山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)

投稿日:

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)は、シソ科・ラショウモンカズラ属の山地山地のやや明るい林内に生える多年草で、しそ科の野草の中では大きな花が咲くので、好まれて栽培されます。

蔓がのひるので、深鉢で栽培することが良く、地植えだと蔓が伸びてかなり殖え広がります。

日光が強すぎたり、夏の高温多湿には気を付けた方が良いかもしれません。

上のラショウモンカズラ(羅生門蔓)は2003年5月3日に花之江の郷で撮影したものです。


スポンサーリンク

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)の特徴と育て方

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ(羅生門蔓) 2006年5月22日 撮影 尚仁沢遊歩道


ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ(羅生門蔓) 2006年5月22日 撮影 尚仁沢遊歩道


         
和名 ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
学名 Meehania urticifolia
科名・属名 シソ科 ラショウモンカズラ属
分布 本州、四国、九州
花期 4~5月
特徴と育て方

山地のやや明るい林内に生える多年草。

花茎は直立し、高さ20~30cmになり、長毛がまばらにあり、花後、長い走出枝がのびます。

葉は対生し、長さ2~3cmの葉柄を持ち、心臓状卵円形で長さ2~5cm、鈍鋸歯があります。

花冠は紫色で長さ4~5cm、下唇の中央裂片は大きく、下方にそり返り、濃紫色の斑点があり、先端に開出する長毛がある。萼は筒状で15脈あり、開出毛が生えます。

名の由来は、太く長い花の形が羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に似ているためと言う。

花の姿を渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼の腕に見立ててこの名前があります。

ランナー蔓のような細い茎が地を這うように伸びて、きれいな花を咲かせるので、栽培品が山野草として出回ります。

日当たり~明るい日陰でよく育ち、鉢植えの他、露地植えでも栽培できます。

鉢植えには、赤玉土を主に、桐生砂、軽石、腐葉土を混ぜた用土に、元肥としてマグァンプK などの緩行性肥料を入れて、深鉢に植えます。

水は乾いたらたっぷりやり、あまり多湿にしないようにします。

私は随分前に地植えにしたところ、広い場所に殖え広がったことがあります。

間歩分けと挿し芽で殖やすことが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。



-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2017 AllRights Reserved.