スポンサーリンク

自然の中の花科名ーラ行

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)の特徴

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草) 2021年7月10日撮影 林内

オオバノトンボソウ(大葉蜻蛉草)はラン科・ツレサギソウ属で、丘陵や浅い山のの林内に生える多年草です。

ホソバノキソチドリ、コバノトンボソウ、キソチドリなど、亜高山帯の草地に生えるツレサギソウ属の花は何度も目にしていたのですが、浅い山林に生えるオオバのトンボソウには初めて出会いました。

浅い野山で、ツレサギソウ属の花を見つけたときは驚きました。

林内に入ってみるとほとんど終わりに近い苗が飛び飛びに群生していました。

それまで良く行くところだったのですが、いつもは草が生茂っている場所なのですが、今年の春に草を刈ったために、見つけることができたようです。

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)の特徴

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草) 2021年7月10日撮影 林内

和名: オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)

別名: ノヤマノトンボソウ

学名: Platanthera minor

科名・属名: ラン科 ツレサギソウ属

分布: 本州、四国、九州

花期: 6~7月

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)の特徴

丘陵リンナイに林内に生える多年草。

根は方錐状に肥厚し、茎は高さ30~60㎝になり、翼状の稜があります。

葉は互生し、下方の2~3個は大きく、上のものほど小さくなります。

最下の葉は長さ7~12㎝、幅2.5~3.5㎝の長楕円形または狭長楕円形で基部は茎を抱き、裏面の主脈の下半分は翼状に張り出して茎の翼に続きます。

花は黄緑色で、背萼片と測花弁はかぶと状に重なります。

距は長さ1.2~1.5㎝で子房より長い。 

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草) 2021年7月10日撮影 林内

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーラ行
-