山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

春の花・山野草の育て方

アネモネ・ネモローサ(ハルオコシ、八重咲イチリンソウ別名ヤブイチゲ)の育て方

更新日:

ハルオコシ

アネモネ・ネモローサはブナなどの落葉樹林の林床に生え、一面に白い花を咲かせるようです。ハルオコシは欧州産イチリンソウのガクが八重に花弁化した個体ということなので、自然交配、ないしは突然変異によってできた品種と思っても良いのでしょうか。

日本のイチリンソウ属に比べて(ニリンソウは除く)育てやすく、殖えることからかなり出回っているようです。

アネモネ・ネモローサ(ヤブイチゲ)は一重の清楚な花が咲いて素敵な花ですが、現在はあまり出回っていないようです。

上のハルオコシ(Anemone nemorosa 'bractea plena')は自宅で2018年4月6日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ハルオコシ(Anemone nemorosa 'bractea plena')の特徴と育て方

ハルオコシ

ハルオコシ(Anemone nemorosa 'bractea plena') 2006年4月18日 撮影 栽培品

ハルオコシ

ハルオコシ(Anemone nemorosa 'bractea plena') 2004年5月6日 撮影 栽培品

和名 ハルオコシ
学名 Anemone nemorosa 'bractea plena'
科名・属名 キンポウゲ科 イチリンソウ属
分布 ヨーロッパ、アジア北東部
花期 4~6月
特徴

ブナなどの落葉樹林の林床に生え、開花後に根生葉が出て地下茎でふえます。

また変異が多く、八重咲きなどが多く栽培されています。

イチリンソウやニリンソウなどと良く似ていて、草丈は15センチ位。

5月に入ると、ヨーロッパ、アジア北東部などイチリンソウの仲間のヤブイチゲが疎林、林縁、やや湿った野原一面に白い絨毯を敷詰めたように大群落を作ります。

ハルオコシは欧州産イチリンソウのガクが八重に花弁化した個体で、上の写真のように一株で様々な花が咲きます。

育て方

半日陰~日向で栽培、夏は葉が枯れて休眠しそのまま越冬します。

植え付けは中深の鉢を使用し、赤玉土4に軽石4腐葉土2などを混ぜた肥沃な用土を用い、マグアンプKなどを植え付け時に根に触れないよう施します。

芽だし前から開花期にかけては日向に置き、水は芽だし時~開花中にかけては多めに与え、休眠中も乾燥させないように注意して与えます。

2~3年に1度、9月中旬~10月中旬に植え替えます。

八重咲きイチリンソウ(Anemone nemorosa 'Alba Plena')の育て方

八重咲きイチリンソウ

八重咲きイチリンソウ(Anemone nemorosa 'Alba Plena') 2018年4月12日 撮影 栽培品

 
和名 八重咲きイチリンソウ
別名 ヤブイチゲ
学名 Anemone nemorosa 'bractea plena'
科名・属名 キンポウゲ科 イチリンソウ属
分布 ヨーロッパ、アジア北東部
花期 4~6月
特徴

ブナなどの落葉樹林の林床に生え、開花後に根生葉が出て地下茎でふえます。

また変異が多く、八重咲きなどが多く栽培されています。

イチリンソウやニリンソウなどと良く似ていて、草丈は15センチ位。

5月に入ると、イチリンソウの仲間のヤブイチゲが疎林、林縁、やや湿った野原一面に白い絨毯を敷詰めたように大群落を作ります。

八重咲きイチリンソウは欧州産イチリンソウの八重に花弁化した個体で、流通名は八重咲イチリンソウと言われています。

育て方

半日陰~日向で栽培、夏は葉が枯れて休眠しそのまま越冬します。

植え付けは中深の鉢を使用し、赤玉土4に軽石4腐葉土2などを混ぜた肥沃な用土を用い、マグアンプKなどを植え付け時に根に触れないよう施します。

芽だし前から開花期にかけては日向に置き、水は芽だし時~開花中にかけては多めに与え、休眠中も乾燥させないように注意して与えます。

2~3年に1度、9月中旬~10月中旬に植え替えます。

八重咲きイチリンソウ

八重咲きイチリンソウ(Anemone nemorosa 'Alba Plena') 2004年5月6日 撮影 栽培品

園芸店で購入したイチリンソウの仲間のような花

不明 2005年5月17日 撮影 栽培品

花をアップにした写真 2005年5月17日 撮影 栽培品

花の名前が分からないまま、葉を見てシロガネソウの中間ではないかと思って購入したものですが、軍配形の花弁がないことから、イチリンソウの中間かと思ったのですが、名前が分かりません。

日本に自生する花の中でもこれと言って似ているものもなく、困っています。

ご存知の方がおりましたら、お教えいただけると嬉しく思います。

アネモネ・ネモローサ(ハルオコシ、八重咲イチリンソウ)

日本のイチリンソウやキクザキイチゲ、アズマイチゲは花をつけにくいことから、アネモネ・ネモローサの変異種や交配種が出回っているようです。

とても可憐で、花付が良いので園芸を楽しんでいる方にとっては、早春に咲くうれしい花になっています。

変り咲きばかりでなく、様々な色の花が出てきているようなので、可憐な花が好きな方にとっては嬉しい品種になるのかもしれません。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-春の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.