山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

タカトウダイ、ハクサンタイゲキ、オオニシキソウの比較

更新日:

タカトウダイ

タカトウダイはトウダイグサ科、トウダイグサ属で、本州、四国、九州の山野に生える高さ30~80cmの多年草です。

ハクサンタイゲキ(白山大戟)も同じ仲間で、本州(東北地方、関東地方北部~中部地方の日本海側)の低山帯~高山帯の開けた草地に生える多年草で日本固有種です。

オオニシキソウ(大錦草)も同じ仲間ですが、北アメリカ原産の帰化植物で、路傍、耕地、川の土手などに生える1年草です。

何れも似た感じがありますが、タカトウダイは名前のように背丈が高く、ハクサンタイゲキの序の腺体は4個、黄褐色で腎臓形、果実にいぼ状の突起と長くて白い毛が散生します。

オオニシキソウの腺体は円形で、腺体の付属帯は良く発達し、花びらのように見えます。

上のタカトウダイは、2004年7月2日に霧が峰高原で撮影した花です。

スポンサーリンク

タカトウダイ(高灯台)の特徴

タカトウダイ

タカトウダイ(高灯台) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

     
和名 タカトウダイ(高灯台)
学名 Euphorbia pekinensis
科名・属名 トウダイグサ科 トウダイグサ属
分布 本州、四国、九州
花期 6月~8月
特徴

山野に生える高さ30~80cmの多年草。

茎や葉に白色の乳液をふくみます。

葉は互生し、長楕円状披針形で長さ3~6cm。

茎の先に4~5個の葉を輪生し、中心から数個の柄を出し、長さ1~4cmの総苞葉に囲まれた、小さな壷形杯状花序をつけます。

蒴果の表面にいぼ状突起があります。

昔の灯火の台に姿が似たトウダイグサの仲間で背が高い。

ハクサンタイゲキ(白山大戟)の特徴

ハクサンタイゲキ(白山大戟)

ハクサンタイゲキ(白山大戟) 2005年8月4日 撮影 八方尾根

     
和名 ハクサンタイゲキ(白山大戟)
別名 ミヤマノウルシ、オゼヌマタイゲキ
学名 Euphorbia togakusensis
科名・属名 トウダイグサ科 トウダイグサ属
分布 本州(東北地方、関東地方北部~中部地方の日本海側)。日本固有
花期 6~7月
特徴

低山帯~高山帯の開けた草地に生える多年草。

高さ40~50㎝。

花序の腺体は4個、黄褐色で腎臓形。

果実にいぼ状の突起と長くて白い毛が散生します。

オオニシキソウ(大錦草)の特徴

オオニシキソウ

オオニシキソウ(大錦草) 2005年9月13日 撮影 渡良瀬川土手(桐生)

     
和名 オオニシキソウ(大錦草)
学名 Euphorbia maculata
科名・属名 トウダイグサ科 トウダイグサ属
分布 北アメリカ原産
花期 6~11月
特徴

路傍、耕地、川の土手などに生える1年草。

茎は淡紅色を帯び、直立しアーチ状で高さ18~63㎝。

葉は対生し、長さ1.5~3.5㎝の長楕円形で基部は左右が非常にに不ぞろい。

杯状花序は枝先にまばらにつきます。

腺体は円形。腺体の付属帯は良く発達し、花びらのように見えます。

蒴果は直径約1.7㎜の卵球形で無毛。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ータ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.