山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

エゾボウフウ(蝦夷防風)とミヤマセンキュウ(深山川芎)の比較

更新日:

エゾボウフウ

エゾボウフウ(蝦夷防風)は、セリ科・エゾボウフウ属で、北海道と本州の中部地方以北の深山の木陰に生え、茎は高さ20~70cmで、根生葉や下部の葉は長柄がある多年草です。

ミヤマセンキュウ(深山川芎)は、セリ科・ミヤマセンキュウ属で、本州の中部地方以北の亜高山帯~高山帯の亜高山帯~高山帯の下部の林縁や草地に生える多年草で、属は違っていますがよく似た姿をしています。

 

エゾボウフウには、総苞片、小総苞片はないが、ミヤマセンキュウは小総苞片が長く数が多いのと、葉身は薄いことで、区別が出来そうです。

上のエゾボウフウ(蝦夷防風)は、2004年7月2日に霧が峰高原で撮影した花です。

スポンサーリンク

エゾボウフウ(蝦夷防風)の特徴

エゾボウフウ

エゾボウフウ(蝦夷防風) 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

エゾボウフウ

エゾボウフウ(蝦夷防風)葉 2004年7月2日 撮影 霧が峰高原

         
和名 エゾボウフウ(蝦夷防風)
学名 Aegopodium alpestre
科名・属名 セリ科 エゾボウフウ属
分布 北海道、本州(中部地方以北)。東北アジア
花期 6月~8月
特徴

深山の木陰に生え、茎は高さ20~70cmで、根生葉や下部の葉は長柄があり、葉身はほぼ三角形の2~3回3出羽状複葉。

茎頂や枝先に径4~7cmの複散形花序をつけ、白い小花を開きます。

総苞片、小総苞片はない。

ミヤマセンキュウ(深山川芎)の特徴

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎) 2004年8月7日 撮影 栂池自然園

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎) 2004年8月7日 撮影 栂池自然園

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎)葉 2004年8月7日 撮影 栂池自然園

         
和名 ミヤマセンキュウ(深山川芎)
別名 チョウカイゼリ
学名 Conioselinum filicinum
科名・属名 セリ科 ミヤマセンキュウ属
分布 本州(中部地方以北)。南千島
花期 8月~9月
特徴

高さ40~80cm。亜高山帯~高山帯の下部の林縁や草地に生える多年草。

葉身は薄く、ほぼ三角形、葉身は長さ14~25cmでさらに切れ込みます。茎葉は2~5個。

大花序の包は0~3個、小花序の花は10個ほど。小花序の苞は糸状で長い。萼歯はない。

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎)果実 2006年8月4日 撮影 月山

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎) 2003年8月23日 撮影 八方尾根(兎平)

ミヤマセンキュウ

ミヤマセンキュウ(深山川芎)葉 2003年8月23日 撮影 八方尾根(兎平)

-自然の中の花科名ーサ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.