山野草の育て方、植物図鑑、庭造り

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

庭木や盆栽の花木・実物の育て方

キミタチバナ(黄実橘)の育て方

更新日:

キミタチバナ

キミタチバナ(黄実橘)は、本州の関東地方南部以西の暖地、四国、九州、沖縄の山野の林下に生える、サクラソウ科 ヤブコウジ属の常緑小低木です。

暖地に生えるので、寒さには強くありませんが、関東地方の住宅地は、かなり低温になりますが常緑樹の下などでの庭植で育ちます。

あまり日の当たらない林床に生えるので、我が家は常緑樹の下などに植えているのが良いようです。

上のキミタチバナ(黄実橘)は、自宅で2005年11月12日に撮影した花です。

スポンサーリンク

キミタチバナ(黄実橘)の特徴と育て方

キミタチバナ

キミタチバナ(黄実橘) 2003年7月14日 撮影 栽培品

           
和名 キミタチバナ(黄実橘)
学名 Ardisia crispa f. xanthocarpa
科名・属名 サクラソウ科 ヤブコウジ属
分布 本州(関東地方南部以西の暖地)、四国、九州、沖縄、台湾、中国の暖帯~亜熱帯
花期 6~7月 熟果期:11~12月
特徴

山野の林下に生え、また観賞用に植栽される常緑小低木。高さ30cm位、分枝しない。

葉は光沢のある緑色で、無毛。長さ8~18cmの狭卵形~披針形で波状の鋸歯があり、互生だが茎の上部に2段ほど輪生状につきます。

常緑樹ではあるが、古い葉は落ちて、葉は茎の上部に数段だけあります。

花は夏、実の径6~7㎜で、秋に熟し翌春まで落ちない。

黄色の実のものをキミタチバナという。

育て方

暑さには弱いため、庭植、鉢植え共に朝日が当たるような明るい半日陰で管理し、根元を乾燥させないように、腐葉土などを敷いておきます。

鉢植えは硬質赤玉土、鹿沼土、腐葉土に軽石を入れて水はけよく植えます。

植える時期は10月~11月と2月下旬~3月に植え付けますが、その時根に触れないように、元肥としてマグァンプK などの緩行性肥料いれて植えます。植え替えは3年に1度、根を3分の1くらい整理して、新しい用土で植え変えます。

庭植は根鉢の2倍の深さと幅の植穴を掘り、腐葉土と軽石を混ぜ入れて根鉢のまわりに十分に水を入れて、棒などで用土を良くなじませます。

水やりは庭植はよほど乾かない限りは必要ありませんが、鉢植えは表面が乾いたらたっぷり水をやります。

あまり成長しないし、枝が出ることもないので剪定の必要はなく、手入れの要らない小低木です。

種を播けば殖えますが、我が家は零れ種で殖えているので、特別殖やしていません。

種を播くときは11月頃に熟した実を採取して良く洗って皮を取り除き、乾燥させないようにすぐに播きます。

キミタチバナ(黄実橘)まとめ

キミタチバナ

キミタチバナ(黄実橘) 2006年11月7日 撮影 栽培品

暖地に生えているので、北風が当たらないような日陰で栽培します。

殖やすには種を播きます。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-庭木や盆栽の花木・実物の育て方
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.