山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

ヤマアジサイ(九重山)の育て方|ヤマアジサイ、変種のエゾアジサイ、ガクアジサイの特徴

投稿日:2017年3月27日 更新日:

ヤマアジサイ(九重山)

ヤマアジサイ(九重山)は、大分県に自生するヤマアジサイに、羅紗斑の入ったもので、花が小さく、山野草愛好家に好まれています。

ヤマアジサイは、福島県から四国・九州に分布する落葉低木で、花の咲き方は中心部に小さな花が集まって咲き、 その周りを花弁状のガクである「装飾花」が取り囲むように咲き、ガクアジサイに比べて花が小さく小型で、様々な銘品が生み出されています。

下にヤマアジサイ(山紫陽花)、ヤマアジサイが日本の多雪地帯に適応した変種と考えられているエゾアジサイ海岸地帯の強い陽射しと潮風に対する、適応力を発達させた種と言われるガクアジサイ(萼紫陽花)の写真と特徴を載せています。

コアジサイ(小紫陽花)、タマアジサイ(玉紫陽花)、セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)は別のページに載せています。

上のヤマアジサイ(九重山)は、自宅で2007年6月8日に撮影した花です。

スポンサーリンク

ヤマアジサイ(九重山 羅紗斑)の特徴と育て方

ヤマアジサイ(九重山)

ヤマアジサイ(九重山) 2007年6月4日 撮影 栽培品

           
和名 ヤマアジサイ(九重山)
学名 Hydrangea serrata
科名・属名 アジサイ科 アジサイ属
分布 大分県
花期 5~6月
特徴

大分県に自生するヤマアジサイに、羅紗斑の入ったもの。

ヤマアジサイは関東地方以西の本州、四国、九州、朝鮮半島に分布するアジサイの一種です。

一般的なアジサイに比べると、小型のものが多く、葉には光沢がないようです。

葉は楕円形で互生ですが、枝先に5枚が集まってつくので輪生しているように見えます。

育て方

用土はあまり選びませんが、硬質赤玉土や、硬質鹿沼土などを主体に軽石土などを混ぜて使っています。

植え付けの適期は、休眠期の11月~3月です。

ヤマアジサイは、花つきをよくするには午前中くらいは日の当たる場所が適します。

庭植えの場合は、木の下などで、極端に乾燥する場所を避けて、湿り気のある明るい半日陰に植えつけます。

落葉後すぐか3月下旬、もしくは花後に2~3年に1回植え替え、用土の通気性をよくします。

寒肥として、有機質の肥料と草木灰を施し、5月頃に油粕などを施します。

アジサイは花を咲かせるための剪定が大切です。

花後に花がら摘みと合わせて、今年伸びた新梢の芽を3~5個残し剪定します。落葉前後に切り詰めると、樹形を小さくすることができ、枝下に残る大きい芽から花を咲かせることができます。

古くなり太く木化した茎は、2月上旬~3月上旬に整理します。

殖やすのは挿し木によります。3月~4月に前年枝を用いての春ざしもできますが、6月ごろに太い枝を用い、葉を葉分ほど切り落として挿しています。

アジサイは酸性土では、青色、アルカリ性用土では赤みがかった花色になります。

ヤマアジサイ(山紫陽花)の栽培品

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ 2007年6月4日 撮影 栽培品

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ 2017年5月27日 撮影 栽培品

いただいた花で詳細は分かりませんが、白花からピンクがかったいることから「紅額 ( ベニガク )」やあの特徴から「アマチャ」なども候補に挙がりますが、ガクアジサイとアマチャの区別は見た目では区別ができないようです。

ヤマアジサイ(山紫陽花)の特徴

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ(山紫陽花) 2008年6月31日 撮影 栃木大平山
ベニガクアジサイ ヤマアジサイの園芸品種

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ(山紫陽花) 2003年7月18日 撮影 赤城山

         
和名 ヤマアジサイ(山紫陽花)
別名 サワアジサイ
学名 Hydrangea serrata
科名・属名 アジサイ科 アジサイ属
分布 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮半島南部
花期 6月~7月
特徴

山地の谷沿いや湿った斜面などに自生する。高さ1~2mの落葉低木。

葉は対生、葉身は長さ10~15cm、幅5~10cmの長楕円形~卵状楕円形。先は長く尖り、基部はくさび形~円形。ふちの鋸歯は三角状のやや粗いものから、波状のものまで変化があります。

花は枝先に直径5~10cmの集散花序を出し、両性花のまわりを装飾花がとり囲み、装飾花は1.5~3cm。萼弁は3~4個、楕円形~円形で、基部は細まります。

ヤマアジサイの変種のエゾアジサイ(蝦夷紫陽花)

エゾアジサイ

エゾアジサイ(蝦夷紫陽花) 2003年8月3日 撮影 志津温泉


ヤマアジサイ

エゾアジサイ(蝦夷紫陽花) 2007年7月25日 撮影 沼原


         
和名 エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)
別名 ムツアジサイ
学名 Hydrangea srrata var. megacarpa
科名・属名 アジサイ科 アジサイ属
分布 北海道、本州(日本海側)、九州
花期 6月~8月
特徴

葉は対生、葉身は長さ10~17cm、幅6~10cmの広楕円形~卵状広楕円形。先は鋭く尖り、基部は広いくさび形~切形。縁にはやや大きな鋸歯があります。葉柄は長さ2~5cm。

枝先に直径10~17cmの散房花序をつけます。

装飾化は青色~淡青色で直径2.5~4cm。

山地に生える落葉低木。

ヤマアジサイが日本の多雪地帯に適応した変種と考えられているようです。

ガクアジサイ(萼紫陽花)の特徴

ガクアジサイ

ガクアジサイ(萼紫陽花) 2003年6月1日 撮影 散歩道


         
和名 ガクアジサイ(萼紫陽花)
学名 Hydrangea macrophylla form. normalis
科名・属名 アジサイ科 アジサイ属
分布 日本の暖地の海岸沿いに自生
花期 6月~7月
特徴

暖地の海岸に生え、また観賞用に栽植する落葉低木。高さ2~3mになり、枝は太い。

葉は対生し、広卵形で厚く光沢があり、長さ7~20cm。

花は枝先に集まり、萼弁4~5枚からなる装飾花を周囲につけます。

両性花は萼弁と花弁が5枚、雄蕊は10本、宿存性花柱が3~4本あります。

和名は装飾花を額にたとえた名。

ガクアジサイは、海岸地帯の強い陽射しと潮風に対する、適応力を発達させた種と言われます。

ヤマアジサイ(九重山)まとめ

ヤマアジサイは明るい、湿り気のある日陰が適しています。

花後の剪定によって翌年の花付が変わるので、適切な剪定を行うことが大切です。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-庭木や盆栽の花木・実物の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.