山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然野中の花科名ーカ行

タカサブロウとアメリカタカサブロウの比較

更新日:

タカサブロウ

タカサブロウ(高三郎)は、本州、四国、九州、沖縄のやや湿り気のある道端などに生える生える高さ20~70㎝の1年草です。

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)は、新しく造成された水田や道端に多く見られ、葉の幅が狭く、鋸歯が明瞭になっているようです。

そう果の形で、見分けははっきりできるようですが、私はそう果まで観察できませんでしたが、アメリカタカサブロウと思われるものを数回見た後にタカサブロウらしいものに出会い葉も幅があり、花もひと回り大きく、どこか丸みを帯びていて、造成地ではなく田んぼに生えていて、同じものとは思えなかったことからタカサブロウとしました。

あまり、科学的でなかったので、覚書程度にしておきたいと思います。

上のコタカサブロウ(高三郎)は、2006年11月21日に休耕田の畦で写した花です。

スポンサーリンク

タカサブロウ(高三郎)の特徴

タカサブロウ

タカサブロウ(高三郎) 2006年11月21日 撮影 休耕田の畦

         
和名 タカサブロウ(高三郎)
学名 Eclipta prostrata
科名・属名 キク科 タカサブロウ属
分布 本州、四国、九州、沖縄
花期 8~9月
特徴

水田雑草として、またやや湿り気のある道端などに生える生える高さ20~70㎝の1年草。

茎や葉には剛毛があってざらざらします。

葉は対生し長さ3~10㎝、幅0.5~2.5㎝の披針形。

頭花は約1cmでまわりに白色の舌状花が2列に並び、内側に緑白色の筒状花がついています。

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)の特徴

アメリカタカサブロウ

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎) 2006年9月27日 撮影 仙人ヶ岳

アメリカタカサブロウ

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎) 2004年9月18日 撮影 花之江の郷

アメリカタカサブロウ

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎) 2004年10月11日 撮影 宇都宮総合運動公園

         
和名 アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)
学名 Eclipta alba
科名・属名 キク科 タカサブロウ属
分布 熱帯アメリカ
花期 9~10月
特徴

1年草帰化植物でタカサブロウにそっくりだが、葉の幅が狭く、鋸歯が明瞭になっています。

新しく造成された水田や道端に多く見られ草丈は60~100cm。

葉は幅8~18mm,長さ60~100mm。

タカサブロウとの区別はそう果に翼の部分が無いことだが、枝分かれ部分の下の茎が太くなっているのも特徴なので識別の目安になります。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然野中の花科名ーカ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.