山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

アサギリソウ(朝霧草)の育て方|ヨモギ属のシロサマニヨモギ、オオヨモギ、イヌヨモギ

投稿日:2017年1月30日 更新日:

アサギリソウ(朝霧草)

アサギリソウ(朝霧草)は、北海道、本州中部以北、樺太、南千島の亜高山帯~高山帯の岩場や岩礫地に生える多年草です。

キク科 ヨモギ属の植物で、全体が銀白色の絹毛に覆われた葉が、マットになった姿はとても美しいです。

ヨモギ属の大雪山で写したシロサマニヨモギ(白様似蓬)、尾瀬で写したオオヨモギ(大蓬)、根本山のイヌヨモギ(犬蓬)の特徴を下に載せています。

上のアサギリソウ(朝霧草)は、自宅で2002年10月6日に撮影したた葉です。


スポンサーリンク


アサギリソウ(朝霧草)の特徴と育て方

アサギリソウ(朝霧草)

アサギリソウ(朝霧草) 2003年9月18日 撮影 栽培品


 
和名 アサギリソウ(朝霧草)
学名 Artemisia sericea var. schmidtiana
科名・属名 キク科 ヨモギ属
分布 北海道、本州中部以北、樺太、南千島
花期 8~10月
特徴

亜高山帯~高山帯の岩場や岩礫地に生える多年草。

全体が銀白色の絹毛に覆われます。頭花は直径3~4㎜、数個~10数個が細い円錐花序につきます。

高さ15~35cm。葉は2回3出または3出1回羽状に全裂し、終裂片は幅0.5~1㎜。

銀白色の絹毛に覆われきらきらと光に反射する葉が美しく、どちらかというと花よりも草姿や風情を楽しむ植物です。

育て方

大きめの素焼きの鉢を用い、用土は鉢底に、3分の1程ゴロ土を入れ、ミジンを抜いた軽石、桐生砂、日向砂、富士砂などの中から手に入る用土を適宜混合、硬質鹿沼土などを加えてマグァンプK を、根に触れないように入れて植え込みます。

ハイポネックス溶液を月に2回くらい与え、水は冬以外は1日1回、鉢底から流れ出るくらいやり、良く日に当て風通し良く育てます。

毎年秋に植え替え、常に新根を発生させることが必要で、半分以上古土や根をそぎ取り、根の周囲を新しい用土にして植え替えます。

丈夫な草なので、わが家はロックガーデン植えや寄せ植えに使っています。

長く育てて暑さになれたアサギリソウはとても丈夫です。伸びすぎた葉を根元から切ると新しく芽が出るので、梅雨のころに切り戻しています。

シロサマニヨモギ(白様似蓬)の特徴

シロサマニヨモギ(白様似蓬)

シロサマニヨモギ(白様似蓬) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳

和名 シロサマニヨモギ(白様似蓬)
学名 Artemisia arctica var. villosa
科名・属名 キク科 ヨモギ属
分布 北海道。サハリン
花期 7月下旬~9月
特徴

高さ20~50cmの高山帯の砂礫地や乾いた草地に生える多年草。

茎は分枝せず、茎葉は多数、上部の葉ほど小さい。

葉は2~3回羽状に深く切れ込み、終裂片幅は2~3㎜。

頭花は直径7~10㎜、総状に多数つく。頭花の柄は下部のもので長さ2~5㎜。総苞は半球形で長さ約4㎜。

全体に白色の絹毛を密生し、花時にも毛は落ちない。

全体の形や頭花の大きさなどはサマニヨモギと変わらない。

オオヨモギ(大蓬)の特徴

オオヨモギ(大蓬)

オオヨモギ(大蓬) 2005年8月11日 撮影 尾瀬

 
和名 オオヨモギ(大蓬)
別名 ヤマヨモギ
学名 Artemisia montana
科名・属名 キク科 ヨモギ属
分布 北海道、本州(近畿地方以北)
花期 8~9月
特徴

山地、特に北地の山地に多い大型の多年草。

茎は多数枝分かれし、高さ1.5~2mになる。葉は茎の中部で長さ18㎝、幅8㎝ほど、羽状に中~深裂します。

頭花は小さく、やや横に広がった円錐花序につきます。

ヨモギに似るが、大型で高いところに生え、葉柄に仮託葉がない事で区別されます。

イヌヨモギ(犬蓬)の特徴

イヌヨモギ(犬蓬)

イヌヨモギ(犬蓬) 2004年11月11日 撮影 根本山

 
和名 イヌヨモギ(犬蓬)
学名 Artemisia keiskeana
科名・属名 キク科 ヨモギ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 8~9月
特徴

やや乾いた丘陵に生える高さ30~80cmの多年草。

花をつけない茎は低く、先端にロゼット状に葉をつけます。ロゼット状の葉は長さ3~10cm、幅1.5~4cmの広いさじ形で、ふちには大きな鋸歯があります。

花茎の下部の葉は花期には枯れます。茎葉は長さ4.5~8.5cmの倒卵形~さじ形で、ふちには大きな鋸歯があります。

頭花は直径約3㎜の球形で下向きに咲きます。

アサギリソウ(朝霧草)まとめ

アサギリソウは、高山植物ですがとても育てやすく、ロックガーデン植えにしていますが、数年に一度の植え替えで元気に育っています。

梅雨の頃に葉を切り詰めるともう一度きれいな葉が出て、真夏の暑さにも負けず銀白色のマットを広げてくれます。切り詰めると花は咲きません。



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-秋の花・山野草の育て方
-,

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.