山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

クモイキンポウゲ?の育て方|仲間のミヤマキンポウゲ、ヤエミヤマキンポウゲ、ウマノアシガタ、ハイキンポウゲ、キツネノボタンの特徴

更新日:

クモイキンポウゲ

クモイキンポウゲは、ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)を全体に小さくしたような姿で、とても可憐で素敵な花ですが、詳しいことがわかっていません。

山野草を育てている友人からいただいたものですが、図鑑を調べても、ネットで調べても名前が出てきません。しかし花を見ただけでキンポウゲの中間であることは間違いがありません。どなたかお分かりの方お教えいただけると嬉しいと思います。

このページには同じ仲間の礼文島や大雪山で写したミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)、ヤエミヤマキンポウゲ(八重深山金鳳花)の特徴の他、ウマノアシガタ(馬の脚形)、ハイキンポウゲ(這金鳳花)、キツネノボタン(狐の牡丹)の特徴を載せています。

上のクモイキンポウゲは、自宅で2006年6月15日に撮影したものです。

スポンサーリンク

クモイキンポウゲの特徴と育て方

クモイキンポウゲ

クモイキンポウゲ 2005年5月18日 撮影 栽培品

クモイキンポウゲ

クモイキンポウゲ 2005年5月18日 撮影 栽培品

   
和名 クモイキンポウゲ
学名 Ranunculaceae
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 不明
花期 5月
特徴

ミヤマキンポウゲより、枝も細く葉も丈も小さく可憐な花が咲きます。

高さ12cm。

クモイキンポウゲという花をいただき、とってもきれいな花が咲くのですが、調べても分かりません。

分かる方がいましたら教えていただけたらと思います。

育て方

詳しいことが分からないが他の高山植物と同じように、軽石、富士砂、日光砂などを適当に混ぜた用土に硬質鹿沼土を加えて育てています。

元肥にマグァンプK を入れて植えます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回液肥をやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

ロックガーデン植えにしても、枯れないで元気に咲いてくれます。

意外と丈夫で、花も素敵なのですが、名前が分からないのが残念です。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)の特徴

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) 2006年8月4日 撮影 月山

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) 2006年7月4日 撮影 礼文島

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)葉 2006年7月4日 撮影 礼文島

   
和名 ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
学名 Ranunculus acris var. nipponicus
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 北海道、本州(中部地方以北)。日本固有
花期 7~8月
特徴

亜高山帯~高山帯の湿った草地に生える多年草。

高さ10~50㎝。茎は1~数個が叢生し、上部で分枝します。

根生葉は数個、長い柄があり、上向きまたは寝た毛がある。葉身は幅2.5~8㎝で3深裂、側裂片はさらに2中裂します。

花は直径1.5~2㎝で花序は集散状、花は数個。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)葉 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) 2004年8月4日 撮影 乗鞍畳平

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)葉 2004年8月4日 撮影 乗鞍畳平

大雪山系黒岳と礼文島のヤエミヤマキンポウゲ(八重深山金鳳花)の特徴

ヤエミヤマキンポウゲ

ヤエミヤマキンポウゲ(八重深山金鳳花) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

ヤエミヤマキンポウゲ

ヤエミヤマキンポウゲ(八重深山金鳳花) 2006年7月4日 撮影 礼文島

   
和名 ヤエミヤマキンポウゲ(八重深山金鳳花)
学名 Ranunculus acris var. nipponicus
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 北海道、本州(中部地方以北)。日本固有
花期 7~8月
特徴

亜高山帯~高山帯の湿った草地に生える多年草。

高さ10~50㎝。茎は1~数個が叢生し、上部で分枝します。

根生葉は数個、長い柄があり、上向きまたは寝た毛がある。葉身は幅2.5~8㎝で3深裂、側裂片はさらに2中裂します。

花は直径1.5~2㎝で花序は集散状、花は数個。

八重咲き品はヤエミヤマキンポウゲと呼ばれます。

ウマノアシガタ(馬の脚形)の特徴

ウマノアシガタ(馬の脚形)

ウマノアシガタ(馬の脚形) 2003年5月3日 撮影 花之江の郷

ウマノアシガタ(馬の脚形)

ウマノアシガタ(馬の脚形) 2004年5月29日 撮影 日光植物園

ウマノアシガタ(馬の脚形)

ウマノアシガタ(馬の脚形) 2003年7月18日 撮影 赤城山

   
和名 ウマノアシガタ(馬の脚形)
別名 キンポウゲ(金鳳花)
学名 Ranunculus japonica
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 4~5月
特徴

高さ30~70㎝の多年草。

根生葉は長い柄があり、掌状に3~5裂し、裂片はさらに浅く裂けます。

花は直径1.5~2㎝。花弁は黄色で光沢があります。

和名のウマノアシガタは根生葉を馬のひづめに見立てたといわれるが、あまり似ていない。

別名の金鳳花は花の色に由来し、本来は八重咲きの品種をさしたと言われます。

ハイキンポウゲ(這金鳳花)の特徴

ハイキンポウゲ(這金鳳花)

ハイキンポウゲ(這金鳳花) 2004年5月29日 撮影 日光植物園

ハイキンポウゲ(這金鳳花)

ハイキンポウゲ(這金鳳花) 2004年5月29日 撮影 日光植物園

   
和名 ハイキンポウゲ(這金鳳花)
学名 Ranunculus repens
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 北半球の冷温帯から亜寒帯に広く分布する
花期 5月~6月
特徴

関東地方北部以北、北海道の原野の湿り気の多い土地に生える多年草。

茎は長い匍匐枝を出して繁殖します。高さ15~50㎝。

根生葉は柄があり、茎はは無柄。両面にねた毛があります。

花は直径2cmくらいの黄色の花を開く。花弁は5枚を平開。

和名這金鳳花は茎が這うから。

キツネノボタン(狐の牡丹)の特徴

キツネノボタン(狐の牡丹)

キツネノボタン(狐の牡丹) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園

キツネノボタン(狐の牡丹)

キツネノボタン(狐の牡丹) 2005年9月2日 撮影 三国山

キツネノボタン(狐の牡丹)

キツネノボタン(狐の牡丹) 2005年9月2日 撮影 三国山

   
和名 キツネノボタン(狐の牡丹)
学名 Ranunculus puelpaertensis
科名・属名 キンポウゲ科 キンポウゲ属
分布 日本全土
花期 4~7月
特徴

田の畦や流れのふちなどに多い高さ30~60㎝の多年草。

葉は3出複葉。小葉はさらに3裂するが、ケキツネノボタンより切れ込みが浅く、鋸歯もあまり尖らない。

花は直径1~1.5㎝。

花そう果の先が巻くのが特徴。

クモイキンポウゲ、ミヤマキンポウゲのまとめ

クモイキンポウゲは、詳細が何もわかっていませんが、ミヤマキンポウゲを全体に小さくしたような可憐でとてもバランスの良いとても素敵な花です。

名前からミヤマキンポウゲより高山性の物のような感じのする花です。ミヤマキンポウゲは八重咲もあるように変種という可能性もあるのでしょうが、何も分からないことから不明と書いておくしかありません。

ミヤマキンポウゲは、大雪山、礼文島、乗鞍岳なので亜高山帯から高山帯で普通に見られるなじみのある花で、光沢のある花が魅力的です。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-春の花・山野草の育て方
-,

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.