山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーサ行

センリョウ(千両)の育て方

更新日:

センリョウ(千両)

センリョウ(千両)は、センリョウ科・センリョウ属で、中部地方以西から琉球半島、朝鮮半島南部、台湾、中国、インド、マレー半島に自生する常緑小低木で、正月の縁起物として人気の高い植物です。です。

冬に生け花などに使った実を播くと翌年には発芽します。私も種を播いたことがありますが、発芽率は良い方でした。

よく似ている、マンリョウ(万両)や、カラタチバナはサクラソウ科ですが、ヒトリシズカフタリシズカがセンリョウ科です。

 

上のセンリョウ(千両)は、2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影した花です。

スポンサーリンク

センリョウ(千両)の特徴と育て方

         
和名 センリョウ(千両)
学名 Sarcandra glabra, Chloranthus glaber
科名・属名 センリョウ科 センリョウ属
分布 中部地方以西から琉球半島、朝鮮半島南部、台湾、中国、インド、マレー半島
花期 夏 熟果期:冬
特徴と育て方

山林の樹林下に生え、また観賞用に栽植する常緑小低木。高さ50~80cmで群生します。

葉は革質でつやがあり長さ8~18cm。

花は夏。

核果は冬に赤色まれに黄色に熟します。

和名はヤブコウジ科の万両に対して千両の意。

花の少ない冬に、美しい果実をつけるセンリョウは、正月の縁起物として人気の高い植物です。

生け花に使った実を播いて発芽したものを育てたことがあります。

関東地方以西では庭植えでも栽培できます。樹高が80cmほどになりますが、地下茎から毎年新しい茎が出て株が広がるので、切り花で楽しむこともできます。

植え場所や、管理場所は、明るい日陰で強風が当たらないは所で、腐植質に富んだ、水はけがよいところが適しています。

植えつけからしばらくの間は、土が乾いたら水を与えますが、夏の高温期、冬に極端に乾燥させないことが、実つきが良くなります。

3年以上たった古い枝や細い枝には、花がつかない(実がつかない)ので、3月に地際から剪定します。

冬に熟した種を播けば翌年には発芽します。発芽率は良いのでお正月用の生け花の実を播くと良いと思います。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-自然の中の花科名ーサ行

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2019 All Rights Reserved.