山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーハ行

ホザキシモツケ(穂咲下野)とシモツケ(下野)の比較

投稿日:

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ(穂咲下野)は、バラ科・シモツケ属で、北海道、本州(日光、霧が峰)の日当たりの良い山地の湿原に生え地下茎を伸ばして殖え、群生することが多い高さ1~2mになる落葉低木です。

日光戦場ヶ原付近はかなり群生していて花時は見事です。シモツケによく似た小さな花ですが、枝先に長さ6~15cmの円錐花序に咲く姿は魅力的です。

仲間のシモツケ(下野)は、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国の岩礫地など日当たりのよい所に自生する、高さ1mほどの落葉低木で、枝先に半球形の複散房花序を出し直径3~6㎜の小さな花を多数つけますが、分布域が広ので目にする機会の多い花だと思います。

上のホザキシモツケ(穂咲下野)は、2003年7月27日に戦場ヶ原で撮影したものです。


スポンサーリンク


ホザキシモツケ(穂咲下野)の特徴

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ(穂咲下野) 2003年7月27日 撮影 小田代原


         
和名 ホザキシモツケ(穂咲下野)
別名 アカヌマシモツケ
学名 Spiraea salicifolia
科名・属名 バラ科 シモツケ属
分布 北海道、本州(日光、霧が峰)、北半球北部
花期 6~8月
特徴

日当たりの良い山地の湿原に生え地下茎を伸ばして殖え、群生することが多い。

高さ1~2mになる落葉低木。

葉は互生し、葉身は長さ5~8cmの楕円状披針形、縁には鋭い単鋸歯または重鋸歯があります。

枝先に長さ6~15cmの円錐花序を出し、直径5~8㎜の淡紅色の花を多数つけ、花弁は長さ2~3㎜の円形または広楕円形で、先端は丸く無毛。雄蘂は多く、花弁の2倍近い長さがあります。

シモツケ(下野)の特徴

シモツケ

シモツケ(下野) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園


シモツケ

シモツケ(下野) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原


         
和名 シモツケ(下野)
別名 キシモツケ
学名 Spiraea japonica
科名・属名 バラ科 シモツケ属
分布 本州、四国、九州、朝鮮半島、中国
花期 5~8月
特徴

岩礫地など日当たりのよい所に自生する、高さ1mほどの落葉低木。

葉は互生し、葉身は長さ3~8cm、幅2~4cmの狭卵形~卵形または広卵形。先端は尖り基部は円形~くさび形、ふちには不ぞろいな重鋸歯があります。

枝先に半球形の複散房花序を出し直径3~6㎜の小さな花を多数つける。花弁は広卵形~円形で、淡紅色、紅色、濃紅色、まれに白色と変化が多い。

名前の由来は下野産のものが古くから栽培されていたことによるといいます。

シモツケ

シモツケ(下野) 2007年7月25日 撮影 那須沼原


シモツケ

シモツケ(下野) 2003年7月27日 撮影 戦場ヶ原


スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ーハ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.