山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

大雪山系黒岳で出会ったエゾツツジ(蝦夷躑躅)とキバナシャクナゲ(黄花石楠花)

投稿日:2017年6月25日 更新日:

エゾツツジ

エゾツツジ(蝦夷躑躅)はエゾツツジ属またはツツジ属の落葉低木です。北海道、本州の八幡平、岩手山、秋田駒ガ岳、神室山の高山帯の風衝岩礫地に生える落葉性の小潅木です。

葉は倒卵形、裏面とふちに剛毛があり、倒卵形の葉は小さく、他のツツジの仲間とは違った形をしていますが、花はよく見かけるツツジの花で、他のツツジの仲間との違いはあまり感じません。

キバナシャクナゲ(黄花石楠花)は小形の常緑低木で、幹が横に伏すため、高くならず20~50cmで、黄色の石楠花ですが、高山の強い光線や激しい乾燥から葉を守り、蒸散作用を制御し、強風に耐えるため葉が裏面に巻いています。

写真で見る花は特別の違いはないようですが、高山帯の風衝岩礫地に生えている花は人を寄せ付けない高貴さを持っていました。

上のエゾツツジ(蝦夷躑躅)は、2005年7月14日に大雪山系黒岳で撮影したものです。

スポンサーリンク


エゾツツジ(蝦夷躑躅)の特徴

エゾツツジ

エゾツツジ(蝦夷躑躅) 秋田駒ガ岳

         
和名 エゾツツジ(蝦夷躑躅)
学名 Rhododendron camtschaticum, Therorhodion camtschaticum
科名・属名 ツツジ科 ツツジ属(エゾツツジ属)
分布 北海道、本州(八幡平、岩手山、秋田駒ガ岳、神室山)。北太平洋地域
花期 7~8月
特徴

高山帯の風衝岩礫地に生える落葉性の小潅木。

根茎は地中を這い枝は細かく分枝して高さ5~30cmになり、全体に褐色の腺毛があります。

葉は倒卵形、裏面とふちに剛毛があります。

夏、枝先に2~3個の紅紫色で、上側の花弁に暗紅色の細点のある花をつけます。

キバナシャクナゲ(黄花石楠花)の特徴

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ(黄花石楠花) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

         
和名 キバナシャクナゲ(黄花石楠花)
学名 Rhododendron aureum
科名・属名 ツツジ科 ツツジ属
分布 北海道、本州中部以北の高山帯
花期 7~8月
特徴

小形の常緑低木で、幹が横に伏すため、高くならず20~50cm。

葉は互生し、輪生状に枝の先に多数密生します。

高山の強い光線や激しい乾燥から葉を守り、蒸散作用を制御し、強風に耐えるため葉が裏面に巻いています。

夏に花弁が5つの黄色の花を数個横向きに開きます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-自然の中の花科名ータ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.