山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

夏の花・山野草の育て方

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)の育て方

更新日:

シラサギカヤツリ

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)は、北米南東部に分布するカヤツリグサ科 ディクロメナ属の多年草です。

寒さには少し弱いですが、0℃あれば越冬できるので、簡単に栽培できます。

白い鷺が飛んでいるような優雅な花が夏の暑い時期に涼を運んでくれるとっても素敵な植物で、絶やすことなく10年以上育てています。

上のシラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)は、自宅で2012年7月5日に撮影した花です。

スポンサーリンク

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)の特徴と育て方

シラサギカヤツリ

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊) 2004年7月3日 撮影 栽培品

           
和名 シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)
学名 Rhynchospora colorata
科名・属名 カヤツリグサ科 ディクロメナ属
分布 北米南東部
花期 6~10月
特徴

草丈30~60cm。非耐寒性常緑性の多年草。寒い冬は上部が枯れますが、春に新芽が芽生えます。

白い鷺が飛んでいるような優雅な花を咲かせます。

花穂が白い星のように見える涼しげな風情のあるカヤツリグサの仲間です。

白く色づいている細長い三角形のものは苞(ほう)で、実際の花は小さく、それほど目立ちません。

育て方

日当たりを好み、有機質の多い保水性のある土壌を好みます。

肥料は控え目にし、根が水中にある環境をを好むので、根本を水中に沈ませて管理します。

水持ちの良い土に植え、湿り気を保てば鉢植えでも育てられます。

鉢植えは乾いたらたっぷり水をやれば育てられますが、腰水や水盤で育てた方が楽です。

冬期は凍らなければ根茎だけで越冬できます。

春~秋の気温の高い生育中に、粒状の化成肥料などを月1回くらい施します。

草花用土でも栽培できますが、我が家は赤玉土に軽石を少量混ぜたものを使っています。

0℃あれば越冬できますので、そのような場所に置き、春になったら株分けをかねて植え変えると殖やすことが出来ます。

斑入り種などもあるようなので、真夏を涼しく演出してくれるシラサギカヤツリは、大鉢で育てて涼を楽しんでいます。

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊)まとめ

日当たりを好み、夏の暑さにも強いので、水を切らさないように育てます。水盤でや腰水栽培にすると管理がとても楽です。

4月くらいに植え替え時に株分けをすると数倍に殖やすことが出来ます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-夏の花・山野草の育て方

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.