山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)の育て方|仲間のミヤマワレモコウ、ワレモコウ

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)には、タンナワレモコウ(ヒメワレモコウ)とヤクシマワレモコウ、済州島ワレモコウなどがあるようなので調べましたが、詳しい違いは分かりませんでした。

タンナワレモコウをヒメワレモコウと言っているという記事も、あまり違わないというような記事も見かけ、我が家の姫ワレモコウはルーツが分かりませんでした。

いずれにしても丈夫で育てやすく可憐な花です。

上のヒメワレモコウ(姫吾亦紅)は、自宅で2015年6月10日に撮影したものです。

スポンサーリンク

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)の特徴と育て方

ヒメワレモコウ

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅) 2014年7月21日 撮影 栽培品

           
和名 ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)
別名 ポリゴナム・カピタツム
学名 Sanguisorba
科名・属名 バラ科 ワレモコウ属
分布 詳細不明
花期 7~9月
特徴

草丈30~50cmの耐寒性多年草。

育て方により、草丈は多少は変わると思いますが、花が咲いた時で、20~30㎝です。

斑入りや花色の違いなど交配も進んでいるようなので、特定するのは難しいのかもしれません。

育て方

日当たりを好みますが、真夏は半日陰くらいにします。

強健で栽培は容易だが水持ち、水はけの良い用土を使用します。

用土は、赤玉土に軽石など砂類を2割くらい混ぜた用土に植えます。

鉢底にゴロ石をいれて、マグァンプK などの緩行性肥料を根に触れないように入れて植えこみます。

根がはって株がいっぱいになるので、植え替えは少なくとも2年1度、我が家は毎年3月に植え替えます。

真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回液肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。

水を好むようですので、表面が乾いたらたっぷり水をやります。

普通のワレモコウよりも草丈が低いので、鉢植え、寄せ植え、花壇などにもっても良い植材です。

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)まとめ

ヒメワレモコウ

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅) 2003年6月29日 撮影 栽培品

日当たりで栽培し、水は鉢の表面が乾いたらたっぷりやります。

肥料を好むので水肥や置き肥をして肥料不足にしないように栽培します。

ミヤマワレモコウ(深山吾木香)の特徴

ミヤマワレモコウ

ミヤマワレモコウ(深山吾木香) 2005年8月11日 撮影 尾瀬

ミヤマワレモコウ

ミヤマワレモコウ(深山吾木香) 2005年8月4日 撮影 八方尾根

         
和名 ミヤマワレモコウ(深山吾木香)
学名 Sanguisorba longifolia
科名・属名 バラ科 ワレモコウ属
分布 北海道(日高地方)、本州(秋田県、福島県南西部~岐阜県北部)。中国、朝鮮
花期 7~9月
特徴

高さ30~100cm。低山帯~亜高山帯の湿原や、湿った草地に生える多年草。

花穂は1~4cm、直立し、花は上から咲く。雄蘂は4個で等長、萼弁より長い。

根生葉の小葉は9~13個、茎葉の小葉は5~11個。

ミヤマワレモコウ

ミヤマワレモコウ(深山吾木香) 2004年7月18日 撮影 池の平湿原

ヒメワレモコウ

ミヤマワレモコウ(深山吾木香) 2003年9月6日 撮影 池の平湿原

ワレモコウ(吾木香)の特徴

ワレモコウ

ワレモコウ(吾木香) 2006年9月29日 撮影 仙人ヶ岳

         
和名 ワレモコウ(吾木香)
学名 Sanguisorba officinalis
科名・属名 バラ科 ワレモコウ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 8~10月
特徴

山野の日当たりの良い草地に生える多年草。

高さ50~100cm。

花序は長さ1~2cmの楕円形で、花は上から下へと開花します。花は暗褐色。雄蘂は萼弁より短い。

葉は奇数羽状複葉。小葉は5~13個で長さ4~6㎝の長楕円形。


山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.