山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

シソ科のヒメジソ(姫紫蘇)、イヌゴマ(犬胡麻)、シソ(紫蘇)の比較

投稿日:

ヒメジソ

ヒメジソ(姫紫蘇)は、シソ科・イヌコウジュ属の日本全土の山野の林のふちや道ばたに生える高さ20~60cmの1年草で、しそ科特有の可憐で小さな唇形花を付けます。

このような小さな花は見るよりはマクロ写真で写すととっても魅力的な花であることを感じます。

イヌゴマ(犬胡麻)は、シソ科 イヌゴマ属で日本全土の湿地に生える高さ40~70cmの多年草です。

シソは、の中国中南部、ヒマラヤ、ビルマ原産の1年草で、香りが良く食用に利用されます。わが家は零れ種で毎年芽生えますので、新鮮な葉を取って便利に利用しています。

何れも小さな唇形花を付けますが、生える場所などかなり違っています。

上のヒメジソ(姫紫蘇)は、2004年9月18日に、花之江の郷で写したものです。


スポンサーリンク

ヒメジソ(姫紫蘇)の特徴

         
和名 ヒメジソ(姫紫蘇)
学名 Mosla dianthera
科名・属名 シソ科 イヌコウジュ属
分布 日本全土
花期 9~10月
特徴

山野の林のふちや道ばたに生える高さ20~60cmの1年草。

茎は四角形で稜には下向きに曲がった短毛があり、節にも毛が生えます。

葉は対生し、長さ2~4cm、幅1~2.5cmの卵形~広卵形でやや薄い。縁には粗い鋸歯があり、裏面には腺点があります。

枝先に長さ3~7cmの花穂を出し、淡紅紫色または白色の小さな唇形花をややまばらにつける。花冠は長さ約4㎜で、筒部は短く、上唇は3裂、下唇は先端がへこむ。萼は長さ2~3㎜で上下2唇に分かれ、上唇は3裂、下唇は2裂する。上唇の裂片の先は尖らない。

イヌゴマ(犬胡麻)の特徴

イヌゴマ

イヌゴマ(犬胡麻) 2003年7月27日 撮影 戦場ヶ原


         
和名 イヌゴマ(犬胡麻)
別名 チョロギダマシ
学名 Stachys aspera var. hispidula, Stachys japonica var. intermedia
科名・属名 シソ科 イヌゴマ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 7月~8月
特徴

湿地に生える高さ40~70cmの多年草。

茎の稜には下向きの刺があります。

葉は対生し、長さ4~8cmの披針形。表面にはしわがあり、表面の中脈には刺があってざらつく。

茎の先に短い花穂をつくり、淡紅色の唇形花を数段輪生します。

シソ(紫蘇)の特徴

ヒメジソ

シソ(紫蘇) 2003年9月30日 撮影 袋田


         
和名 シソ(紫蘇)
学名 Mosla dianthera
科名・属名 シソ科 シソ属
分布 中国中南部、ヒマラヤ、ビルマ原産
花期 9~10月
特徴

茎は四角で直立し、よく分岐します。

葉は長柄があり、広卵形で先がとがり、茎に対生します。

株全体に芳香があり、短日で開花結実します。

香りが良く、夏の食卓になくてはならないものなので、零れ種から出るようになっている我が家はとても有意義に利用しています。

葉も、実も香りが良くとてもおいしくいただけます。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 All Rights Reserved.