山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーラ行

礼文島で出会った、サイハイラン(采配蘭)とスズムシソウ(鈴虫草)

投稿日:2017年8月5日 更新日:

サイハイラン

サイハイラン(采配蘭)は、ラン科・サイハイラン属で、山野の木陰に生える多年草です。花茎は高さ30~50㎝、10~20個の花を総状につけ、淡緑褐色で紅紫色を帯び、細長く垂れ下がる花は野生蘭とは思えない華やかさがあります。

スズムシソウ(鈴虫草)ラン科・クモキリソウ属で、北海道、本州、四国、九州、朝鮮の、山地の樹林下に生えるようですが、私は礼文島で初めて出会いました。

花の唇弁がスズムシの雄の羽に似ているということで名前が付いた花ですが、派手さはないものの野生の欄らしい気品のある花にとても惹かれました。

ラン科植物を育てるのはあまり得手でないことから、出会いがあった花だけを育てているので、一度も育てたことがありません。

上のサイハイラン(采配蘭)は、2006年7月4日に礼文島で撮影したものです。

スポンサーリンク

サイハイラン(采配蘭)の特徴

サイハイラン

サイハイラン(采配蘭) 2006年7月4日 撮影 礼文島

サイハイラン

サイハイラン(采配蘭) 2006年7月4日 撮影 礼文島

         
和名 サイハイラン(采配蘭)
学名 Cremastra appendiculata, Cremastra appendiculata var. variabilis
科名・属名 ラン科 サイハイラン属
分布 北海道、本州、四国、九州
花期 5~6月
特徴

山野の木陰に生える多年草。

偽球茎は卵形で、1~2個の葉を頂生します。

古い偽球形は横に並びます。

葉は長楕円形で長さ15~35㎝、先はとがります。

花茎は高さ30~50㎝、10~20個の花を総状につけます。

花は細長く、淡緑褐色で紅紫色を帯び、垂れ下がります。

和名は花序を采配に見立てました。

スズムシソウ(鈴虫草)の特徴

スズムシソウ

スズムシソウ(鈴虫草) 2006年7月4日 撮影 礼文島

         
和名 スズムシソウ(鈴虫草)
学名 Liparis makinoana
科名・属名 ラン科 クモキリソウ属
分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮
花期 4~6月
特徴

山地の樹林下に生えます。

セイタカスズムシソウとよく似ているが、2次脈が網状に浮くという点で区別が出来ます。

花茎は高さ10~20㎝で直立し、淡暗紫で径3㎝くらいの花を10個内外まばらにつけます。

苞は卵状3角形、鋭頭、長さ1~2㎜。萼片は広線形、鋭頭、長さ1~1.5㎝。側花弁は糸状で萼片と同長、下垂します。

唇弁は倒卵形、円頭で微凸端。蘂柱は長さ6㎜。

花粉塊は卵形、黄色。

和名は花の唇弁がスズムシの雄の羽に似ていることから。

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーラ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.