山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

アカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)とコミカンソウ属のコミカンソウ

更新日:

アカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)

アカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)は、トウダイグサ科・エノキグサ属(アカリファ属)でマレー半島原産、葉は広卵形で光沢があり、葉腋から長さ30~50cmで鮮赤色の穂状の花が垂れさがるので目に付きます。

寒さに弱いので、鉢植えで栽培され冬は室内で管理するようです。

コミカンソウ(小蜜柑草)はトウダイグサ科・コミカンソウ属で、本州、四国、九州、沖縄の畑や道端に生える高さ5~10㎝の1年草です。名前は果実を小さな蜜柑に見立てたとか、ミカンのような可憐な形をした果実がとてもかわいい雑草です。

上のアカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)は、2003年12月8日に井頭公園(熱帯生態館)で撮影したものです。

スポンサーリンク

アカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)の特徴

         
和名 アカリファ・ヒスピダ(ベニヒモノキ)
別名 ベニヒモノキ
学名 Loiseleuria procumbens
科名・属名 トウダイグサ科 エノキグサ属(アカリファ属)
分布 マレー半島
花期 夏(温室では冬でも見られることがある。)
特徴

花序は20~50cm。温室地植えでは2~3m

明治の末期に渡来しました。

普通は鉢植えで栽培されます。

葉は広卵形で光沢があり、葉腋から長さ30~50cmで鮮赤色の穂状の花が垂れさがるので目に付きます。

コミカンソウ(小蜜柑草)の特徴

コミカンソウ(小蜜柑草)

コミカンソウ(小蜜柑草) 2007年9月1日 撮影 鉢の中に生えた


     
和名 コミカンソウ(小蜜柑草)
学名 EPhyiianthus urinaria
科名・属名 トウダイグサ科 コミカンソウ属
分布 本州、四国、九州、沖縄
花期 7月~10月
特徴

名前は果実を小さな蜜柑に見立てた。

畑や道端に生える高さ5~10㎝の1年草。

茎は赤みを帯び、多くの横枝を出してその両側に葉が規則正しく互生するので、羽状複葉のように見えます。

葉は長さ0.6~1.5㎝の長楕円形~倒卵形。

花は小さかったようで見落としてしまいました。

蒴果は直径約2.5㎜で赤褐色。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ータ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.