山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

バラ科

ヒメワレモコウ

夏の花・山野草の育て方

2018/12/22

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)の育て方|仲間のミヤマワレモコウ、ワレモコウ

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)には、タンナワレモコウ(ヒメワレモコウ)とヤクシマワレモコウ、済州島ワレモコウなどがあるようなので調べましたが、詳しい違いは分かりませんでした。 タンナワレモコウをヒメワレモコウと言っているという記事も、あまり違わないというような記事も見かけ、我が家の姫ワレモコウはルーツが分かりませんでした。 いずれにしても丈夫で育てやすく可憐な花です。 上のヒメワレモコウ(姫吾亦紅)は、自宅で2015年6月10日に撮影したものです。 スポンサーリンク ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)の特徴と育て方 ...

ハコネシモツケ

夏の花・山野草の育て方

2018/12/22

ハコネシモツケ(箱根下野)の育て方|シモツケソウとアカバナシモツケソウの特徴

シモツケソウの分布は本州(関東地方以西)、四国、九州ですが、ハコネシモツケ(箱根下野)については詳しいことが分からないまま育てています。 シモツケソウは山の湿原などで群生に出会いますが、ハコネシモツケはそれをかなり小形にした植物です。 かなり丈夫で、半日陰の庭植でも枯れることがありません。 下に自生のシモツケソウの写真と特徴を載せておきます。 上のハコネシモツケ(箱根下野)は、自宅で2017年8月5日に撮影した花です。 スポンサーリンク ハコネシモツケ(箱根下野)の特徴と育て方 ハコネシモツケ(箱根下野) ...

ヤクシマイワキンバイ

春の花・山野草の育て方

2019/1/4

ヤクシマイワキンバイ(屋久島岩金梅)の育て方|イワキンバイの特徴

ヤクシマイワキンバイ(屋久島岩金梅)は、屋久島に自生するイワキンバイです。イワキンバイ(Potentilla dickinsii)は、高さが10~20cmですが、ヤクシマイワキンバイは4~5cmほどしかありません。 紅葉も素敵で、花も可憐だったのですが、強いと思ったヤクシマイワキンバイですが、猛暑の夏に枯れてしまいました。 種から育て、たくさん芽生えたのですが、管理不行き届きで枯れてしまったことが心残りで、咲いている株を購入しました。 上のヤクシマイワキンバイ(屋久島岩金梅)は自宅で2017年5月14日に ...

チシマキンバイ

春の花・山野草の育て方

2018/12/31

チシマキンバイ(千島金梅)の育て方

チシマキンバイ(千島金梅)は、北海道およびシベリアや北アメリカに分布し、原野、草原、岩場、礫地、海岸の岩場に生え、高さは10~30cmになります。 北海道が自生地ですから暖かい地方では、高山帯に生えるような植物と同じように育てる必要があります。 キジムシロ属の植物ですが花が大きく華やかな感じがする野草です。 上のチシマキンバイ(千島金梅)は自宅で2004年5月2日に撮影した栽培品の花です。 スポンサーリンク チシマキンバイ(千島金梅)の特徴と育て方 チシマキンバイ(千島金梅) 2004年4月24日 撮影  ...

タカネイバラ

春の花・山野草の育て方

2018/12/24

タカネイバラ(高嶺薔薇)の育て方|仲間のサンショウバラ(山椒薔薇)

タカネイバラ(高嶺薔薇)は、四国地方の石槌山と剣山、中部地方、関東地方北部、東北地方の亜高山帯~高山帯の岩場や草地に生える落葉低木で、日本特産の高山性のバラです。 別名にもあるように、ハマナスを小さくしたようにも感じられる花姿です。 新しい芽を伸ばして古い枝を切りながら、40年以上育てています。 仲間で、静岡、神奈川、山梨の諸県の富士を中心とした山地に生えるサンショウバラ(山椒薔薇)は、高さ1~6mになり、径10cm以上になる落葉小高木です。枝にはとげが多く、初夏、径4~7cm花を咲かせ、葉がサンショウの ...

