山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

秋の花・山野草の育て方

シオン(紫苑)の育て方|仲間のシロヨメナとゴマナの写真と特徴

更新日:

シオン

シオン(紫苑)は日本(中国地方)、九州、朝鮮、中国北部、シベリアなどに自生する、キク科 シオン属の大型の多年草です。

現在は栽培されているのがほとんどで、野生の花は見られなくなっているようです。

仲間には、ゴマナ、シロヨメナ、ノコンギクコンギクキヨスミコンギク、シラヤマギク、ユウゼンギク、クジャクソウ、ダルマギクなどがあります。

このページには、シオンの他、仲間のシロヨメナとゴマナの写真と特徴を載せています。

上のシオン(紫苑)は、自宅で2004年10月2日に撮影したものです。

スポンサーリンク

シオン(紫苑)の特徴と育て方

シオン

シオン(紫苑) 2004年10月2日 撮影 栽培品

       
和名 シオン(紫苑)
別名 オニノシコグサ
学名 Aster tataricus
科名・属名 キク科 シオン属
分布 日本(中国地方)、九州、朝鮮、中国北部、シベリア
花期 8~10月
特徴

山地の湿った草地に生える多年草。まれに野生があるが、庭に植えられること多い。

高さ1.5~2mの宿根草。茎にはまばらに剛毛があります。

根生葉は花の頃には枯れてないが、大型のへら状長楕円形で大きいものは長さ65cmにもなります。

茎葉は長さ20~35cm、幅6~10cmの卵形または長楕円形で、先は短く尖り、上部のものほど小さく幅も狭い。

頭花は直径3~3.5cm。舌状花は1列で淡青紫色。花柄には短毛が密生する。総苞は長さ約7㎜の半球形。

最近では比較的背の低い矮生種もあるようです。

育て方

乾燥すると葉に生理的な褐斑を生ずるため、西日のいつまでも当たる乾燥地を避けるいっぽう、過湿による根腐れを防ぐため、排水良好な場所を選ぶことが大切です。

日当たりの良い場所と、水はけがよく、適度に湿り気のある土壌が適しています。植えるときに腐葉土などを混ぜると良いようです。

キク類なのでアブラムシが付くので定期的に薬剤散布をします。

草丈は2mにも及ぶアスターであり、広く庭園に植えられるほか、切花用としても量産され、秋らしい季節感を表す生け花に用いられます。

植え替えは春3~4月と秋の10~11月に株分けを兼ねて行います。

肥料は芽の出る春と花後の秋、年2回、ゆっくり効くタイプの化成肥料を株元に適量施します。

繁殖は株分けの他挿し芽で殖やせます。

また、根は咳止めとして煎用されることもあります。

私の大好きな花で長いこと栽培していましたが、狭い庭のために植える場所がなくなったために栽培を止めました。

上三依水生植物園のシオン(紫苑)

シオン

シオン(紫苑) 2004年9月10日 撮影 上三依水生植物園

シロヨメナ(白嫁菜)の特徴

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2007年9月1日 撮影 奥日光 光徳沼

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2007年9月1日 撮影 奥日光 光徳沼

     
和名 シロヨメナ(白嫁菜)
学名 Aster ageratoides ssp. leiophyllus
科名・属名 キク科 シオン属
分布 本州、四国、九州
花期 8~11月
特徴

山野に生える多年草。

高さ0.3~1m。

葉は長楕円状披針形で先は鋭く尖り、基部はくさび形。縁には大きな鋸歯があります。

頭花は1.5~2cmと小さく、舌状花は白色。総苞は筒状。

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2004年8月22日 撮影 日光植物園

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2005年9月2日 撮影 三国山

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜)葉 2005年9月2日 撮影 三国山

シロヨメナ(白嫁菜)

シロヨメナ(白嫁菜) 2003年8月23日 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園

ゴマナ(胡麻菜)の特徴

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜) 2006年8月25日 撮影 八千穂高原自然園

     
和名 ゴマナ(胡麻菜)
学名 Aster glehnii var. hondoensis
科名・属名 キク科 シオン属
分布 本州
花期 8~10月
特徴

山地の草原に生える多年草。

茎は高さ1~1.5m、葉とともに細毛があってざらつきます。

葉は長さ13~19cmの長楕円形で粗い鋸歯があります。

頭花は直径1.5cmほどで散房状に多数つきます。総苞は筒鐘形で長さ3~3.5㎜。

和名は若苗が食用になること、葉がゴマの葉に似ることによると思われます。

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜) 2005年8月11日 撮影 尾瀬

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜) 2003年9月14日 撮影 日光植物園

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜)葉 2003年9月14日 撮影 日光植物園

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜) 2003年9月6日 撮影 池の平湿原

ゴマナ(胡麻菜)

ゴマナ(胡麻菜) 2003年8月23日 撮影 八方尾根

シオン(紫苑)まとめ

高さ1.5~2mのかなり大きな宿根草ですが、優雅な花が切り花にもなりますので、広い庭があったら植えておきたい植物です。

日当たりが良ければそれほど場所は選びませんが、水はけなどに問題がある場合は、腐葉土を入れ込んで水はけと水持ちを良くすることで、育つと思います。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-秋の花・山野草の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.