山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

オオワクノテ(クレマチス・セラティフォリア)の育て方

投稿日:2017年3月12日 更新日:

オオワクノテ

オオワクノテ(クレマチス・セラティフォリア)は、シベリア東部、中国、韓国、日本(北海道)に自生していたようですが日本では絶滅種になっているようです。

貴重な種をいただき、発芽して蔓も元気に伸びていたので、枯れるとは思ってもいませんでした。

種から育てましたので、数本育っていたことが気を許すことになったようで、猛暑の夏に枯れてしまいました。

上のオオワクノテ(クレマチス・セラティフォリア)は、自宅で2010年9月14日に撮影した種からの花です。

スポンサーリンク

オオワクノテ(クレマチス・セラティフォリア)の特徴と育て方

           
和名 オオワクノテ
別名 クレマチス・セラティフォリア
学名 Clematis serratifolia
科名・属名 キンポウゲ科 センニンソウ属
分布 シベリア東部、中国、韓国、日本(北海道)では絶滅種。
花期 7~10月
特徴

遅咲きのクレマチス。

強いレモンの香りを持つ小さな淡いレモンイエローの花が、うなずいて咲き魅力的です。

蔓性で、高さ4~5m。

萼は筒状で基部に尾状の突起が5個あり、側面には5個の低い翼があって目立ちます。

日本では絶滅しているということから、育てている方から回って来た種なんだろうがいただくことが出来て花を見られたことはとっても嬉しいことでした。

育て方

種から育てましたが、開花まではあまり気を使うことなく他のクレマチスと同じように育てました。

日光を好む植物ですので充分日が当たる場所にうえます。高温多湿はを苦手としま すので、風通しよく、株元は西日などが避け られるやや半日陰が適します。

こまめに誘引し、乾燥にはあまり強くないので水切れに注意します。

新枝咲きなので、春に咲いた枝を強剪定をすることにより、秋にも花が咲きます。冬は茎の下の方から切って来春新芽がでて、咲くのを待ちます。

鉢植えは日当たりの良い場所で、夏に半日蔭になるような場所で管理し、水はけのよい軽石、硬質鹿沼土の混合用土で育てています。

肥料は秋と春に適宜与えます。

このような育て方で、数年はきれいに咲いたし、数株あったので、種を採取することも挿し芽で残すこともしないでいましたら、猛暑の夏に枯れてしまいました。

貴重な植物なのでもう少し気を使って、残すことが出来たらと後悔しています。

オオワクノテ(クレマチス・セラティフォリア)まとめ

丈夫そうに見えて数本花が咲いたのですが、北海道でも絶滅しているというのはどのような理由があるのでしょうか。

枯れたことでかえって大切さを実感し、そのルーツなどを知りたいと思いましたが、日本には自生していないことを知るととても悪いことをしたように感じています。



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-夏の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.