山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

コメツツジ、オオコメツツジ、チョウジコメツツジの比較

投稿日:

コメツツジ

コメツツジ(丁字米躑躅)、オオコメツツジ(大米躑躅)、チョウジコメツツジ(丁字米躑躅)はツツジ科・ツツジ属で、オオコメツツジ、チョウジコメツツジはコメツツジの変種になります。

コメツツジとオオコメツツジはよく似ていますが、花の形で区別できそうです。コメツツジの花冠は長さ10㎜の筒状漏斗形で、5中裂、雄蘂は5個、花冠からつきでるのに比べ、オオコメツツジは、葉が長さ1.5~4.5㎝と少し大きく、花冠は直径5~8㎜地少し小さく、株によって先が4裂のものと5裂のものがあるようですが、私が写した個体は4裂でした。

チョウジコメツツジ(丁字米躑躅)は同じ仲間ですが、花が筒状であることから区別できます。

上のコメツツジ(丁字米躑躅)は、2003年7月18日に赤城山で撮影したものです。


スポンサーリンク


コメツツジ(丁字米躑躅)の特徴

         
和名 コメツツジ(丁字米躑躅)
学名 Rhododendron tschonoskii
科名・属名 ツツジ科 ツツジ属
分布 北海道、本州、四国、九州、千島、朝鮮半島
花期 6月~8月
特徴

山地~亜高山帯の岩場や風衝草原などに自生します。

高さ0.3~2mの落葉または半常緑低木。

葉は互生し、葉身は長さ1~3cm、幅5~14㎜の楕円形または倒卵形。両面やふちには淡褐色の毛が生えます。

枝先に白い小さな花をつけます。花冠は長さ約10㎜の筒状漏斗形で、5中裂します。雄蘂は5個、花冠からつきでる。

オオコメツツジ(大米躑躅)の特徴

オオコメツツジ

オオコメツツジ(大米躑躅) 2005年8月4日 撮影 八方尾根


         
和名 オオコメツツジ(大米躑躅)
学名 Rhododendron tschonoskii var. trinerve, Rhododendron tschonoskii subsp. trinerve
科名・属名 ツツジ科 ツツジ属
分布 本州(山形~滋賀県、主に日本海側)。日本固有
花期
特徴

低山帯~亜高山帯の尾根筋や湿原のふちなどに生える落葉低木。

葉は互生し、長さ1.5~4.5㎝。3本の脈が目立ち、両面とふちに毛があります。短い葉柄があって枝先に集まってつきます。

花は夏、枝先に散形状に開き、花冠は直径5~8㎜、株によって先が4裂のものと5裂のものがあり、雄しべは前者4本、後者が5本。

コメツツジの変種。

チョウジコメツツジ(丁字米躑躅)の特徴

チョウジコメツツジ

チョウジコメツツジ(丁字米躑躅) 2007年7月21日 撮影 坪庭


         
和名 チョウジコメツツジ(丁字米躑躅)
学名 Rhododendron tschonoskii var. tetramerum
科名・属名 ツツジ科 ツツジ属
分布 本州(中部地方)。 日本固有。
花期 7月~8月上旬
特徴

亜高山帯~高山帯下部の岩場や岩隙などに生える落葉低木。

花冠は筒状、裂片は短い。

葉の両面に圧着する剛毛があります。

コメツツジの変種。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ータ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.