スポンサーリンク

自然の中の花科名ーナ行

ハンカチノキ(Davidia involucrata)の特徴

ハンカチノキ

ハンカチノキ(Davidia involucrata)はヌマミズキ科・ダビディア属の植物で、落葉高木で高さ20mにもなり、ヨーロッパでは植物園や公園でよく利用されているようです。

5~6月ごろに白い大きな苞のついた花をつけ、これが純白のハンカチを2枚つるしたように見えるので、「ハンカチノキ」とか「ハトノキ」と言われていて、以前はハンカチノキ科としていて1科1属1種でしたが、新しいAPG植物分類体系ではヌマミズキ科に入っています。

上のハンカチノキ(Davidia involucrata)は、2005年5月31日に日光植物園で撮影したものです。

スポンサーリンク

ハンカチノキ(Davidia involucrata)の特徴

ハンカチノキ

ハンカチノキ(Davidia involucrata) 2005年5月31日 撮影 日光植物園

ハンカチノキ

ハンカチノキ(Davidia involucrata) 2004年5月29日 撮影 日光植物園

         
和名ハンカチノキ(Davidia involucrata)
別名ハトノキ
学名Davidia involucrata
科名・属名ヌマミズキ科 ダビディア属
分布中国四川省など
花期4月下旬~5月
特徴

珍しい植物で公園樹や庭木として人気の高い木です。

落葉高木で高さ20mにもなり、ヨーロッパでは植物園や公園でよく利用されます。

5~6月ごろに白い大きな苞のついた花をつけ、これが純白のハンカチを2枚つるしたように見えるので、「ハンカチノキ」とか「ハトノキ」と言われています。

肥沃で日当たりのよい場所を好み、暑さ寒さにも強く、生育旺盛ですが剪定はあまりしないほうが花つきがよいようです。

以前はハンカチノキ科としていて1科1属1種でしたが、新しいAPG植物分類体系ではヌマミズキ科に入れています。

関連記事(一部広告を含む)

山野草栽培の基本と注意点

上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。

高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。

猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。

鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。

鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。

病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。

私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。

スポンサーリンク

-自然の中の花科名ーナ行