スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

ツワブキ(石蕗)の育て方|ノブキ属のノブキの特徴|フキ属のフキ(蕗)の特徴

ツワブキ(石蕗)は福島、石川県以西の本州、四国、九州の海岸の岩上や崖などに生える、キク科 ツワブキ属多年草です。

斑入りの模様が好まれ、庭などに植えられています。また丈夫で育てやすいことから、小さな鉢で小盆栽として楽しまれています。

下に、山野の木陰に生える、キク科 ノブキ属のノブキの特徴ものせています。

上の斑入りツワブキ(銀月)は、自宅で2015年10月31日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ツワブキ(石蕗)の特徴と育て方

ツワブキ

斑入りツワブキ 2006年11月5日 撮影 栽培品

ツワブキの果実

斑入りツワブキの果実 2004年1月24日 撮影 栽培品

           
和名ツワブキ(石蕗)
学名Fartugium japonicum
科名・属名キク科 ツワブキ属
分布福島、石川県以西の本州、四国、九州の海岸近くに自生する
花期10~12月
特徴

海岸の岩上や崖などに生える多年草。

根生葉は長さ10~35㎝の柄があり、葉身は長さ4~15㎝、幅6~30㎝の腎心形で厚くて光沢があります。

葉の間から高さ30~75㎝の花茎をのばし、先端に10~30輪ほどのキクに似た、花径3cm前後の黄色の花を散房状につけます。

そう果は長さ5~6.5㎜、冠毛は褐色を帯びます。

和名は葉に光沢があるフキの意味の艶蕗がなまったといわれます。

庭などにもよく植えられ、葉の芸、花の咲き方などに変化のある園芸品種があり、楽しまれています。

育て方

丈夫なので、用土は選びませんが、水はけのよい用土を使います。

庭植えは、植え付けの時に緩行性肥料を入れますが、追肥を少なめにするか、または元肥のみで問題ありません。

鉢植えで小型にして楽しむには、小さな鉢を用い、赤玉土単用で植えます。

小型にして楽しむ時は、無肥料で育てるのがよく、肥料をすると葉が大きくなってしまい観賞価値が下がります。

鉢植えで普通に楽しむときは、植え付け時にマグァンプK などの緩行性肥料を入れて植えこみます。

鉢植えの場合は、芽出し前の4月に、毎年か1年おきに植え替えます。

潅水は普通でよいが、風通し、半日陰の場所や明るい日陰が適しています。庭植はよほど乾かない限り必要ありません。

増殖は植え替え時の株分けで行います。実生もできるようですが、親より良いものは望めないので、交配をした方が良いようです。

ツワブキ(石蕗)まとめ

ツワブキ

斑入りツワブキ 2005年11月6日 撮影 栽培品

ツワブキ

斑入りツワブキ 2004年10月14日 撮影 栽培品

ツワブキはとても丈夫な植物なので、きれいな斑入りの株を落葉樹の根元植えているだけで、庭に潤いを与えてくれます。

葉は常緑で、庭が寂しくなった11月に黄色の鮮やかな花が咲き庭を明るくしてくれるのも嬉しい植物です。わが家は20数年植え替えなしで育てています。

ノブキ(野蕗)の特徴

ノブキ(野蕗)

ノブキ(野蕗) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳

ノブキ(野蕗)

ノブキ(野蕗)葉 2004年8月22日 撮影 尾瀬

ノブキ

ノブキ(野蕗)そう果 2005年10月12日 撮影 名草

       
和名ノブキ(野蕗)
学名Adenocaulon himalaicum
科名・属名キク科 ノブキ属
分布北海道、本州、四国、九州
花期8~10月
特徴

山野の木陰に生える多年草。

茎は高さ50~80cmになり上部で枝分かれします。

葉は幅10~20cmの三角状腎形。蕗の葉に似るが、葉の先がやや尖り、葉柄に翼があります。

頭花はまわりに雌花、中心部に両性化があり、両性化は結実しません。

そう果は6~7㎜。

ノブキ(野蕗)

ノブキ(野蕗) 2004年8月22日 撮影 日光植物園

ノブキ(野蕗)

ノブキ(野蕗) 2004年8月22日 撮影 尾瀬

フキ(蕗)の特徴

フキ

フキ(蕗) 2006年6月14日 撮影 尾瀬 鳩待峠

フキ

フキ(蕗) 2006年5月19日 撮影 尚仁沢遊歩道


       
和名フキ(蕗)
学名Petasites japonicus
科名・属名キク科 フキ属
分布本州、四国、九州、沖縄
花期3~5月
特徴

山野に生える多年草で、地下茎をのばして殖えます。

葉ははば15~30cmの腎円形で、基部は深い心形。始めは両面とも毛があるが、後には無毛。

葉は長さ60cm、直径1cmほどになります。

葉がでる前に花茎を伸ばし、散房状に頭花をつけます。

花茎には平行脈の目立つ苞が多数つきます。

雌雄異株。雄株は高さ10~25cmになり、黄白色の頭花を多数つけます。雌株ははじめ密に頭花をつけるが、後に高さ45cmくらいに伸びます。

そう果は長さ約3.5㎜の円柱形。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-秋の花・山野草の育て方
-

© 2021 山野草を育てる