaria x Potentilla 'Pink Panda'  2014年5月14日 撮影


ピンクパンダはイチゴとキジムシロの属間交配で、イギリスで作出された花径2~3cm の四季咲きの宿根そうです。

日当たりを好み丈夫で良く殖えますが、花がきれいなので抜きながら育て柄います。

写真は少しいじけていますがもっときれいな花になります。

シレネ・アルペストリス

シレネ・アルペストリス 学名: Silene alpestris 2014年5月13日 撮影


シレネ・アルペストリスは地中海沿岸が原産の花弁の先が細裂した1センチくらいの白い花が可憐なロックガーデン向きの植物です。

花木センターで、花を見て歩いていた時に出会いあまりの可憐さに購入したものです。

日当たりが好きで一重は種で殖やすことが出来るようですが、わが家の花は八重なので、株分けで増やしています。

春の花が一段落した後に咲いてくれる可憐な花です。

ゲンペイコギク

ゲンペイコギク 学名: Erigeron karvinskianus 2014年5月16日 撮影


ゲンペイコギクは北アメリカ原産の エリゲロン カルビンスキアヌス と呼ばれる植物ですが、小さくかわいらしい花は、咲き始めは白で、次第にピンクに変化し、最盛期には2色咲きのように見える様から、別名 ゲンペイコギク(源平小菊)とも呼ばれています。

高さ10~30cmの耐寒性多年草で暑さにも寒さにも強い鋸権な植物ですが、花が終る頃切り込むと次々と花が咲くので嬉しい植物です。




by カエレバ

 
スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-庭造り

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.