山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)、ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)、カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)の比較

更新日:

コバノイチヤクソウ

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)は、北海道、本州の中部地方以北の亜高山帯の針葉樹林内に生え、高さ10~15㎝になります。

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)は、北海道、本州の中部地方以北の亜高山帯の林内に生える常緑の多年草ですが、ベニバナイチヤクソウはかなりの群生を作るようです。

カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)は、北海道、本州の東北地方、南千島、サハリンなどの亜高山帯~高山帯の草地や砂礫地に生える常緑多年草ですから北地に自生するようです。礼文島で出会いましたが、まだ蕾の状態でした。

これらはいずれも栽培ができないと言われていたようですが、実は、葉緑体も持っており、光合成もおこなうのですが菌根菌を介して他の植物に半寄生しているようです。

陸上植物の8割以上が菌根菌と共生しているといわれているようで、栽培の仕方によっては栽培が可能のようです。

私はかなり前にイチヤクソウを育てたことがありますが、庭木の下で数年間元気に育っていました。

また、ベニバナイチヤクソウも普通の植物を育てるような説明で、販売されているのを見ると育てることは可能なのだろうと思います。

ツツジ科・ギンリョウソウ属のギンリョウソウ属のギンリョウソウ(銀竜草)の特徴を載せています。

上のコバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)は、2005年8月11日に尾瀬で撮影した花です。

スポンサーリンク

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)の特徴

コバノイチヤクソウ

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原

         
和名 コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)
学名 Pyrola alpina
科名・属名 ツツジ科 イチヤクソウ属
分布 北海道、本州(中部地方以北)
花期 7月~8月
特徴

亜高山帯の針葉樹林内に生え、高さ10~15㎝になります。

葉は柄があり、楕円形または円形、長さ1.5~3㎝、幅1.3~2.5㎝で長さが幅より長い。

花茎の先に直径1~1.3㎝の白色の花を3~7個つける。萼片は3角形で先が尖り、長さ幅とも約1㎜。

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)の特徴

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) 2004年6月19日 撮影 草津 弓池湿原

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) 2005年6月18日 撮影 裏磐梯五色沼

         
和名 ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)
学名 Pyrola asarifolia ssp. incarnata
科名・属名 ツツジ科 イチヤクソウ属
分布 北海道、本州(中部地方以北)
花期 6月~7月
特徴

亜高山帯の林内に生える常緑の多年草。

葉は根ぎわに2~5個つき長い柄を持ち、広楕円形で長さ3~4.5cm。幅2~3.5cm、目立たない鋸歯があります。

高さ20cmほどの花茎の先に総状花序をつくり、多数の桃色の花をつけます。花冠は直径1.3cmほど。

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) 2005年6月18日 撮影 裏磐梯五色沼

ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園

カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)の特徴

カラフトイチヤクソウ

カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草) 2006年7月3日 撮影 礼文島

         
和名 カラフトイチヤクソウ(樺太一薬草)
学名 Pyrola faurieana
科名・属名 ツツジ科 イチヤクソウ属
分布 北海道、本州(東北地方)。南千島、サハリン
花期 7月~8月
特徴

亜高山帯~高山帯の草地や砂礫地に生える常緑多年草。

高さ10~20㎝。葉身は厚く、長さ2.5~4㎝。萼片はほぼ3角形、先は尖ります。

花は10~20個つき、花冠は淡紅紫色。

ギンリョウソウ(銀竜草)の特徴

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ(銀竜草) 2003年7月5日 撮影 田代山


         
和名 ギンリョウソウ(銀竜草)
別名 ユウレイタケ
学名 Monotropastrum humile
科名・属名 ツツジ科 ギンリョウソウ属
分布 日本各地、朝鮮、樺太
花期 5~8月
特徴

銀白色の全草を白い竜に見立ててこの名が付いた。

山地のほの暗い林下に生える腐生植物で、葉緑素がなく根のほかはすべて銀白色です。

根は細く分枝して褐色の塊になります。

高さ20cm位。葉の退化した鱗片葉が多数互生します。

花冠の裂片は筒状で3~5個。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ータ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.