山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

野山の山野草をたずねて

根本山いきものふれあいの里の秋の花たち

更新日:

「根本山いきものふれあいの里」は栃木県真岡市東部の根本山(標高165m)に位置し、約20haの面積があり、雑木林や草原、水辺などの里山の自然に、様々な生き物たちが暮らしています。

自然とのふれあいを通して、自然の大切さや、自然と人とのかかわりなどを考えることを目的にして多少手を加えているが、ほとんど自然はそのままに残されています。

また、30年~40年前に植えられたというシキザクラが有名ですがこの日は綺麗な花に出会うことができなかったのは、少し残念だったが、より考えさせられる出来事に会いました。

シキザクラを見にきていた4~5人の女性の方が1部に群生していたセンブリを我先にと全部抜いてしまったのです。

少し遠くにいたので気がつき行って見ると抜き去った後で、自慢げに抜いた花を見せてくれたのにはびっくりしてしまいました。

自生の植物を大切にしようなどと言う心も、公園内の花を抜いてはいけないという気持ちもないのです。

もちろん注意をしたら分かってくれたようだが、このような状況の中で里山をどのように守るのだろうかと考えただけで、心の痛む思いでした。

この施設を管理しているところに電話で話しては置いたが、管理などされていない里山の花など守りようがないことを身を持って感じさせられた出来事でした。

2006.10.30 撮影

スポンサーリンク

根本山の秋の花たち

サムネイル写真をクリックすると説明付きの画像が見られます。

sikizakura
シキザクラ
sikizakura2
シキザクラ
akinokirinsou
アキノキリンソウ
kantouyomena
カントウヨメナ
hikageinokozuti
ヒカゲイノコズチ
zenmai
ゼンマイ
konasubi
コナスビ
gamazumi
ガマズミ
senburi
センブリ
huyunohanawarabi
フユノハナワラビ
                                              

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-野山の山野草をたずねて

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.