山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーラ行

ホソバノキソチドリ、コバノトンボソウ、キソチドリの比較

投稿日:2017年8月6日 更新日:

ホソバノキソチドリ

ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥)は、ラン科・ツレサギソウ属で、北海道、本州(北部、中部地方)、四国の亜高山帯の草地に生え、とても出会うことの多いツレサギソウ属の多年草で、側花弁の先は細長くならず、唇弁が細長く、細長い距が水平から下向きにつくのが特徴です。

コバノトンボソウ(小葉の蜻草)は、ホソバノキソチドリの変種でよく似ていますが、最下の葉が広線形であること、淡黄緑色の花を数個まばらにつけて、距が後方にはね上がるのが特徴です。

キソチドリ(木曽千鳥)もツレサギソウ属ですが、亜高山帯の針葉樹林内に生え、ホソバノキソチドリやコバノトンボソウが湿地帯に生えるのと異なっており、キソチドリの葉が細いものをホソバノキソチドリではないようです。

ツレサギソウの仲間にトンボソウがありますが、距が短いことで区別できます。

上のホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥)は、2004年7月18日に池の平湿原で撮影したものです。


スポンサーリンク


ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥)の特徴

ホソバノキソチドリ

ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥) 2006年8月4日 撮影 月山


ホソバノキソチドリ

ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥) 2003年7月18日 撮影 赤城山覚満淵


         
和名 ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥)
学名 Platanthera tipuloides
科名・属名 ラン科 ツレサギソウ属
分布 北海道、本州(北部、中部地方)、四国
花期 7~8月
特徴

亜高山帯の草地に生える多年草。

茎は高さ20~40cm。

葉は普通1個、長さ3~7cmの狭長楕円形。鱗片葉は2~3個。

穂状の花序に黄緑色の花を多数つける。萼弁は長さ約5㎜でずい柱を囲む。距は長さ1.2~1.8cm。

側花弁の先は細長くならず、唇弁が細長く、細長い距が水平から下向きにつきます。

ホソバノキソチドリ

ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥) 2003年7月18日 撮影 赤城山覚満淵


ホソバノキソチドリ

ホソバノキソチドリ(細葉の木曽千鳥)葉 2003年7月18日 撮影 赤城山覚満淵


コバノトンボソウ(小葉の蜻草)の特徴

コバノトンボソウ

コバノトンボソウ(小葉の蜻草) 2005年8月11日 撮影 尾瀬


コバノトンボソウ

コバノトンボソウ(小葉の蜻草)葉 2005年8月11日 撮影 尾瀬


コバノトンボソウ

コバノトンボソウ(小葉の蜻草) 2004年8月8日 撮影 栂池自然園


         
和名 コバノトンボソウ(小葉の蜻草)
学名 Platanthera tipuloides Lindl. var. nipponica, Platanthera nipponica
科名・属名 ラン科 ツレサギソウ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 6~8月
特徴

日当たりのよい湿地に生える多年草。

茎は高さ20~40㎝。

葉は2~3個で、最下の葉が特に大きい。最下の葉は広線形で長さ3~7㎝、幅3~10㎜、基部は茎を抱く。燐片葉は茎に密着目立たない。

穂状花序に一方にかたよって淡黄緑色の花を数個まばらにつけます。

距は長さ1.5~1.8㎝、後方にはね上がります。

キソチドリ(木曽千鳥)の特徴

キソチドリ

キソチドリ(木曽千鳥) 2007年7月21日 撮影 白駒池付近


         
和名 キソチドリ(木曽千鳥)
学名 Platanthera tipuloides Lindl. var. nipponica, Platanthera nipponica
科名・属名 ラン科 ツレサギソウ属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 7月~8月
特徴

亜高山帯の針葉樹林内に生える多年草。

茎は高さ15~30cmで稜線があります。

葉は茎の下部に1個つき、長さ3~6cmの楕円形。鱗片葉は2~3個。

茎の上部に淡黄緑色の小さな花を10個前後まばらな穂状につけます。

距は長さ6~10㎜で前方に湾曲します。

スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ーラ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.