スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

ミミナグサ(耳菜草)の育て方|仲間のクモマミミナグサとオオミミナグサの特徴

ミミナグサ

ミミナグサ(耳菜草)は、道ばたや畑などに生えるナデシコ科ミミナグサ属の植物ですが、一つの花を見るととてもデリケートで可憐な花です。

この花は種をいただいて播いたものなので、わが家の庭に絶やすことなくいてほしいと思ている花です。

下には八方尾根で写してきた、クモマミミナグサ(雲間耳菜草)と礼文島で写した、ミミナグサの基本種というオオミミナグサ(大耳菜草)を載せています。

上のミミナグサ(耳菜草)は自宅で2007年4月1日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ミミナグサ(耳菜草)の特徴と育て方

ミミナグサ

ミミナグサ(耳菜草) 2006年4月18日 撮影 栽培品

   
和名ミミナグサ(耳菜草)
学名Cerastium holosteoides var. hallaisanense
科名・属名ナデシコ科 ミミナグサ属
分布日本全土
花期4~6月
特徴

茎高さ15~30cmの多年草。全体に短毛があり、茎の上部や萼片には腺毛が混じる。茎は普通暗紫色を帯びます。

葉は長さ1~4cmの卵形~長楕円形。

花はまばらにつき、花柄はやや長い。

蒴果は長さ約8㎜の円柱形で、先端が10裂します。

目立たない花だが、写真を写してみるととても繊細で美しい花です。写真美人の好きな花です。

育て方

道ばたや畑などに生えるというので、あまり気を使わず育てています。

ロックガーデンの日に当たる場所に種を零して数本生えています。多くなった分は抜いているので、零れ種からの苗が花を咲かせているというのが現状です。

芳ヶ平湿原手前で写したミミナグサ(耳菜草)

ミミナグサ(耳菜草)

ミミナグサ(耳菜草) 2004年6月19日 撮影 草津 芳ヶ平湿原手前

ミミナグサ(耳菜草)

ミミナグサ(耳菜草) 2004年6月19日 撮影 草津 芳ヶ平湿原手前

ミミナグサ(耳菜草)まとめ

道ばたや畑などに生える雑草のようなミミナグサも高山帯の砂礫地や岩場に生える、クモマミミナグサも花の形は似ていてととも可憐です。

しかし、ミミナグサは草丈が高く花もまばらですが、クモマミミナグサは丈が低く花がこんもりと咲くさまは感動的でした。

でも、苦労せずにみられるミミナグサの透き通るような花びらはとても魅力的なので、毎年庭で出会うのが楽しみにしている花です。


クモマミミナグサ(雲間耳菜草)の特徴

クモマミミナグサ(雲間耳菜草)

クモマミミナグサ(雲間耳菜草) 2005年8月4日 撮影 八方尾根

クモマミミナグサ(雲間耳菜草)

クモマミミナグサ(雲間耳菜草) 2005年8月4日 撮影 八方尾根

クモマミミナグサ(雲間耳菜草)

クモマミミナグサ(雲間耳菜草) 2003年8月23日 撮影 八方尾根

クモマミミナグサ(雲間耳菜草)

クモマミミナグサ(雲間耳菜草) 2003年8月23日 撮影 八方尾根

   
和名クモマミミナグサ(雲間耳菜草)
別名クモイミミナグサ
学名Cerastium schizopetalum var.bifidum
科名・属名ナデシコ科 ミミナグサ属
分布本州(北アルプス北部)。日本固有
花期7~8月
特徴

高山帯の砂礫地や岩場に生える種草。

花弁は3分の1くらいまで2裂します。

茎と葉の縁は暗褐色。

節間の毛はいちじるしい。

ミヤマミミナグサの変種です。

オオミミナグサ(大耳菜草)の特徴

オオミミナグサ(大耳菜草)

オオミミナグサ(大耳菜草) 2006年7月3日 撮影 礼文島

オオミミナグサ(大耳菜草)

オオミミナグサ(大耳菜草) 2006年7月3日 撮影 礼文島

オオミミナグサ(大耳菜草)

オオミミナグサ(大耳菜草) 2006年7月3日 撮影 礼文島

   
和名オオミミナグサ(大耳菜草)
学名Cerastium holosteoides var. holosteoides
科名・属名ナデシコ科 ミミナグサ属
分布北海道、ヨーロッパ、アジア、北アプリカ
花期6~7月
特徴

ミミナグサの基本種で多年草。

茎は下部で枝分かれして、高さ20㎝前後。普通紫褐色を帯び、全体に毛が目立つ。上部には腺毛があり、やや粘ります。

葉には柄がない。

花には1㎝前後の柄があり、花弁は5枚先が浅く2つに裂けます。

萼片は長さ5.5~6㎜、蒴果は長さ8~10㎜。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-春の花・山野草の育て方

© 2021 山野草を育てる