スポンサーリンク

自然の中の花科名ータ行

アキノウナギツカミ、ヤノネグサ、ママコノシリヌグイの比較

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)、ヤノネグサ(矢の根草)、ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)はタデ科・イヌタデ属の植物です。

アキノウナギツカミは、水辺などに生える高さ0.6~1mの1年草で、葉は互生し長さ5~10㎝の卵状披針形~長披針形で、基部は矢じり形で、茎を抱くようにはりだしているのが特徴で、茎に短い刺があり、「鰻でもつかめる」という意味からつけられました。

ヤノネグサは、水辺や湿地に生える高さ約50cmの多年草で、葉の形が矢じり形をしているところから名がついていて、葉柄がはっきりしているのも特徴になっています。

ママコノシリヌグイは、道ばたや林縁水辺などに生える、高さ1mの1年草で、葉は長さ3~8㎝の三角形で先端は尖り茎や葉にも刺があり、とても痛そうに見えます。

上のアキノウナギツカミ(秋の鰻攫)は、2007年9月1日に光徳沼で撮影したものです。

スポンサーリンク

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)の特徴

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) 2005年10月12日 撮影 名草巨石群近辺

         
和名アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)
別名アキノウナギヅル
学名Persicaria sieboldii, Polygonum sieboldii
科名・属名タデ科 イヌタデ属
分布北海道、本州、四国、九州
花期6~9月
特徴

水辺などに生える高さ0.6~1mの1年草。

茎の下部は地を這い、葉は互生し長さ5~10㎝の卵状披針形~長披針形。基部は矢じり形で、茎を抱くようにはりだします。

花は枝先に10数個集まってつきます。花柄は無毛。

花被は5深裂し、上部は淡紅色、下部は白色。

茎に短い刺があり、「鰻でもつかめる」という意味からつけられました。

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園

ヤノネグサ(矢の根草)の特徴

ヤノネグサ

ヤノネグサ(矢の根草) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園


ヤノネグサ

ヤノネグサ(矢の根草) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園


         
和名ヤノネグサ(矢の根草)
学名Persicaria sieboldii, Polygonum sieboldii
科名・属名タデ科 イヌタデ属
分布北海道、本州、四国、九州
花期9~10月
特徴

水辺や湿地に生える高さ約50cmの多年草。

茎には下向きの小さな刺があり、下部は地を這います。

葉は互生し、長さ3~8cmの卵形~広披針形で先は尖り、基部は切形または浅い心形。托葉鞘は長さ1~2cmの筒型でふちには長い毛があります。

花は枝先に10数個集まってつき、花柄には腺毛があります。花被は5深裂し、上部は紅色、下部は白色。

和名は葉のかたちを矢の根(矢じり)に見立てたもの。

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)の特徴

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳


ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) 2005年9月13日 撮影 仙人ヶ岳


         
和名ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)
学名Persicaria senticosa, Polygonum senticosum
科名・属名タデ科 イヌタデ属
分布日本全土
花期9~10月
特徴

道ばたや林縁水辺などに生える、高さ1mの1年草。

葉は互生し長さ3~8㎝の三角形で先端は尖ります。

花は枝先に10数個集まってつきます。花被は5裂し、上部は赤く下部は白い。

そう果は花被に包まれます。

和名は茎や葉に刺があり、痛そうなのでつけられました。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ータ行
-