ポテンティラ・クランジー

春の花・山野草の育て方

2019/1/7

ポテンティラ・クランジー(Potentilla crantzii)の育て方

ヨーロッパアルプスやピレーネー山脈に自生するという、ポテンティラ・クランジー(Potentilla crantzii)は、バラ科 キジムシロ属のとても丈夫な植物です。 丈が高くならないので、寄せ植えに使おうと購入しましたが、1つの花は1日花ですが、鮮やかな黄色の花を次々と咲かせるので長く楽しむことができます。 日本に自生しているキジムシロと雰囲気が似ています。 上のポテンティラ・クランジー(Potentilla crantzii)は自宅で2005年2月15日に撮影した花です。 スポンサーリンク ポテンティ ...

ピンクパンダ

春の花・山野草の育て方

2018/12/21

ピンクパンダ(イチゴ)の育て方|ヘビイチゴ属のヤブヘビイチゴの特徴

ピンクパンダ(イチゴ)は、イチゴとキジムシロの属間交配で、イギリスで作出されたというピンクの花がきれいないちごですが、食べられるような実はなりません。 ピンクの花がきれいなので苗をいただいて育てていますが、狭い場所に植えているので、庭に生えているという状態になっています。 庭の真ん中に植えると蔓を伸ばしてロックガーデン一面に殖える可能性があるので、殖えても良い場所に植えて、ピンクの四季咲きの花を楽しんでいます。 植物の性質を考えないで植えると大変なことになるのを、長い年月の栽培から学んだからです。 キジム ...

チングルマ

早春の花・山野草の育て方

2019/1/4

チングルマ(稚児車)の育て方|秋田駒、鳥海山の群生の花

チングルマは高山の湿原に自生する落葉矮性低木になり、高山植物の中でも難しい方になるのではないかと思いますが、管理の仕方によっては殖やすことは難しいものの花を見ることはできる植物です。 わが家は車庫の二階を高山植物置き場にしていて、ポリカーボネートの波板の屋根をかけ、棚には人工芝を敷いています。 真夏は寒冷紗をかけ、夕方には鉢のまわりにもたっぷり水を撒き、夜間温度を少しでも下がるようにしています。これでも猛暑の夏には枯れるものが出てくるのでそれは我が家で育てることのできる限界を超えていると諦めることにしてい ...

ポテンティラ・アルバ

早春の花・山野草の育て方

2019/1/6

ポテンティラ・アルバ(Potentilla alba)の育て方|日光植物園のポテンティラ・トリデンタータ

上のポテンティラ・アルバは、自宅で2005年4月6日に撮影したものです。 ポテンティラ・アルバ(Potentilla alba)は山野草の寄せ植えをつくろうと探していた山野草店で購入しました。 花は1日花ですが、次々と咲いて花期が長く、丈がひくいので下草に最適です。 丈夫な性質なので、庭植や鉢植えとして10年以上育てていますが育てるのがとても楽な植物です。 スポンサーリンク ポテンティラ・アルバ(Potentilla alba)の特徴と育て方 ポテンティラ・アルバ 2006年4月3日 撮影  栽培品 和名 ...

ノイバラ(富士見小町)

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/23

ノイバラ・ふじみ小町(ピャオリャン)の育て方

ノイバラ・ふじみ小町(ピャオリャン)は枝枯れしない、シュートがでない、トゲなしと盆栽世界には記載してあるというミニ盆栽用に作出されたノイバラです。 花の色も形もとても素敵な上に、葉が小さくとても可憐なミニノイバラでで、挿し芽も簡単にできます。 挿し芽苗をいただいたのですが、剪定を下枝はすべて根が付き、親株が太ってくるのを楽しみにしています。 上のノイバラ・ふじみ小町(ピャオリャン)は、自宅で2016年5月25日撮影したものです。 スポンサーリンク ノイバラ ふじみ小町(ピャオリャン)の育て方 和名 樹種名 ...

