山野草の育て方、庭造り、野山で写した花の詳細について書いています

山野草を育てるNori&Wako


スポンサーリンク

自然の中の花科名ーナ行

イワツメクサ(岩爪草)とエゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)の特徴

投稿日:

イワツメクサ

イワツメクサ(岩爪草)と、エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)は自生地が異なることから判別しましたが、もし自生地が重なっていたら区別できないだろうと思うくらいよく似ていました。

エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)は草丈10cm前後イワツメクサ(岩爪草)は10~20㎝で、エゾイワツメクサの方が葉や花が一回り大きいということです。大きさは分かりませんが葉が堅そうだということは分かるような気がします。

植物学的に同定するのであれば、もっと細かいところまで詳細に写さなければならなかったと思うのは帰ってきてからのことで、同じ反省を何度したかわかりません。

上のイワツメクサ(岩爪草)は、2004年8月8日に乗鞍畳平で撮影した花です。


スポンサーリンク


イワツメクサ(岩爪草)の特徴と育て方

イワツメクサ

イワツメクサ(岩爪草) 2004年8月8日 撮影 乗鞍畳平


         
和名 イワツメクサ(岩爪草)
別名 オオバツメクサ
学名 Stellaria nipponica
科名・属名 ナデシコ科 ハコベ属
分布 本州(北・中央・南アルプス、御嶽山、八ガ岳、富士山、白山)。日本固有
花期 7~9月
特徴

高山帯の砂礫地に生える多年草。

高さ10~20cm。よく分枝して株立ちになります。

葉は数対、基部付近にわずかに緑毛がある。茎の上部の葉で長さ2~4cm。三角状線形で幅1~2㎜、水平に開出します。

花は直径約1.5cm、1~7個がまばらな集散状につきます。

花柄は長さ2~8cm、無毛。花弁は萼弁の長さの1.5~2倍。花柱は長さ2~3㎜で外側に曲がります。

エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)の特徴

エゾイワツメクサ

エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草) 2005年7月14日 撮影 大雪山系黒岳


         
和名 エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)
学名 Stellaria pterosperma
科名・属名 ナデシコ科 ハコベ属
分布 北海道(大雪山系)。日本固有
花期 7~8月
特徴

高山帯の砂礫地に生える多年草。

高さ10cm内外。

全体の形や大きさはオオイワツメクサと同じで、オオイワツメクサはイワツメクサに比べて葉や花が一回り大きいということです。

葉は少し厚くてかたく、基部から中部まで縁毛があります。

種子のふちに狭い翼があります。

イワツメクサ(岩爪草)とエゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)まとめ

イワツメクサ(岩爪草)とエゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草)の違いを比べて見たかったのですが、葉がぼけていますし、少し違うかなと思うくらいで違いは自生地で区別するよりほかありませんでした。



スポンサーリンク

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。


-自然の中の花科名ーナ行
-

Copyright© 山野草を育てるNori&Wako , 2018 All Rights Reserved.