山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

野山の山野草をたずねて

那須沼原湿原の夏の山野草

更新日:

栃木県那須岳の中腹に位置し、かっては馬も放牧されていた草原で、湿地はぼろぼろになっていたが、昭和49年に沼原調整池が完成する頃、貴重な湿原植生や、湿原に生息するクロサンショウウオの保護のため、湿原の整備、再生が進められて、標高約1230m、広さは南北に約380m、東西に約120mという本当にこぢんまりとした湿原が残りました。

整備された沼原湿原には四季折々の花が見られるようになり、たくさんの人が訪れる素晴らしいところになってきていました。

夏の沼原湿原は初めてで、早朝のハスを矢板の澤観音で写した後に行ったため人が少なかったが、帰る頃はたくさんの人とすれ違うようになって小さな湿原も花と人のあふれる素敵な夏を迎えていました。

2007.07.25 撮影

スポンサーリンク

沼原湿原の夏の山野草

サムネイル写真をクリックすると説明付きの画像が見られます。

7725003hasu
ハス
7725050hasutubomi
ハス
Img_4868hasu
ハス
7725214simotukesou
シモツケソウ
7725082noriutugi
ノリウツギ
7725212noriutugi
ノリウツギ
Img_4926kugaisou
クガイソウ
7725203oonumaharii
オオヌマハリイ
Img_4907inuhoozuki
イヌホオズキ
Img_4898hasutubomi_
ハス
7725031hasunomi
ハスの実
7725215kobaikeisou
コバイケイソウ
7725209nohanasyoubu
ノハナショウブ
7725101kugaisou
クガイソウ
7725222tidakesasi
チダケサシ
7725187noharaazami
ノハラアザミ
7725216simotuke
シモツケ
7725173nogiran
ノギラン
7725227yamaazisai
エゾアジサイ
                                           

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-野山の山野草をたずねて

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.