アポイキンバイ(アポイ金梅)

早春の花・山野草の育て方

2019/1/6

アポイキンバイ、ミヤマキンバイの育て方|大雪山のメアカンキンバイ

アポイキンバイは苗を購入して始めて見た花です。ミヤマキンバイの変種だということで花は同じようですが、葉は無毛で光沢があり、鋸歯が深く裂けているのが特徴のようです。 ミヤマキンバイは下に写真があるように礼文島、大雪山系黒岳、月山などで写真を写していますので、写真を比べると違いが分かります。山の花にも変種や亜種などがあって違いをどのように区別するのかは難しい問題です。 素人の私は写真を写してその種の特徴や自生地などから図鑑を見て名前をつけざるをえませんので、かなり根気のいる作業になります。 時々間違いを教えて ...

ハクロバイ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/17

ハクロバイ(ギンロバイ)の育て方

ハクロバイ(ギンロバイ)は本州(赤沢山、南アルプス、大台ヶ原)、四国(剣山)埼玉県赤沢山、南ア、剣山、石立山、大台ヶ 原山などの高山帯に自生しているとわかった時に、とても似ているキンロバイが北海道、本州中部以北の高山に生えると知った時と同じように驚きました。 キンロバイは高山植物とは知らずにさし芽苗をいただいて育てていて、早池峰山の頂上に咲いているのを見てびっくりしました。 初めてハクロバイを見た時はキンロバイに似ていて白い花だったので、調べてみるとキンロバイに比べて関東より西の方の山に生えているようでし ...

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/19

長寿梅(クサボケの一種)白花長寿梅の育て方

盆栽で人気のボケは、品種別に独立して呼ばれることが多く、チョウジュバイもクサボケの一種として、定番ともいうほどポピュラーな盆栽です。長寿梅と言うのはクサボケの矮性品種です。 そのようなことから、長寿梅とは梅のとは関係なく、ボケであり、その矮性種ということのようです。 上の長寿梅(クサボケの一種) 2018年11月4日撮影した花です。 スポンサーリンク 長寿梅(クサボケの一種)の育て方 白花長寿梅(クサボケの一種) 2018年3月11日撮影 和名 長寿梅(クサボケの一種) 学名 Chaenomeles 科名 ...

ハマナシ

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2019/1/21

ハマナス(ハマナシ)の育て方|シロバナハマナス(シロバナハマナシ)

ハマナス(浜茄子、浜梨)太平洋側は茨城県、日本海側は鳥取県以北、北海道に自生する、バラ科の植物ですが、私は北海道、茨城県の太平洋側に咲いている花を多く見かけたことがあります。 とってもきれいなので、種から育て、地植えにしておいたところきれいに開花して大きくなり、花期が長いのが嬉しい花でしたが、棘が鋭く株が大きくなり過ぎ、外の植物を侵蝕し始めたとのと、剪定に来てくれる、植木屋さんに嫌がられるようになったので、栽培を止めました。日当たりに植え場所がある方には手入れが簡単でとてもきれいな花なのでお勧めです。 下 ...

ナンキンナナカマド

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

2018/11/12

ナンキンナナカマド(南京七竈)の育て方|仲間のウラジロナナカマド、ミヤマナナカマド、ナナカマドの特徴

ナンキンナナカマド(南京七竈)は、本州(関東以西)、四国、九州の山地のブナ帯に生えて樹高は1~3mほどになります。 成長が遅く、鉢植えで育てていることが多いようで、鉢植えで出回っているので、小型のものを入手できます。 庭木以外は花を育てることが多かったのですが、草物盆栽を作るようになって木と丈夫な山野草を寄せて植えることが多くなり、花木センターなどを見て歩くようになりました。 下に仲間のウラジロナナカマド(裏白七竈)、ミヤマナナカマド(深山七竈)、ナナカマド(七竈 )の自生地の写真と特徴を載せています。 ...

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.